私は33歳、妻は30歳で、現在妊娠9ヶ月目です。
結婚して2回目の妊娠で、3年前の1回目の妊娠は流産をしてしまいました。
だからというわけではないのですが、今回の妊娠には妻も自分も気を遣い、妊娠がわかってからは合体するセックスは控えました。

しかし、悪阻が激しく、身体もきつくなってしまった妻は実家からの誘いや私の母の勧めもあり、今回は用心のために休職をして早々に実家へ帰り、そのまま出産を迎えることにしました。
妻の実家は車で3時間以上はかかる距離なので、仕方ないですが、私は単身赴任のような生活を送ることになってしまいました。
それからは月に1度くらい、週末休みを利用して妻の実家へ行く生活を続けてましたが、実家でしたから、私も妻へフェラや手コキの要求もせずに我慢していました。

妊娠7ヶ月目に入った頃でした。
妻の母親が、高校時代の同窓生と2泊3日の旅行で、私たち夫婦の家がある都市に出てくるというのです。
妻からも連絡がありましたが、掃除などの家事ついでに同窓生の皆さんとは一緒に帰らず、一人暮らし状態の我が家に2泊するというのです。
その頃は掃除もいい加減な感じになっていたため、これ幸いと思っていました。

義母が訪ねてきた1日目の出来事です。
私が仕事を終え帰宅すると、妻から鍵を預かってきていた義母が掃除や片付け、食事の準備をして待っていてくれました。
義母は今年、確か55歳のはずです。

義母と夕食を済ませ、義母が片付けをしている間に風呂を済ませてあがると、義母がお酒を準備してくれていて、「私もお風呂をいただくので、その間、飲んでいて」と言い残してお風呂に向かいました。
ビールを飲みながらいつものようなテレビを見ていたのですが、今でもママさんバレーチームで活躍をしている義母は、トレーナーにジャージパンツという格好でお風呂からあがってきました。
妻より身長のある元高校バレー選手の義母は、『熟した女性』の言葉通りの体型で、妻より大きな胸と妻にはない魅力を感じ取れる姿でした。

そんな義母にビールを勧めると快く受け入れ、リビングのソファーの隣に腰かけ、「2人でゆっくり話をするのも初めてね」なんて話をしました。
お風呂上がりのいい香りがして、年を感じさせない義母がそばでビールを飲んでいます。
ビールを2人で飲みながら雑談をしているうちに少々アルコールが回ってきたのか、義母の首筋周りが薄っすらとピンクがかってきていました。
そんな時です。

「早い時期から娘を実家に戻らせてしまって、距離があるのにときどき来てくれてありがとうね。長いこと我慢していることがあるでしょう」

そんな話を義母がしてきました。
私も少々酔っていた勢いもあり、前回の流産のこともあり、妊娠を知ってからはセックスはせずに初期の頃はフェラと手コキだけで我慢し、実家に帰ってからは全くなしで、少々滅入っていることを義母に話をしました。

そんな話を聞いた義母は私に、「そうよね!まだまだ若いものね。浮気をしている様子も全くないし、娘は幸せ者よ!私も感謝しているのよ」と笑顔で答えながら、私の右膝の上に手を置いてきました。
びくっとした私の反応に義母は、「あらっ、ごめんなさい!そんなつもりじゃないのよ」と笑っています。
しかし私は理性が揺らぎ、義母のその手を握り返してしまいました。

しばしの沈黙が2人を包んだ後です。

「娘や主人、貴方のお母様には絶対に内緒よ!近くに住んでいるのならいざ知らず、遠距離でもあるし、娘がこうなって貴方に迷惑をかけていることは私も悪いって思っていますから」

義母はそう言うと、私が握り締めている左手とは逆の手で私の股間を触ってくれました。
愚息は正直な反応を示し、すぐにいきり立ちました。
その愚息を義母は優しくマッサージしてくれます。
私は我慢しきれずに義母を抱き締めましたが・・・。

「それはダメです!娘にも悪いですから。私がしてあげるだけで我慢してくださいね」

私は「すみません」と詫び、抱き締めた義母を離しました。
すると義母はソファーの前で床に跪き、私のトレパンとトランクスを下げ、愚息を両手で握り締めると、亀頭に口を近づけて舌で舐め始めてくれました。
妻よりも上手で濃厚なフェラでした。
男のツボと加減を心得たフェラで、イキそうになる手間で少しやめては私を見上げ、言葉を交わし、そしてまた、時には深く、そして浅く、我慢汁を舌で舐めてくれたかと思うと、またバキュームを・・・。
イクまでにそんなに時間はかからなかったと思います。

「うぅぅ」

そんな私の呻き声に合わせるように義母は愚息を口に咥えたまま、手で勢いよくピストン運動をし、私の射精を口で受け止めてくれました。
私から離れて洗面台から戻ってきた義母は・・・。

「相当我慢していたのね。量と濃さにびっくり!主人が20代だった頃を思い出したわ!」

ソファーに腰かけると、残っていたビールを飲みながら笑顔で話を続けてくれました。
その義母の様子に私は救われ、いつもの義母との関係にすんなり戻れました。

その夜は別々の部屋で休んだのですが・・・。
言葉汚く言えば、義母にフェラで性欲を処理してもらったわけですが、その夜は久しぶりに熟睡できました。

2日目の夜、2人は超えてはいけない一線を越えてしまうことになりました。

翌朝、なんとなく気まずい感じを覚えつつ、いつもの時間に起きてリビングへ行った私でしたが、すでに朝食の準備を済ませ、「おはよう!」と笑顔で話しかけてきた義母がいました。
昨晩同様、その笑顔といつもとなんら変わりない義母の態度に救われた私は、美味しい朝食を食べ、出勤の時間を迎えることができました。
出勤間際に義母が、「今晩は何が食べたいですか?」と問いかけてきたので、私は思い切って、「夕べのお礼もしたいので、よかったら外食をしませんか?」と誘ってみました。
すると義母から、「そうね、2人で外食は経験ないわね。いつも家族一緒ですから、たまにはいいわね!」との返事。
時間と場所を決めて出勤しました。

夕方、約束の時間と場所・・・義母が先に着いていました。
身長の高い義母はその容姿によく似合うワンピースにジャケットを羽織り、すらっとした足にもよくマッチしたパンプスでした。
褒めすぎかもしれませんが、ファッション雑誌のミセスモデルのようでした。
年が20歳以上も離れた義母なのに、魅力的な異性として強く意識してしまいました。

帰りのタクシーの中で、少しお酒に酔った義母が気持ち良さそうにうたた寝をして私の肩に身を寄りかけてきましたが、私はそのまま起こすことはせずに、自宅までの短い時間を義母の好い香りの香水に包まれ心地いい気持ちでいました。
玄関で、義母がパンプスを脱ぐ仕草、後ろから見る義母の姿、そしてその美脚、私は義母の仕草や容姿から目が離せなくなっていました。

家に上がり、2人でリビングのソファーに腰かけて話をしていると、「そろそろお風呂にしますか?」と義母が聞いてきました。
私は、「明日は仕事も休みだし、義母さんも明日は帰りますから、2人で飲み直しませんか?」と言ってみました。
すると義母も、「そうね。こんな機会は滅多にないから少し飲みましょうか」と言い、キッチンに行き冷蔵庫を開けてお摘みの準備をはじめました。
なんだか私は独身時代に妻が部屋に遊びに来ているような感覚になっていました。

お摘みの準備とお酒の準備ができて、義母がソファーに腰かけようとした時に事件は起きました。
ワンピースの裾がソファーの端に引っかかる形になり、捲れたのです。
私の目に、薄ベージュ色でレース模様の入ったスリップに纏われた義母の悩ましい姿と、ストッキングに包まれた義母のすらっとした足が飛び込んできました。
義母は、「きゃっ!」と声を発し、裾をもどして、「見えた?」と恥ずかしそうに聞いてきました。

「義母さん、綺麗な足ですね。とても倫子の母親だなんて思えません」

私がまじめに答えると義母は、「お世辞を言ってもダメですよ!」と笑いながらソファーに腰かけ、ビールを注いでくれました。
私は心の奥底にある動揺を抑えるのに必死でした。
しかし抑えるにも限度がありました。
1本目のビールが空き、義母が2本目のビールを取りに立ち上がろうとした時です。
私はとっさに義母の左手を掴み、ソファーに座らせ、座ったと同時に義母を強く抱き締めました。

「ダメですよ。夕べも言ったでしょう」

義母は物静かに私を宥めるように言いました。
義母のいい香りに包まれて理性など飛んでしまっていた私は、「じゃあなぜ義母さんは夕べ、あそこまで僕にしてくれたんですか?」と、抱き締めたまま義母に聞きました。

「娘がこうなってしまって悪いと思って。それに浮気一つしないで娘を愛して、家を守っている◯◯さんが不憫に思えて仕方なかったから・・・」

言葉に詰まりながら義母は優しく返答してくれましたが、私は構わず義母の名前を口にしながらソファーに押し倒し、覆いかぶさりました。
そして義母の唇を奪いました。
義母は顔を必死に左右に振って「ダメよ・・・」と抵抗していたのですが、諦めたのか、「わかりましたから、昨日のようにしてあげますから」と必死な口調で言ってきました。
それを聞いた私は、ふと我に返りつつも、「昨日のように手や口だけでですか?」と上半身を起こし、義母を見つめて義母の唇に自分の唇を重ねました。
義母はもう抵抗しませんでした。
そのままキスを続け、義母の口に割って入れようとすると義母も少し口を開き気味にして、舌が触れ合う程度に出してきました。

重ねられた唇と唇の狭間で2人の舌が触れ合います。
私は義母の顔を押さえていた両手を離し、キスをしたまま右手を義母の胸に沿わせ、ワンピースの上からその柔らかな胸を撫で、少し力を入れて揉みました。
義母は何も言わずにキスと胸を許してくれました。
私がキスをやめて身を起こした時です。

「わかったわ、今晩だけ・・・洋服が皺になるから少し待って。それに、ここではなくて部屋に行きましょう」

私はすぐに義母に寝室に連れて行きました。
9ヶ月前まで何回となく妻と愛の営みをしていたダブルベッドがあります。
義母は、「ここはダメよ、娘の」と口を開きかけましたが、私はその口をキスで塞ぎ、ベッド脇で抱擁しながらワンピースの背中のチャックを下ろすと、ワンピースはその場に落ち、綺麗なスリップ姿が露わになりました。
立ったまま義母に愛撫をしながら、優しく衣類を剥ぎ取っていきました。
ブラの上から乳房に顔を押し付け、義母の前に跪きながらスリップを下へ剥ぎ、アンダーバスト、腹部へと愛撫し、スリップを一気に剥ぎました。
ショーツの上から義母の少し盛り上がっている秘部に唇を当て、頬ずりをし、両手を腰に回してストッキングを下ろして太股を愛撫しながら、ショーツ越しに秘部に顔を埋めました。
義母は何も言わず、私の頭に手を置いていました。

ベッドに2人して倒れ込みました。
義母に覆いかぶさってキスをし、その唇を首から胸へ。
ブラを取り、熟した色の乳首へ舌を這わせ、舐め、吸い、少し噛み・・・両手で乳房を揉みながら腹部から秘部へ・・・。
ショーツに包まれた義母の秘部に顔を埋め、上下左右に顔を動かしました。
義母のなんとも言えない、妻よりも匂いの少ない愛液の香りに包まれながら、私はショーツをゆっくりと脱がせました。

義母が両手で秘部を隠しました。
その両手を左右に広げ、閉じていた股に顔を入れて広げさせると、妻よりも少し茂っている花園がありました。
そこはすでに潤いで満ちていました。

「んっ・・・」

そこに口を付けると、義母は呻きを発しながら仰け反りました。
しばらく私は、義母と両手を握り合いってクンニを続けました。
義母が達するのに時間はあまりかかりませんでした。

「あぁぁ・・・」

悲鳴にも近い言葉と、「ダメッ!」という言葉とともに、義母は一瞬仰け反ったかと思うとベッドに身を沈めました。
息を荒くしている義母の花園に、カチカチになったペニスを当てて少し力を加えると、難なく義母の中に吸い込まれていきました。

「あぁぁ・・・」

少し悲しげな声は、すぐに喘ぎ声に変わりました。
正常位で義母の花園の奥深くを蹂躙していくと、絡みつくような感覚にすぐに出そうになってしまいます。
なんとか我慢して義母の中に出し入れしているうちに義母の声のトーンが高くなり、足を絡ませて奥深くへの挿入を促してくるようになりました。
義母が求めているという事実に私の興奮も頂点に達しました。

「お義母さん、イキますよ」

声をかけると義母は小さく頷き、腕を背中に回してきました。
私もラストスパートをかけて義母の花園をペニスで味わい、精子をたっぷり中に出しました。

ついに私は思いを遂げたのでした。
次の日が休みだったこともあり、その晩は義母の中に何回出したのか分からないくらいでした。
最後の方は義母もすごい乱れようで、私の名前を呼びながら大きな声で「イクイク」と何度も達し、そのたびに私も義母の中に子種を撒き散らしました。