うちの両親は飲み屋をやっていて、夜は7つ年上のお姉ちゃんと2人だけ。
小さい頃からお姉ちゃんが僕の面倒を見てくれていて、お姉ちゃんが僕の母親代わりでした。

中1の頃、性に目覚めて女の身体に興味を持ちはじめると、お姉ちゃんが色々教えてくれました。
オナニーもお姉ちゃんに教えてもらって、お姉ちゃんの前でしているうちに、いつしか手や口でしてくれるようになりました。
お姉ちゃんに抜いてもらうのが日課になり、ベッドやリビング、たまに一緒にお風呂に入ってお姉ちゃんの裸を見ながら抜いてもらうこともありました。
身体を洗ってもらいながらお姉ちゃんの裸を見て勃起してくると、口で抜いてくれました。

この秋、修学旅行から帰ってきた時のこと。
2泊3日の旅行でオナニーもできなくて、毎日数回は出していた僕は我慢の限界でした。
7時過ぎに家に帰って、料理を作って待っていたお姉ちゃんを見た途端、ギンギンに勃起してしまいました。

「浩ちゃん、お帰り」

「お姉ちゃん・・・僕・・・」

キッチンに立っていたお姉ちゃんに近付くと・・・。

「分かってる・・・我慢してたんだよね?大丈夫?」

僕を抱き締めて胸に顔を埋めさせるお姉ちゃん。

「大丈夫・・・じゃない・・・」

「よく我慢したね。お姉ちゃんがしてあげるから」

その場でズボンとパンツを脱がされてお姉ちゃんの手に握られると、ガマン汁が溢れ出してきて、優しく数回擦られただけで・・・。

「あぁっ・・・お姉ちゃん・・・出るっ・・・」

わずか10秒ほどで立ったまま腰を突き出して、僕はキッチンの床に勢いよく射精してしまいました。

「いっぱい我慢してたからいっぱい出たね?」

それでも僕のオチンチンはお姉ちゃんの手の中でギンギンに勃起したままでした。

「お姉ちゃん・・・ハァハァ・・・」

「まだ足りないよね?じゃあ向こうでゆっくりしてあげる」

リビングに移動してソファーに座らされて、脚の間にしゃがんだお姉ちゃんが口に咥えていっぱい舐めてくれました。
僕はどんどん興奮してきました。

「お姉ちゃんの裸・・・見たい・・・」

「いいよ・・・」

僕の目の前で裸になったお姉ちゃんは、僕の手を取ってオッパイを触らせながら舐めてくれました。

「お姉ちゃん・・・ハァハァ・・・気持ちいい・・・」

「今日の浩ちゃんのオチンチン、すごいおっきいね・・・」

「ずっと我慢してたから」

「いつもよりずっと逞しいよ?」

柔らかい唇と舌で舐められて、すぐに我慢の限界が来ました。

「お姉ちゃん・・・もう・・・」

「うん・・・出していいよ」

唇と舌で激しく擦られて、お姉ちゃんの口の中に思い切り・・・。

「あぁっ・・・イクッ・・・」

お姉ちゃんの唇に包まれたまま射精すると、僕の精液を全部飲んでくれました。

「まだカチカチだね・・・」

2回射精してなお硬く勃起したままのオチンチンをゆっくり擦りながら見つめているお姉ちゃん。

「浩ちゃん・・・エッチ・・・してみたい?」

「えっ?・・・それは・・・してみたいけど・・・」

「お姉ちゃんとしよっか?」

「お姉ちゃんと?・・・そんな・・・姉弟で・・・」

「お姉ちゃんとするの、イヤ?」

「そんな・・・イヤじゃないよ・・・でも・・・」

「じゃあ・・・しよ?」

僕が焦ってオロオロしていると、お姉ちゃんは僕の上に跨がってきてオチンチンの先をおまんこに擦りつけました。

「お姉ちゃんが入れてあげる」

「でも・・・お姉ちゃん・・・ゴム・・・とか・・・」

「外に出せばいいから・・・イキそうになったら教えてね」

お姉ちゃんがゆっくり腰を沈めて中に入れると、身体を上下に揺すっておまんこで擦りはじめました。

「お姉ちゃん・・・すごい・・・気持ちいいよ・・・」

「浩ちゃんのオチンチンも気持ちいいよ」

初めて聞くお姉ちゃんの可愛い声に興奮して、僕も下から突き上げました。

「アッ・・・アッ・・・浩ちゃん・・・すごい」

「お姉ちゃん・・・ダメ・・・出る」

お姉ちゃんが抜いて、オチンチンの先を舐めながら手で擦ると、お姉ちゃんの口や顔に僕の精液が飛び散りました。
お姉ちゃんはオチンチンを舐めてキレイにしてくれて、自分に飛び散った精液を拭き取ってくれました。

「浩ちゃん、少しは落ち着いた?」

「うん。お姉ちゃん・・・すごく気持ち良かった」

「そう。じゃあまた今度ね」

その日は食事の後、お姉ちゃんがお風呂に入っているところに入っていって、もう1回エッチをしました。
お姉ちゃんとのエッチが気持ち良くてたまりません。