私は30歳のバツイチです。
隣に40代の夫婦が引っ越してきました。
とても気品のある奥さんで、旦那は引っ越してすぐに単身赴任で大阪に行くことになりました。
奥さんは普段着もスカートを穿いており、ヒラヒラのスカートが好きなようです。

お隣が引っ越してきて年が過ぎたある日、家の前で私が車の掃除をしていると、奥さんが出てきて家の前をほうきで掃除をはじめました。
私は軽く会釈をしました。
その日の奥さんは、花柄模様のフレアスカートの薄いワンピースで、風でスカートの裾がひらめいていました。
私はしゃがんでタイヤの掃除をしていると、ちょうど斜め横に奥さんが見えました。
お尻をこちらに向けてややしゃがんだ格好でいるときでした。
風の影響でスカートが捲り上がり、白いレースの付いたスリップが丸見えになりました。
その後も何回か風でスカートが捲れ、レースのスリップがチラチラ見えて、私は興奮を抑えられなくなってきました。

私は女性のスリップに妙な色気を感じるタイプで、前妻もよく着てくれました。
その日は間近で奥さんのスリップが目撃できて、最高の幸せでした。

すると奥さんが突然私のところに来て言いました。

「私、以前は同じ車に乗っていたの。車の中を見せてもらってもいい?」

ドアを開け、中腰で中を覗いていました。
その時、また風でスカートが捲れ、先ほどよりも至近距離で奥さんのスリップが目に飛び込んできました。
白い花柄模様のレースでした。
奥さんはさりげなく手でスカートを押さえていましたが、その後も何回かスリップを覗き見ることができました。
私の視線を感じたのか、話題が変わりました。
しかし風のイタズラは続き、その後何回もスカートがひるがえり、スリチラになっていました。

奥さんは家に戻り、その数分後、再び外に出てきて今度は窓の掃除をはじめました。
相変わらずスカートは風でヒラヒラしており、私はもう車の掃除どころではありませんでした。
ちょうど膝くらいまでの丈のワンピースが奥さんの魅力を引き出しています。
庭越しに奥さんが窓を拭いているのが見え、高いところを拭くため手を伸ばすとワンピースの裾が上がり、先ほど見えたスリップが覗いていました。

露骨に見つめているとまた奥さんは私の視線を感じたようで、「今、見たでしょ?」と言ってきました。

「スリップのレースが見えて、思わず興奮してしまいました」

私は正直に言いました。

「うちの旦那と同じね。男って意外にスリップが好きなのね」

そう笑顔で言って部屋に入っていきました。

私も部屋に戻り、先ほどの奥さんのスリチラが忘れられずにいると、ベランダの方からスリッパの音がして、窓から見ると奥さんが洗濯物を干していました。
ちょうど私の場所からは奥さんの腰から下しか見えず、視線が合うことはありません。
ここぞとばかりに窓を少し開けて覗いていると、ベランダは庭よりも風が強いようで、スカートの裾はかなり乱れており、その都度スリップがチラチラしました。
とうとう私は我慢できなくなり、奥さんを覗きながら一物を触りはじめました。
洗濯物を干すために奥さんが屈んだとき、スカートの奥がかなり見えました。
スリップどころか、真っ白なパンティまで見えました。
奥さんが上に手を伸ばすたびにスカートの裾からスリップが5センチほど覗いて、我慢の限界に達した私は夢中でしごいて発射しました。

その後は、時々挨拶をする程度で数ヶ月が経ちました。
旦那さんが大阪から帰ってくる気配はなく、奥さんは毎日1人でいるようです。

そんなある日、町内会の回覧板を夜の7時頃に奥さんが私の家に持ってきました。
玄関に通すと、奥さんは白の薄いフレアスカートで、裏地が透けていました。

「もうお食事はお済みですか?もしよろしければご一緒にどうですか?」

奥さんにそう言われて、思わず「はい」と返事をしました。

初めてお隣の家に入りました。
奥さんが食事の用意をしてくれている間、私はソファーでビールをいただきながら待っていました。
ときどき奥さんがビールを注いでくれるのですが、前屈みになると薄手のスカートにスリップが透けていました。
私は思わず生唾を飲んで見入ってしまいました。
奥さんが私に視線に気づいたようです。

「この間もそうだったけど、本当にうちの旦那と同じね」

そう言って奥さんは私の前のソファーに座りました。
見るとスカートにはサイドスリットがあり、そこからスリップのレースが見えていました。
色は薄いベージュでした。
その瞬間、私は弾けるように勃起しました。
思わず前を隠すと・・・。

「そんなにスリップに興味があるの。こんなおばさんのスリップが見たいの?」

「スリップには清楚感があって、美しい女性を一段と魅力的にする下着だと思います」

そう答えると、「やっぱり旦那と同じだわ」と言って私の隣に座ってきました。
スカートにはっきりとスリップのレースが透けて見えました。
花柄のレースが15センチくらい付いていました。
私は我慢できず、スカートの上からスリップのレースを触ってしまいました。
すると奥さんは、「いいのよ」と言ってスカートを捲り、直接スリップのレースに私の手を導きました。
その感触が何とも言えず、気がつくと私はレースの上のツルツルした部分まで触っていました。

限界でした。
私は奥さんに抱きつき、勃起した一物を奥さんの股に擦りつけました。
すると奥さんの手が私の一物に優しく添えられ、上下に動きはじめました。
すでに私は爆発寸前でした。
ソファーに奥さんを押し倒してスカートを捲ると真っ白なスリップが見えました。
スリップを触りながら奥さんのアソコに手を持っていくと、そこはもうビショビショになっていました。

ファスナーを下ろして反り返った一物を出すと、カリの部分を優しく撫でた後、奥さんの口が近づき、舌で舐めはじめました。
スカートは乱れ、スリップのレースが露出しました。

「もう出そうです」

奥さんに告げると、口いっぱいに私の一物を含んで、ゆっくりと上下運動をはじめました。
その見事なフェラテクに、私はすぐに果ててしまいました。
しかし、なんと奥さんは私が発射した後も止めることなくカリを優しく舐め回してくれて、すぐに回復しました。

奥さんのスカートを脱がすと純白のスリップが現れました。
パンストを下げて奥さんのアソコを触りました。

「あっ、いい。早く入れて」

奥さんがやさしい声で求めてきました。
もうアソコはヌルヌルで、スリップに愛液が滴り落ちていました。
スリップを捲り、正常位でゆっくり挿入しました。
暖かな感触が何とも言えず、私は最高の幸せを感じました。
奥さんは私の背中に手を回して自ら腰を動かし、魅力的な声で感じています。
あまりの気持ちよさに、またすぐに込み上げてきました。

「奥さん、イキそう」

「私も、一緒にイこう」

奥さんと同時にフィニッシュを迎えました。
最高に幸せな1日になりました。