悲惨な体験をした。
もう二度とこんなことはしない。
そして当分は女にも近づきたくない。
取り返しのつかないことをして、今は後悔に苛まされながらハローワークに通っている。
俺が悪いんだけど、彩香もそこまですることないのに・・・。

あれは夏だった。
8月の上旬。
会社がお盆休みに入る直前だった。

部署は違うけど、同じ会社に務めている彩香と人気のない道を歩いていた。
2人で酒を飲んだ帰り道だった。
彼女は28歳で、俺より2つ年下。
お互い独身で、社内でもカフェテリアなどでおしゃべりすることが多い。
といっても交際してるわけじゃなくて、友達以上恋人未満といったところかな。

その日はちょっとむしゃくしゃしたことがあって、女の子と飲みたいと思った。
彩香ならOKしてくれるだろうと思った。
期待通りふたつ返事で付き合ってくれた。

隣の駅まで歩いてみようと言ったのは俺だ。
むしゃくしゃはまだ消えず、すぐに帰りたくなかった。

「こんな道歩くの初めて。暗いから女1人じゃ怖いですね」

「俺がいるから何かあっても大丈夫だよ」

隅田川の堤防沿いなので川の気配がした。
屋形船でも走ってんのだろうか、ちゃぷんちゃぷんという水の音が遠くから風に乗って聞こえてきた。
街灯が彩香の横顔を照らす。
居酒屋出るときに塗り直したのか口紅が新鮮だ。

(どうして塗り直したんだろう)と考え、自分の都合のいいように妄想した。

胸が見える。
薄手のブラウスが少し膨らんでる。
乳を包むカップが透けて見える。
言いようのないムラムラを感じた。
今まで彩香に性的関心持ったことはなかったが、そのときは違った。
彩香が女に見えた。
自分の何かを満たしてくれる女に見えた。

薄暗くて人気のない川沿いの細道。
俺を完全に信頼している彩香。
ムラムラが波のうねりのように強くなる。
そして抑えきれないところまで達した。

「ふうー」

意味もなく息を吐いた。
彩香がくすっと笑った。

「ため息ですか?どうしたんですか?」

許してくれるだろう、彩香なら。
俺に対しても満更でもないはずだ。
俺は立ち止まった。

「どうしたんですか?」

そのまじめな声を耳にしたときは一瞬躊躇ったが、すぐに欲望が堰を切ったように溢れてきた。
抱き締めて唇を押し付けた。

「きゃっ・・・ちょっと!何ですか」

「好きだ!」

顔を背け、身を固くして丸くなる彩香。

「好きなんだ」

「いや・・・こんなこと。なんてことすんの」

力づくで抱き締めてキスをした。
血迷ったか乳まで揉んだ。
彩香の目に鋭い光が宿った。

「乱暴するんですか?・・・そのつもりでこんなとことに来たの?」

「・・・」

俺は男としてのプライドが粉々になった気がした。
逆ギレっていう言葉があるよね。
あれに似てる。
頭の中が空っぽだった。
彩香をコンクリートの上に押し倒したよ。
慌ただしいヒールの音とバケツがひっくり返る音がした。
工事中で、スコップや薄汚い道具が散乱している一角だった。
ばたばたする脚を無理やり広げてスカートをたくし上げ、恥丘に顔を埋めた。

「やだあ・・・!・・・やめてやめて・・・やめて!」

パンティを下ろそうとしたら抵抗された。
細い指が脱がされまいと必死に下着を引っ張る。
足で顔を蹴られた。
また逆ギレが起きた。
男に逆らう女に腹が立った。
全身の力を込めてパンティを引きずり下ろす。
バリっと音がしたから裂けたようだ。
電灯の光の下に毛が見えた。
彩香のおまんこだ。
そこを舐めた。
徐々に、ほんの少しずつ彩香の力が弱まっていった。
彩香は声一つ出さなくなった。
魚のような目で夜空を見てた。

挿入はしたと思う。
勃起してたし、アソコに刺さったとは思う。
でも射精をした記憶はない。
けたたましいバイクの音が遠くから近づいてきた記憶がある。
その時点でやめて我に返った。
自分が彩香をレイプしたことに初めて気づいた。

「ごめん。そういうつもりはなかった。魔が差した」

「ひどすぎる」

急に泣き出した。
服は泥だらけだ。
自分のしたこととは思えなかった。
時間を巻き戻したいと思った。

「田中さんがそんな男だったなんて・・・悔しい」

「頼む、会社には言わないでくれ。警察にも。このとおり」

俺は深々と謝った。

それからお盆休みに入った。
出社後、彼女は俺と一言も口をきかないばかりか、目も合わせなかった。
つんとして恐ろしいほど平静だった。

その2日後、俺の上司と彩香の上司、それに人事部長がやって来た。

「ちょっといいかな。話がある」

刑事のような態度で俺の上司が言った。