昨年の忘年会旅行での出来事です。
12月に1泊で課の忘年会をやった時のこと。
同じ課に、夏前からみんなには秘密で付き合っている、芳枝という年上の女がいるのですが、その彼女とのことです。

土曜日の昼に職場前に集合して、マイクロバスで山の中にある温泉ホテルに向かいました。
途中で観光センターや土産物店などに立ち寄って、夕方ホテルに着きました。
そのホテル、小さな旧館と新しくて大きい新館が渡り廊下で繋がっているのですが、我々は洋風の新館に泊りました。

着いてから夕食の宴会まで時間があったので、みんなで新館の大浴場に行って旅の汗を流しました。
新館の浴場は露天風呂、サウナ、岩盤浴ができる人気スポットです。
でも僕は静かにゆっくり入浴したかったので、あえて旧館にある狭い浴場へ行こうと思いました。
あらかじめ芳枝を誘ってあったので、隠れるように渡り廊下を歩いて旧館に行ったのです。
旧館の浴場は1階にあると聞いていたので、そのまま2人で旧館に行きましたが、お目当ての浴場がありません。
ふと反対方向を見ると、『大浴場』という案内を見つけました。
なんとここは旧館の2階で、新館の1階は旧館の2階になっていたのです。

仕方なく引き返そうとした時でした。
途中の通路に『家族風呂』という案内が出ていました。
ちょうど大浴場の上に位置する場所でした。
僕はここに芳枝と入ろうと思い、通りかかった仲居さんに尋ねました。

「この先の家族風呂は使えますか?」

「家族風呂は予約制ですが、今日は空いてるので大丈夫かも知れません」

「料金は必要ですか?」

「当館のお客様なら1時間は無料です」

「じゃあ使えるかどうか、予約をお願いできませんか」

「ではフロントに確認しますので少々お待ち下さい」

フロントに行くと9時から最終の11時まで空いていたので予約しました。
それからとりあえず旧館に引き返し、芳枝に9時から予約を入れたことを告げ、改めて1階の大浴場で身体を洗ったのです。
さて、6時半からはじまった宴会のときから待ち遠しく思っていましたが、9時少し前に宴会はお開きとなり、各々部屋に戻ってくつろいだり、また風呂に行ったりしました。
僕は部屋に引き返してタオルを取ると、その足でフロントに行って家族風呂の鍵を受け取り、打ち合わせ通り、旧館の人気のない自販機の前で芳枝を待ちました。
間もなく芳枝も現れて、周囲に誰もいないことを確かめてから急いで家族風呂に入りました。

その家族風呂はちょっと古い感じがしたものの、思ったより広くて良かったです。
アパートの狭い湯船では2人で浸かれないし、たまに行くラブホのお風呂だってそんなに広くはないですから。
でも、その家族風呂は2メートル四方くらいの広さがあり、2人で広々と入れました。

僕が湯船の縁に頭を乗せて大の字になって浸かっていると、芳枝が股間に入ってチンポをしゃぶってきました。
開放感からか芳枝も積極的になってエッチモード全開です。
湯船から上がって、芳枝にブリッジの格好をさせて、マンコを曝け出させたところでのオシッコプレイも興奮ものでした。
いつもは狭い浴槽の縁に腰かけさせて、後ろ手で体を支えながら両足をM字にさせてオシッコをさせるのですが、明るくて広々とした風呂場でのオープンなプレイはすごく興奮しました。

最初は正常位で挿入して、いきなりピストンはせずに、繋がったままお互いの身体を洗いっこしたり、キスや乳揉みをしました。
そしてしばらく繋がったまま芳枝のマンコを味わっていました。
途中で萎みかけた時だけ少しピストンで回復させると長持ちしました。
最後はバックで思いっきり芳枝の尻を突き上げ、また少しオシッコを漏らしながら喘ぐ芳枝に中出しを決めて1発目を終えました。

ぐったりしている芳枝を起こし、マンコに指を突っ込んで掻き回しながらシャワーで精液を掻き出すと、芳枝はアンアン喘ぎながらドロッとした精液をマンコから垂らしました。
超エロくて興奮しました。
結局、2時間で3発出して大満足でした。
また機会があったら2人で行きたいと思います。