3年ほど前ですが、出会い系で美沙さん(33歳)と知り合いました。
旦那さんとは親の知り合いの紹介で知り合い、結婚したそうです。
旦那さんは実家が会社を経営しており、旦那さんも次期社長なので毎日仕事が忙しいとのことでした。
そのぶんすれ違いが多く、寂しくて出会い系に手を出したそうです。

最初の3ヶ月ほどはメールのみで、実際に会うことはないのかなと半ば諦めていました。
しかし、たまたま仕事で美沙さんの家の方に行くことがあり、夕方には時間が作れたのでメールしてみました。

僕『今、近くに仕事で来てます!何してますか?』

美沙『家でテレビを見てます。仕事は順調?』

僕『そろそろ終わるので今日は直帰です』

美沙『まだ15時なのに早いね~。会社には戻らないの?』

僕『今から戻っても定時過ぎちゃうし、上司も一緒で直帰するって言うから便乗しちゃおうと(笑)』

美沙『そうなんだ~。こちらは旦那さんが接待で遅いって言うから夕飯は惣菜で済まそうとダラダラしてます』

僕『惣菜は寂しいですね。といっても僕も帰ってスーパーの惣菜コーナーへ直行だけど(笑)』

美沙『そうなの?それはお互い寂しいね(笑)』

僕『もし良かったら一緒に夕飯はどうですか?』

美沙『え~、どうしようかな・・・。ちょっと怖いし』

僕『ファミレスとかでだったらどうですか?』

美沙『う~ん・・・』

彼女は迷っているようでした。

僕『迷ってるうちは無理しないほうがいいですよ。今、上司と一緒に電車に乗りました。またの機会にしましょう!』

そうメールをすると・・・。

美沙『せっかく近くまで来てるんだし、夕食ご一緒します!』

ついに決心したようでした。
上司には適当な理由をつけて電車を降り、逆戻りしました。
でも美沙さん最寄駅はまずいということで、3駅くらい離れた駅で待ち合わせしました。

僕「美沙さんですか?」

美沙「はい、和也君(僕)?」

僕「そうです。はじめまして!」

美沙「はじめまして~」

写メの交換は嫌だということで初めて顔を見たのですが、だいたひかる似の割と可愛い方でした。
で、その日は本当に夕食のみで済ませました。

それから月に1、2回のペースでお茶やら食事をするようになり、6回目だったでしょうか、旦那さんの帰りが遅い日にたまたま近くで仕事になり、その日は居酒屋で飲むことになりました。

僕「美沙さんはお酒は強いの?」

美沙「そうでもないよ、すぐ赤くなっちゃうし」

なんて言ってるそばからビールをゴクゴク飲んでました。
いい具合にお互い酔ってきて、時間も21時を過ぎたので・・・。

僕「そろそろ帰りましょうか?旦那さんが帰ってたらまずいでしょ?」

美沙「まだ大丈夫だよ。帰りは0時過ぎると思うし」

僕「僕も帰りが遅くなるし、これ以上酔うと美沙さんに抱きついちゃいそうだから(笑)」

美沙「そんなこと言って、もう帰りたいんでしょ~?」

僕「そんなことないですよ!」

美沙「ホントに~?じゃあもうちょっと付き合ってよ」

僕「いいけど抱きついても知りませんよ(笑)」

美沙「いいよ~、抱きつかれても平気だもん!」

僕「じゃホントに抱きついちゃお~♪」

そのあたりからちょっとずつボディタッチをはじめました。

美沙「あ~、ホントに抱きついてくる~!」

と言いつつ、そんなに嫌な顔はされませんでした。
僕は調子に乗り、二の腕の裏側を摘みながら・・・。

僕「ここっておっぱいと同じ柔らかさって言いますよね」

美沙「そうなの?どうかな~」(←自分で触って確認中)

僕「美沙さんのおっぱいを触ってるのと同じだね。超柔らかい!」

美沙「実際のおっぱいはそんなに柔らかくないかもよ」

僕「そんなことないでしょ~!」

美沙「じゃあ触ってみる?」

その居酒屋は個室タイプに近く、ある程度は他の客からは見えない状態でした。

僕「ホントに触ってもいいの?」

美沙「いいよ、ちょっとなら」

ということで、ちょっとだけってことでおっぱいに触らせてもらいました。

僕「おっぱいの方が柔らかいよ~!弾力もあるし大きいね!」

指で上からつついたり、下から持ち上げてみたりしました。

美沙「そんなに大きくないよ。ブラのおかげで大きく見えるだけ」

僕「そうなの?」

美沙「そうだよ、最近のブラは偽乳作りがすごく上手なんだから(笑)」

僕「へ~、でも肌も白いし、きっと綺麗なんだろうね!」

美沙「そんなことないよ。もう垂れてきてるもん。だからブラは重要!」

そんな下らないことを言いながらボディタッチを楽しみました。

僕「さて22時も近いし、そろそろ出ますか!」

美沙「もう?まだ大丈夫だよ」

僕「結構飲んだし、お店も混んできたしさ」

美沙さんはまだ飲み足りないようでしたが、僕の帰りの時間もあるので、とりあえず店は出ることにしました。

駅に向かって歩きながら・・・。

僕「おっぱい触らせてくれるから、ちょっと興奮しちゃった」

美沙「またまたー。30過ぎのオバサンの胸を触っても楽しくないでしょ」

僕「そんなことないよ、柔らかいし、生で見てみたいもん」

美沙「え~、全然綺麗じゃないから見たら幻滅するよ!」

歩きながらそんな話をしていると駅前には定番のラブホが・・・。

僕「ここにスーって入ったら怒る?(笑)」

美沙「え~、だって私、33歳だよ。身体もたるんでるし、絶対に引くって!」

僕「そんなことないでしょ~、肌も白くて綺麗だし見てみたいよ」

美沙「本気で言ってる?絶対幻滅するって(笑)」

僕「見てみたいな。入っていい?」

美沙「ホントに・・・?」

美沙さんは僕の気持ちを伺うように見ていましたが、拒否反応を示す様子はないので思いきって手を引いて入りました。

美沙「うわ~、ホントに入っちゃった・・・」

僕「嫌なら拒否してもよかったのに。いいの?」

美沙「その暇もなく連れ込まれちゃったから(笑)」

僕「もう遅いね(笑)。さて、綺麗なおっぱい見せてもらおうかな!」

美沙「え~、ホントに~?」

僕「いやいや、ここまで来て、そのまま帰るのなんて無理!」

抱き締めてキスをしました。
抵抗もなく舌を入れると絡めてきました。
服を脱がすと色の白い綺麗な胸が現れました。

僕「やっぱり綺麗じゃん。乳首もピンクで可愛い!」

美沙「そうかな~?垂れてきちゃってるし」

美沙さんが言い終わる前に乳首にしゃぶりつきました。

僕「綺麗な乳首だね。気持ちいい?」

美沙「うん・・・気持ちいい・・・」

そのまま全部服を脱がし、アソコに手を伸ばしました。

美沙「まだシャワー浴びてないから汚いよ」

僕「大丈夫だよ。もう濡れてるよ」

美沙さんはすでに濡れてヌルヌルでした。

美沙「だってあんなに乳首を舐めるから気持ちよくて・・・」

僕は美沙さんのアソコを舐めて指で愛撫し、さらにビショビショにしました。

美沙「ちょっとシャワー浴びさせて・・・」

僕「大丈夫、もうヌレヌレだもん(笑)」

美沙「でも・・・」

僕「俺のも舐めてくれる?」

美沙「初めてのエッチでもう?」

僕「嫌ならいいけど」

美沙「嫌じゃないけど・・・」

僕がパンツを脱ぐと手で握ってきました。

僕「シャワー浴びたほうがいい?」

美沙「私のも舐められちゃったし、いいよ」

そう言うと僕のチンチンを咥えてくれました。
自然と69の体勢になり、僕のも最高潮に大きくなってきました。

僕「すごい気持ちいい。もう挿れたくなっちゃった」

美沙「うん、私も挿れて欲しい・・・」

マナーとしてゴムはしっかり付け、美沙さんの中に深々と挿入しました。

美沙「あ~、すごい、入ってきた・・・」

僕「気持ちいい?」

美沙「う~、すごい・・・」

僕「美沙さんの中、ヌレヌレだよ」

美沙「・・・」

もう返事はなく、声を出さないように耐えている感じでした。

僕「声、出しても大丈夫だよ?」

美沙「うん・・・」

どうやら喘ぎ声を我慢するタイプのようでした。

僕「やばい、もうイキそう。イッてもいい?」

美沙「うん・・・」

初めてのセックスということで目まぐるしい体位変更はなく、正常位のままフィニッシュを迎えました。

僕「あ~、気持ちいい、そろそろイクよ」

美沙「ん~・・・」

最後の最後でちょっとだけ声が出てしまったようです。
ゴムを付けてはいましたが、一応外で放出しました。

僕「エッチしちゃったね。気持ちよかった?」

美沙「しちゃったね。すごい良かった(笑)。なんでイク時、外に出したの?」

僕「一応、外のほうがいいかなと思って」

美沙「やさしいね、ありがとう」

美沙さんの方からキスをしてくれました。

その日は僕の電車の時間もあり、1回だけでホテルを後にしました。
でも一度交わった後は、会うたびにエッチをするような仲になりました。