私、胸はDカップあるし、スタイルだってそんなに悪くない。
スキンケアとかはそこまでこだわってないけれど、あんまり日に当たらないから日焼けもしていないし、面倒くさいからと2日に一度のシャンプーのおかげで髪はつやつや。
見た目は、目元が夏帆に似てるって言われることがある。

どうにかこうにか大学を卒業したものの、持ち前の引きこもりスキルが発動しちゃって就職できず、インターネットを使って稼ぐ日々。
そんな生活をしてたら、ほぼ部屋にこもりっぱなしなわけ。
日用品も何もかも通販でポチッとしたら翌日には届く時代だしね。
便利って素敵。
人に会うこともそんなにないから、おしゃれ着なんていう特に役に立たないものはクローゼットの奥に行っちゃって、最近はもっぱらジャージ。
ムダ毛の処理とか、最後にした日も思い出せない。
そんな私が最近あった災難話をひとつ。

夜に動画サイトで、とある人の動画を見ていた。
まぁお料理動画なんだけど、その人の動画を見るのが最近の日課になっていた。
その日はパスタを数種類作るっていう動画を見ていて、猛烈にパスタを食べたくなったんだけど、パスタはあるけどソースはない。
仕方なく、近くのコンビニへ行くことにした。
どうせ夜中だからそんなに人もいないだろうと思って、ノーブラで部屋着にサンダルで。

いざ到着したら、コンビニの外のゴミ箱の前に、ヤンキーと言うほど酷くもないけど、普通よりは悪そうな人たちが集まって座ってしゃべっていた。
関わらないようにって、そっと横を通って、なんとか目的のパスタをゲット。
温めてもらって帰ったらすぐに食べられるようにして、ほっこり気分でコンビニを出たところで、ヤンキーの1人に声をかけられた。

「女の子1人でこんな時間に、危ないんじゃない?」

「そうそう。俺らみたいなヤツに絡まれたらどうすんのー?」

「って、すでに絡んでるけど」

面白くもない冗談を言って笑ってる可哀想な人たち。
そう思って無視して歩き出したんだけど、ヤンキーたちがついて来た。
家の場所を知られるのが怖かったから色々と回り道したんだけど、それでもやっぱりついて来る。

(いい加減に巻かなきゃ!)

って思って走り出したんだけど、すぐに捕まっちゃって、ずるずると物陰に連れ込まれてしまった。

「キャー」とかいう柄でもないけど、それでもやっぱり怖いものは怖い。
ガタガタと震えていたら、私が持ってたコンビニ袋を開けて中身を見て・・・。

「大丈夫だよ、大人しく言うことを聞いてくれたら、これが冷めるまでに帰してあげるから。さすがにこんなところで最後までしないし。警察とか怖いし」

「夜中にパスタなんか食べたら太るでしょ。あ、その見た目だし、別に彼氏とかいないよね?だから太ってもいいのかな?」

「おいおい、可哀想なこと言うなよ~」

下品に笑いながら1人が私の胸を服の上から揉んできた。
もう1人は、「じゃあ俺のは手でしてよ~」って汚いあそこを握らせてきた。
ゲームとか漫画とか同人誌で、やり方はちゃんと知っていたから、どうにかこうにかやってみたものの、初めてだから力加減がわからない。

「ちょ、痛いから。もうちょい優しくしてよー」

「そんなこと言われても・・・」

困り果てて、どうしたものかと悩んでいたら・・・。

「パスタ食べる前で悪いけどさ、手じゃイケないから口で頼むわ」

って、私を地べたに座らせて、ほっぺをアソコでぺちぺちと叩いてきた。

(あ、このシチュエーションなんかで読んだことあるな・・・)

ってぼんやり思ってたら、焦れたのか、アソコを無理やり口に突っ込まれた。

「うぉ・・・やっぱ口はいいよなぁ・・・あー、気持ちいい。ねえ、舌、動かしてみて」

「んん、むぅ・・・?」

(これでいい?)と上目遣いに見上げてみても、辺りが暗くて相手の表情とかあまりわからない。
そしたら1人がスマホでライトを点けて、急に明るくなった。

「なんだよ、結構可愛いじゃん。あぁー、顔が見えたら興奮してきた・・・おぉ、イクイクっ」

まだ「いいよ」って言ってないのに、口の中にたっぷり出されてしまった。
びっくりして必死で吐き出してたら・・・。

「ほらほら、早くしないとパスタが冷めるよ」

って、もう1人のも咥えさせられた。
もちろんその間も、ずっと胸やらお尻やら、股やら太ももやら・・・好き勝手に触ってくる。
気持ち悪くてぞわぞわする。
ようやく最後の1人を口でしていたら、「俺、視覚的に興奮しないとイケないから」って言い出して、私の服をガバッて捲った。
そしたらノーブラの胸が丸見えになって、興奮したのか、すぐに射精した。
やっと終わったと思ったら違った。

「やっぱフェラだけじゃあ、なぁ?」

なんて1人が言い出して、「約束と違う!」って暴れたんだけど、服を全部剥ぎ取られて、足を開かさられて、1人がスマホで照らした。

「うわ、なんだこいつ、毛深すぎだろ」

私の手足とか腋とか股を見た1人がどん引きしてるのがわかった。
隙を突いて逃げようとしたら、また捕まえられて、別の1人に覆いかぶさられた。

「逃がさないって。・・・って、なんでこんなにベタベタするんだよ?!」

「あ・・・そういえば今週まだお風呂に入ってない」

「嘘だろ?信じられねー!汚ねえ!!」

そう言い捨てて男たちは逃げてった。

(全裸にまで剥かれたのに最後までされなかったとか、女としてどうなの?)

残ったのは、あらゆる意味で傷ついた私と、とっくに冷めきったパスタだけだった。