友達の結婚式の二次会で1人寂しく飲んでいる30代半ばと思しき女性がいました。
声をかけてみると、新婦の兄嫁だというのがわかりました。
普通、新郎新婦の身内は二次会には参加しないんですが、お酒が大好きみたいで、来てみたら誰も相手してくれないと笑いながら言われました。
一番驚きだったのは年齢です。
40歳と答えられた時は、(はあ?嘘だろ?)と、びっくりしました。
メチャクチャ若いんです。

いい感じで話が進み時間が経ちました。
二次会終了のお知らせがあった時に耳元で、「どっかで飲みませんか?」と言うと・・・。

「2人で?それともみんなで?」

この質問にはすごく興奮しました。

「ふ、2人で・・・」

「いいわよ。じゃあ◯◯◯前で待ってるわ」

店を出ると、周りのみんなには適当なことを言って抜け出し、待ち合わせ場所へ走りました。
無事に彼女と合流できました。

「嬉しい~、ほんとに来てくれたんだ~」

彼女はすごい笑顔を返してきました。
それがまた可愛いこと。

ところで、さっきまではカウンターの椅子に横並びだったので気づきませんでしたが、改めて見てみると、なかなかスタイルがいい。

「陽子さんってスタイルいいんすね」

「そう?てか今さら?ありがとう」

2人で焼酎バーへ入りました。
さっきまでとは違い密着感がありました。

「祐介くんって・・・奥さんとは仲良しなの?」

遠回しに聞いてくるんです。
それで、欲求不満じゃないかなと思った俺は・・・。

「いやいや、冷めてますよ。ずいぶんしてないっすよ。陽子さんこそ~」

「うちなんか全くよ~。祐介くん、若いんだから奥さんを可愛がらなくっちゃ可哀想よ」

「もう無理っすよ~。好みが変わりましたから」

「へえ~どんな人~?」

「若く見える大人な女性かな」

陽子さんを見ながら言いました。

「んもぉ~」

明らかに照れていました。
腰に手を回しても抵抗はなく、向こうも俺の太ももに手を置いてきました。
調子に乗ってお尻を撫でてみたら・・・。

「もお~えっちぃ~」

今度は服の上から乳を揉んでみました。

「んもぉ~ちょっとぉ~」

「陽子さんって大きいんだね。どのくらいあるの?」

「D・・・」

「おっきいね~」

揉み続けていると・・・。

「はい、もう終わりっ。変な気分になるから」

「いいじゃん。変な気分になっても」

「ダメダメ~。もう出ましょ」

「いや、まだ無理」

「え~どうして?」

「だってほら、立てないから」

そう言って股間に張ったテントを見せました。

「触るからよ~、も~」

その後、会計を済ませて、エレベーターの中で陽子さんにキスしました。

「いきなりだからドキドキしたじゃない~、もう~」

エレベーターから降りると腕を組んできました。
もう行くしかないと思い、ラブホに向かって歩きました。
だんだんラブホが見えてくると・・・。

「あ~やっぱり~えっちぃ~」

「だって収まりがつかないよ~」

奮発していい部屋にIN。

「最近のラブホテルってきれいなんだねぇ~」

「陽子さん、最近は来てないの、こういうとこ?」

「こう見えて真面目なんだよ~私。結婚して一度もないもん」

「へえ~意外だね~」

抱き寄せてキスをしました。

「すっごくドキドキしてるんだからね~」という陽子さんが可愛かったです。

シャワー浴びてくると言って陽子さんが先に行き、後から俺が入りました。
上がるとシーツを被り、横になっていました。
俺もベッドに入りました。
くっついてくる陽子さんが可愛くて長いキスをしました。
おっぱいを揉みながらキス。
乳首を舌で転がしたり、指で摘んだりしていると、喘ぎながら身体をビクつかせます。
感度良好みたいです。
そして、そのままマンコへと手をやると毛が少ない。
そして濡れてる!

「濡れやすいんだね」

「恥ずかしいから言わないで~」

すぐにぐちゃぐちゃ、ぐちょぐちょと鳴りだしました。

「あああぁ~、だめ~、イクぅぅ~、ああぁ~」

すぐにイッてしまった陽子さん。
刺激すると、すぐにまたイキます。
結局、関係したのはこの夜だけでしたが、40歳とは思えない敏感ボディを満喫させてもらいました。