俺は和樹と言って、34歳になる会社員だ。
結婚していて、妻の典子と5歳になる娘の彩香の3人で暮らしている。
夏の終わり頃、典子の友人夫婦と2泊3日で温泉旅行に行った時の話だ。

1日休みを取り、土日を利用して車で行った。
友人である絢さんは典子と同じく32歳で、旦那の浩志さんは33歳、まだ子供はいなかった。
最初の日は俺がほとんど運転して、宿に夕方の5時頃到着。
すぐにゆっくりと温泉に浸かり、それから美味しい食事を食べつつ酒も飲んだ。
宿は山間にあり比較的新しいものだったが、夜になると宿の外は真っ暗。
これといった娯楽施設はなく、あくまでも温泉と食事を楽しむ所なのである。

ここの自慢は混浴の露天風呂で、男湯と女湯の間を少し歩いて行くとあるのだが、利用するのはほとんど家族同士の様子。
ゆっくり食事をとった後も俺と浩志さんは酒を飲んでいたが、典子と絢さんは彩香を俺に預けて土産品を見に行った。
11時には4人とも布団に入ったが、絢さんと浩志さんは隣に用意された部屋へ。

なんとなく寝付けず、12時を過ぎた頃にこっそりと起き上がり、気になっていた露天風呂に行くことにした。
男湯を通って行ったのだが、辺りはすっかり暗くなっていて、いくつかあった外灯の明かりだけが道を照らしていた。
お湯に入るとシーンとしていて、ちょっと怖い感じ。
アバンチュールを期待していたが、さすがにこの時間には誰も来ない気がしたし、おあつらえ向きの若い女性が1人で来ることはないだろうと、諦めて上がることにした。

しかしその直後、誰かが入ってくる音がして、慌ててお湯に浸かって息を潜めた。
なんと女性が1人で入ってきたのである。
よく見ると、その女性は絢さんだった。
浴場自体は大きくなかったので、絢さんも先客がいるのは分かっていたと思うが、まさか俺だとは思っていなかったはず。
案の定、声をかけるとびっくりしていた。
絢さんが来るなんて予想外だったし、同じように混浴に何かを期待して来たのだろうかと考えたら、妙にワクワクしてしまった。

絢さんは、タオルで前を隠しながら入ってきて俺の隣に座った。

「まさか和樹さんが来ているとは思わなかったわ」

「俺もこんな時間に絢さんが来るなんて思わなかったですよ」

そんな話をしたものの、さすがにぎこちない2人。
お互いに完全に男と女を意識していたし、とにかく周りが静か過ぎて、絢さんが手でお湯を身体にかける音すら響いていた。

視線を向けるとこっちを向いて、「何?」と言ってぎこちない笑いを浮かべた絢さん。
俺は「いえ」と言って正面を向いたが、正直言って色っぽいと思ったし、エッチなことを妄想して股間は硬くなっていた。
まだ子供を産んでいない絢さんの身体の線は綺麗なまま。
その上、出る所は出ていたので、洋服を着ていてもフェロモンみたいなものが感じられ、俺は観光しながらもすごいな~と思っていた。

もし絢さんも俺と同じことを考えているとしたら、ここは男である俺の方から誘ってなんとかするしかない。
俺は勇気を出して絢さんの手を握ってみた。
恥ずかしくて顔は見れなかったが、指を絡めるように握ると絢さんは握り返してくれた。
心臓がバクバクと音を立てていたが、反対の手で握り直し、空いた方の腕を彼女の肩へまわした。
すると絢さんが俺の肩に頭を乗せてきた。

「絢さん」と声をかけると顔を上げたので、思い切って唇を重ねた。

彼女は受け入れてくれて、唇を吸ってから舌を絡め合わせた。
キスをしながら乳房を揉んだが、拒否しなかったので立ち上がらせ、岩の上に座らせることにした。
たわわな乳房が露出し、股間には黒々とした陰毛。
俺も岩の上に座り、乳首を舐めながら指でクリトリスに触れると、「ああっ!」と声を上げ、絢さんは濡れた身体を震わせた。
そして次第に足を開いてきた。
すっかりその気になっていると思い、俺も勇気が湧いてきた。

絢さんの背中に腕を回し、クリトリスを刺激しながらそのまま岩の上に寝かせ、指を膣穴に入れ込んで激しく出し入れした。

「はあああ~~~っ!」

喘ぎ声が静寂の中に響き渡った。
快感に耐え切れなくなったのか、絢さんは身体をピーンとさせ、左手で俺の腕を握ってストップをかけた。
今度はクンニすることにして、足を広げて股間に顔を埋め、濃い陰毛の中にある縦長のマンコをペロペロと舐め上げた。

「あ~~いい~~あ~~」

静かに喘ぐ絢さん。
しばらくクンニを続けてから起き上がらせ、すでにガチガチに硬くなっていたチンポを咥えさせた。
ジュボジュボと音を立ててフェラする絢さん。
妻の友人の人妻と、まさかこんな事になろうとは・・・。

その後、岩に両手をつかせてお尻を突き出させ、立ったまま後ろからゆっくり挿入した。
静まり返っていた浴場にリズム良くパンパンパンとお尻を打ち付ける音が響き渡った。
顔を歪め、岩にしがみ付いて快感に耐えている絢さん。
ひと突きに力を込めて深く打ち付けると、そのたびに顔を仰け反らせる。
最後とばかりに腰の動きを速めると、絢さんは身体をピクピクさせてイッてしまった。
俺も抜いて絢さんの胸にお尻に射精した。
その後、少しお湯に浸かり、明日の宿でも同じ時間に待ち合わせをする約束をして、お互いの部屋へ戻った。

翌朝、彼女と目が合うと、その目は『昨夜は良かったわ』と言っているように見えたし、朝食をとっている時もこっちをチラチラ見るので意識しているのが分かった。
昼間の観光中、人のいない所に彼女を連れ込んではキスをした。

「だめよ、こんな所で」とか「夜まで我慢して」と言って拒んでいた彼女だが、やがて堪え切れずに舌を絡めてきた。

その日の宿は、川のほとりにあって男女別の浴場と露天風呂を備えた所だった。
宿の周りに土産物屋などもあったので、食事の前に少し散策してから温泉に浸かり、食事をとった。
その後、テレビを見たり娘とゲームをしたりして時間を潰した。
女性たちは岩盤浴やマッサージなどを受けたようだ。

昨夜と同じように11時には布団に入り、12時過ぎに待ち合わせした場所で絢さんが来るのを待った。
5分ほどすると浴衣姿で絢さんが来て、「来ちゃった」と言ってはにかんだ。

少し歩いて河川敷まで行き、そこに寝て抱き合った。
濃厚なキスを交わし、浴衣の襟元から手を差し入れると、彼女はブラジャーをしておらず、すぐに乳房に触れた。
浴衣はセックスをするのに都合良くできていて、胸元を開くとたわわな乳房が現れるし、裾を捲ればすぐに白い大腿とマンコが拝める。
もちろん俺も浴衣だったので、彼女は俺のパンツの中に手を突っ込んで、キスをしながらチンポをしごいていた。

その日は彼女の方が積極的に攻めてくれて、パンツを下ろすとフェラをしてくれた。
そして「乗ってもいい?」と俺に聞いてからチンポを持ったまま跨がり、自らマンコに差し込んで腰を前後に動かした。
絢さんは丸いお尻を上下させて俺のチンポを味わっていた。

終わった後、湯船で抱き合ったまま星空の下でこれからのことを話し合ったが、お互いに伴侶とはご無沙汰だったことも判明。
「また会おう」ということで話はまとまった。
これからの生活が楽しみだ。