俺が小5の時、夜寝ていたら身体に異様な感覚があり、朝起きるとパンツがべっとりと濡れていた。
それが何なのかは分かっていて、パンツを穿き替えて学校に行き、帰宅してからパンツを洗った。
当時、母は34歳。
俺は母の目を盗んで何度かパンツを洗っていた。

そんなある日のこと、風呂に入っていたら母がいきなり入ってきた。

「たまには一緒に入ってもいいでしょ?」

普段はなんとも思っていなかったが、母の背中を洗ってあげてる最中、なぜか無性に母の乳房に触れてみたくなった。
間違ったふりをして二度ほど触った。

「内緒でパンツ洗ったりしてさ~、男の子になったんだね」

母は笑って言った。
そしてこちら向きになると俺のチンチンを握った。
俺は腰を引き、「やめて」と言った。

「母さんのオッパイ、触ったでしょ?」

手で包むようにニギニギされて、チンチンは立った。
母に立ったチンチンをしごかれた。

「こうやって自分でするのよ?そうすればパンツ汚さないようになるから」

母はニヤニヤしながら俺を見ていた。
俺は、「もう出そう」と母に言った。

「じゃあ自分でして出してごらんよ」

俺は自分で擦って、母が見ている前で射精した。

「出たね」

また母はニヤニヤした。
まだ出そうだったから、俺は続けざまに擦った。

「まだ出そうなの?」

母に、「また手でして」とお願いしてみた。
母はまた擦ってくれた。
そのとき自然と母のオッパイを触っていた。
さっきよりも興奮していた。
すると、母は俺のチンチンを口に入れた。
手より数倍気持ちいい感覚にあっという間に出そうになり、俺は母に出そうだと伝えた。
口を離した時の感触が俺にトドメを刺した。
大量の精液が母の顔にかかっていた。
またニヤニヤしながら母は俺を見た。

「また勝手にオッパイ触ったね」

それから時々母と一緒に入浴するようになり、そのときは口や手で出してもらった。
当然オナニーもしていた。
それは小学校を卒業するまで続き、色んな性知識を身につけた俺は、当たり前のように、母と次のステップに進みたいと思うようになっていった。