訪問看護の仕事を始めて3年になります。
私は32歳の女性ですが、毎日色々なお年寄りのリハビリを家庭に出向いてやっています。
基本的に看護師なんですが、病院勤務から介護の部門に配置転換され、最初は嫌だったけど、今はやり甲斐を感じています。

ある日、いつもの家庭に行くと、おばあちゃんは寝ており、起こすのも気の毒だったので寝かせていると、2階からお孫さん(大学生で名前は直樹君)が下りてきました。
初めて見ましたが私のタイプで、プロ野球選手の日本ハムのダルビッシュに似てるスラッとした青年でした。
私は年齢差も忘れて、お茶をいただきながら会話が盛り上がりました。
その時、彼の短パンからおちんちんがちらちら見えているではありませんか。
私はドキッとして、見ないようにしていたのですがどうしても目が行きます。
教えてあげることもできず、ただ見ていたのですが、するとんだんだんと男女の話になり、彼はエッチな話をはじめました。
というより、私にエッチなことを聞いてくるのです。

「やっぱり女性は普段でも濡れてきたりするんですかね?」

「えっ、いや、あの・・・すると思いますよ」

「どういう時に濡れるんですか?」

「そう言われても人によって・・・」

「男だと、たとえば授業中に女教師にムラっときたりするんですけどね」

そう話す彼の目線が私の胸に向いているのがわかりました。
ちなみに私はDカップです。
すると、ちらちら見えている彼のおちんちんが、なんかさっきよりも大きくなってきているんです。
今になって注意したら勘違いされると思いながら、私の目線も彼のおちんちんに行っています。

「あっ、やばい」

おちんちんが見えているのに彼が気付きました。

「すみません、見えてました?」

「い、いや、その・・・は、はい」

「もしかして、ずっと見えてました?」

「は、はい・・・」

「ということは、大きくなった僕のあそこを見たわけですよね?」

「そ、そういうことになりますね」

「ずるいな、自分だけ見て」

「い、いや、そんなつもりじゃないし、見たくて見たわけじゃ・・・」

私は顔が真っ赤になりました。
彼は私が見ていたこともわかっていたみたいで、知っててわざと見せていたような感じでした。

「看護婦さん、きれいですね、僕もリハビリして欲しいな~」

「リハビリなんかどこもする必要はないじゃないですか?」

「違うよ、ここのリハビリ!」

彼は自分の股間を指差してニヤっとしました。
私は彼氏はいなくて、エッチも1年以上してませんでした。
今、目の前にいる、若くて格好いい男性が私を狙っています。
たぶん今日、自宅に帰れば一番にオナニーをすることでしょう。

(でも、今ここでエッチをすれば気持ちいいだろうな・・・)

私は思い切って彼に言いました。

「エッチしてみる?」

「えっ、ほんと、でも・・・」

「あなたの部屋に行こ」

私は彼の手を取り2階へ引っ張っていきました。
私は彼の手を握った瞬間に下半身が熱くなるのを覚えました。

部屋に行き、彼を椅子に座らせてズボンを下ろすとペニスを咥えました。
若いだけあって、すぐに大きくなりました。
しかも私が今まで見たことのない大きさでした。
唾液たっぷりつけてシコシコすると、彼は気持ちよさそうに上を向きます。
竿の部分から玉袋まで丁寧に舐めあげる感じできれいにしてあげました。

「ああ~、すごいよ、看護婦さん、うまいよ」

「まだこれからよ」

私は直樹君の前に立ち、恥ずかしかったけど、制服をすべて脱ぎ捨てました。

「ねえ、見て」

「す、すごい、初めて女の人の裸を見た」

「おっぱい触ってみる?」

直樹君は立ち上がり、下から揉みあげるように胸を触ってきました。

「あ~ん、久しぶり」

「看護婦さんのおっぱい、すごく柔らかいね」

「そう?その触り方、いやらしいわ」

直樹君は乳首に吸い付き、舌をペロペロさせます。

「おっぱいって気持ちいいね」

「ああ、感じる~」

直樹君とキスをしながら短パンの上からペニスを擦ると、さらに大きくなりました。

「ああ、気持ちいいよ」

私達はベッドに倒れ込み、キスをしながら互いに愛撫をしました。
我慢できなくなってて、私のリードで69になり、互いの性器を舐め合いました。

「ああっ、いい、いいわ~」

「おまんこ、すごく美味しいよ」

「だめよ~、そんなこと言っちゃ、ああっ、いい~」

「看護婦さん、お尻の穴も舐めて」

「あっ、だめ、あっ、いや~ん、私のお尻の穴も舐めて~」

互いにお尻の穴まで舌を這わせました。
じつはお尻の穴は初めて舐められたのですが、思っていた以上に気持ちよくて・・・。

「ああ~ん、体がピクンってなる~」

「俺も気持ちいいよ、玉の触り方がいやらしいよ」

「クリトリスも舐めて~、あっ、あっ」

「看護婦さんのおまんこ、きれいだよ」

「そ、そんなこと言わないで~、ああ~っ、も、もっと吸って~」

恐らく直樹君はアダルトビデオをよく見ているのでしょう。
舌の動きがねちっこくて、私の興奮を高めていきました。

「あああ~ん、いい~、あん、あん、あん、だめ~」

「看護婦さん、もう入れてもいい?」

「いいわ、早くちょうだい」

直樹君は起き上がると、バックから私のおまんこにペニスを突っ込んできました。

「あーっ、いいーっ、大きい、あーっ、壊れそう~っ」

「看護婦さん、気持ちいいよ、すごいグチュグチュ言ってる」

「いや~ん、そ、そんなことない・・・あっ、あ~ん、もっと突いて~っ」

若いペニスはとても硬くて、それが私のおまんこの中で暴れます。
久しぶりのエッチで刺激は十分でした。
今度は私が上になって挿入しました。
直樹君は私の乳房を揉みながら気持ちよさそうな顔をしています。

「あっ、看護婦さん、もうイキそう~」

「まだよ、まだ我慢して、あっ、あっ、いや~っ」

「あ、だめだよ、も、もう我慢できない」

「あん、私も・・・イクっ」

「どこに出したらいい?」

「ぜんぶ中に出して~っ、ああ~っ、イク~っ」

私は直樹君の上で絶頂を迎えました。
ぐったりして直樹君に抱きつき、ピクンピクン動いているペニスを感じながら、その体勢のままじっとしていました。

「看護婦さん、気持ちよかったよ」

「私もよ。直樹君の元気だね」

「若いからね」

「またエッチしてくれる?」

「また来てくれるの?」

「週に2回は訪問介護で来るわ」

「じゃあ週に2回できるの?」

「私の体がもたないかも(笑)」

「待ってるからね」

服を着て1階に行くと、ちょうどおばあちゃんが目を覚ましたところでした。
直樹君のペニスの大きさや形を思い出すと、車を運転していても自然と手が下に行ってしまいます。
思い出して毎日のようにオナニーをしています。
直樹君と会えるのが楽しみでなりません。
今度はデートに誘って、ゆっくりと私の部屋でエッチをしようと思っています。
直樹君のために今度はナース服を着てあげるつもりです。