「あッ、あんッ・・・ヒデちゃん・・・ああんっ!」

「ママ・・・」

まだ日が暮れていないので閉じたカーテンの隙間から夏の光が射している。
親の寝室の、ママのベッドで抱き合う。
右はパパのベッドで布団がかかったまま。

これって禁断の関係?
もちろん最初は違和感があったけど、最近はそうでもない。
ママとのセックスを楽しめるようになってきた。
だから『近親相姦』だなんて罪名めいた言い方したくない。

セックスしてる女性が自分の母だっていう意識はだんだん遠のいて、そこにいるのは胸が大きくて、おまんこがヌルヌルのひとりの女性に過ぎないんだって考えるようになってきた。
それが嬉しいことなのか悲しいことなのかはわからないけどね。

ママとのセックスは学校から帰ってはじまる。
もちろん気が乗らないときもある。
ママのおしゃべり仲間が来ている時もあるし、ママが生理のときもある。
そんなときはセックスはお預け。
でも、平均して週に2、3回はしてるかな。
悶々としてるときとか2日連続してすることもある。

「生のまま挿れたらだめなのよ。わかってる?」

「わかってるよ。・・・でも生のほうが気持ちいいんだもん」

「でもだめなのよ。わかってね」

コンドームの付け方はママから教えてもらった。

「パパだったら生でOKなんでしょ?」

わざと膨れっ面をして見せる。

「そんなことないわ。だってもう赤ちゃんはいらないもん」

ママとセックスをしたきっかけ?
それはちょっとしたことなんだ。
部屋でオナニーしてるのをママに見つかったんだ。
ヤバいと思ったけど、下半身丸出しでペニスも勃起してたから隠しようがなくて、開き直った。
隠さなかった。
そしてママに言った。

「オナニーしてた。でも、こんなことママに見られたくなかった」

するとママは、「ヒデちゃんも、そういうことをする年になったのね」と言って僕に近づいてきて頭を撫でたんだ。
息子を思う母の愛情とも受け取れたけど、17歳の僕の身体はそうは受け止めなかった。
女性からの誘惑だと受け取った。

「ママ、オナニーを手伝って」

「え、ヒデちゃん?」

ママは困惑した目をしてたけど、それ以上は何も言わなかった。
そして僕はママの愛撫で射精した。
そう、ママは僕のオナニーを手伝ってくれたんだ。
そのことがきっかけで、時々ママが声をかけてくれるようになった。

「最近は大丈夫?問題ない?」みたいに。

でもこれは2人の間の隠語で、「またママがオナニーを手伝ってあげようか?」って意味なんだ。

ママとのセックスは時間の問題だった。
オナニーのときにおっぱい触ることもあったし、ママのアソコを触ったこともあった。

「パパには絶対言わないでね」

「うん。わかってる」

やがて僕とママは結ばれた。
ママ以外の女性には今のところ関心がない。
僕を産んでくれたママ。
僕に絶対的な愛情を注いでくれるママ。
そんなママとのセックスは、他の女とのセックスなんて足元にも及ばないと思う。
だから『近親相姦』なんて言い方はして欲しくない。
僕とママとのセックスは、ちゃんとしたセックスだから。