19歳の時、ガソリンスタンドでアルバイトしていました。
結構時給が良かったし、夜はさらに良かったんです。
そこでパートで働いてた恵美さんという、当時33歳の人妻さんが優しくて、同じシフトの時は楽しかったです。
茶髪で少し肉付きが良くて、最初は判らなかったけど、私服の時に胸が大きいのがわかってからは猛烈に気になってきました。
時々屈んだ時に見える谷間がたまりません。

彼女は昼が専門だったから会う機会は少なかったけど、シフトが同じ時はよく話をしていました。
親しくなるとメールもできるようになり、向こうから、『明日、休みだよね~。食事しない?』と誘ってきて、一緒に食事しました。
レストランで食事をした後、彼女の車でドライブをしていたら・・・。

「旦那以外の男の人と食事したのって久しぶり。ごめんね、おばちゃんが相手で」

「恵美さんみたいな美人とドライブできるなんて夢みたいです」

そう返すと笑ってました。
もう時間も4時を過ぎていたので、保育園に子供を迎えに行くと思いきや・・・。

「ねぇ・・・飲まない?」

聞けば、旦那は出張で、子供は実家に預けて来たと。
俺のアパートで飲むことになりました。
飲むとさらに色っぽくて、胸元から谷間は見えるし、肩からブラ紐は見えるしで生唾ものです。

「ねぇ・・・おっぱい好きでしょ~」

図星でしたが困った顔をしていると、「チラチラいつも見るから」と。
チラ見してたのがバレてました。
するとなんと!

「いいよ、触っても」

そう言って、俺の手を自分の胸に当ててきたんです。
柔らかい感触がたまりませんでした。

「私も・・・ね」

そう言うと、太ももに指を這わせて股間を触ってきた恵美さん。

「硬くなってる~」と笑われました。

もう我慢できませんでした。
ベッドに押し倒して裸にしました。
ボリューム満点の胸に夢中で吸い付くと、すぐに喘ぎはじめました。
夢中で舐め回していると・・・。

「もう入れて」

恵美さん自ら、パンティ脱いできました。
すぐに挿入すると、「アアッ!硬い」と声を上げ、動かすたびにいい声を聞かせてくれます。
かなり大胆な反応だったのでびっくりしました。
中はぬるっと滑り、どんどん湿り気が増えてきます。
生は初めてで、最高に気持ち良かったです。
長持ちさせるのは無理だとわかっていましたが、できる限り我慢して、限界になったら動きを止めて胸に顔をうずめてこらえました。

「フフッ・・・我慢してるんでしょ?」

素直に頷くと、「いいよ、我慢しないで!」と抱きつかれたので、ガンガンに腰を突き上げました。
もう限界でした。

「あっ、あっ、もうダメです!」

「いいわよ、出して!中に出して!」

叫びながら恵美さんがギューッと締め付けてきました。

「あああっ!」

あまりの気持ちよさに俺は恵美さんの中でドクドクと射精しました。
本当に気持ちよかったです。
快感と罪悪感が混じった複雑な感情がありましたが・・・。

「可愛い、一生懸命だし」

そう言ってキスされました。
すごく嬉しかったです。
その晩は泊まりでエッチをしまくりました。

それから3年間、恵美さんと続きました。
時間がないときは彼女の車でしたり、人妻のフェラやパイズリもたっぷり味わうことができました。