僕とお母さんは、東京の武蔵野市にある18階建てのマンションに住んでいます。
井の頭通りが近くを通っていますが、ちょっと中へ入っているので、周りはとても静かでいいところです。
窓からは新宿のビル街が遥かに見渡せます。
下は駐車場と公園になっていて、子供を連れた母親たちがよくおしゃべりをしています。
ここへは去年、お母さんとお父さんが離婚をしたので移ってきました。
学校も変わって、近くにあるS高校に通っています。

父と母が離婚した理由は、たぶん僕のことだと思います。
僕とお母さんは、じつは僕が中3のときからセックスをしていました。
僕が隠していたエロ本が見つかって、お母さんが手でしてくれたのが最初です。
それから1ヶ月くらい、いつもお母さんがしてくれました。
お母さんの手は、あったかくてすごく気持ちがよかったです。

1ヶ月くらい経った金曜日、また手でしてもらっていました。
僕がいい気持ちになっていると、お母さんが自分の手を股にやって、すごく色っぽい顔で、「ああ・・・」と声を出しました。
僕はたまらなくなって、「お母さんも気持ちよくなってよ」と言って、お母さんの股間に手を伸ばしました。

「だめっ、直ちゃん。お母さんにはダメなのよ」

僕はかまわずお母さんのパンティの中に指を入れて、あそこを触りました。
そこは、もうぐっしょり濡れてベトベトでした。

「お母さん、すごいよ」

「ああ・・・直ちゃん、そんなに触ったら、お母さん・・・」

そのとき、僕の指がお母さんの中にするっと入りました。
途端にお母さんの体がびくっと跳ねて、「ああっ!」と声を出しました。
僕はもう限界でした。
お母さんがすごく早く擦ったので、あっという間にイッてしまい、絨毯の上に僕の精子が飛び散りました。
お母さんは、そのまま僕のちんこを口に咥えてきれいにしてくれました。

お母さんに舐められていると、すごく気持ちがよくて、僕のがまた大きくなってきました。

「直ちゃんは、いけない子・・・」

僕の目を妖しく見つめます。

「お母さんは直ちゃんのことが大好きよ。だから直ちゃんをもっと気持ちよくしてあげる。そのかわりお勉強もちゃんとするのよ。いい?」

僕は、「うん」と頷きました。

「じゃあ、直ちゃんのオチンチンを・・・」

そう言いながらお母さんは脚を大きく開きました。

「お母さんのここに入れてごらんなさい。ほら、ここよ・・・」

お母さんのそこは花びらのように赤く口を開けて、中から蜜が溢れて出していました。
まるで僕のおちんちんを待ち侘びているようでした。
僕はもう夢中で、勃起したチンコをお母さんの花びらに入れようとしました。
でもなかなか入りません。
そのときお母さんがちょっと僕のチンコを触りました。
するとチンコは何の抵抗もなく、にゅるっという感じでお母さんの中に入りました。
すぐに僕は本能的にすごいスピードで腰を前後に動かしていました。

「あ、ああ、あ・・・あ・・・」

お母さんの声が聞こえます。
ものすごく興奮しました。
オチンチンの先から腰の辺りまで、お母さんの中に入ってしまったような感じがしました。
僕はあまりの気持ちよさに、我を忘れてしまいました。

「お母さんっ、僕、僕、出る・・・」

「あっ、ダメよ。中に出しちゃだめっ」

お母さんが言いましたが、僕は動きを止めることができず、すぐにすごい射精感が襲ってきて、そのままお母さんの中に全部出しました。

「あ、直ちゃんっ・・・」

お母さんは叫んで、ビクビクと痙攣したように体が動いてから、ぐったりとなりました。

その日以来、毎日のようにお母さんとセックスをしています。
その頃からお父さんとお母さんの仲が悪くなって、とうとう離婚しました。
でもお母さんは、「お母さんには直ちゃんがいれば、他には何もいらないの」と言ってくれます。
僕は、嬉しくて、すぐにお母さんにチンコを突き刺します。
お母さんのあそこは本当にすごい気持ちいいです!