その頃の私は30代の半ば、製造業の会社では管理職に就き、業績も仕事も順調でした。
工場で働くパートさんの中に気になる40代の女性がいました。
とりわけ美人ではないのですが、肌の色が白くポッチャリした身体に色気がありました。
工場を巡回するたびに彼女の職場へ立ち寄り、遠くから眺めていました。

なんとか話をする方法がないものかと思っていたところ、意外に早くその機会がやってきました。
工場の慰安会が温泉1泊2日の日程で開催され、くじ引きで決める宴会の席次で、彼女の席が私の左側になったのです。
最初はぎこちなかった会話がお酒が回るにつれて滑らかになって、「貴女のことが前から気になっていました」と打ち明けました。
彼女(ミユキさん)は驚いて、「私のようなおばさんをなぜ?」と問い返しましたが、それ以上は話が進まないまま、彼女の方から家庭内の悩みごとを打ち明けられました。

年の離れた夫は定年間近で糖尿病を病んでいること、姑さんは脳梗塞で手術後身体に機能障害があること、男女2人の子供達は成人して家を出てしまっていることなどです。
夫とはもう5年以上も夜の生活はなくなっていることまで笑って話してくれました。

宴会がお開きになったので、「もう少し話しませんか?」とホテルのロビーから裏に広がる庭園へ出ました。
庭園の向こうはゴルフコースで、そのさらに先は湖でした。
松林の間に点在するベンチのひとつに腰を下ろしました。
色白のポッチャリした身体がぴたっと私に寄りかかってきます。
もう生理もあがりかけていて何年も女の悦びから遠ざかっているので、自分の意志に反して身体が男を求めているのではと身勝手に想像しました。

「ミユキさん、私と付き合ってくれませんか?」

単刀直入に言うと一瞬驚いたようですが・・・。

「こんな私のどこがいいのですか?人目もあることですし、職場で知られたらどうするんですか?」

そう言って顔を伏せます。
しかし、私を嫌っているようではなさそうです。
庭園を散歩するカップルやグループが近くを通るので、それ以上のことはできませんが、そっと肩を引き寄せて、「明日は私の車で帰りましょう」と約束して、それぞれの部屋へ戻りました。

翌朝7時にビュッフェで朝食を摂り、駐車場へ行くと、すでに彼女が待っていて、助手席に乗り込んできました。
同室の人達には、姑の看病があることを理由に早く出てきたそうです。

帰路、「少し休んでいきましょう」と、国道沿いのモーテルに車を入れました。

「こんなところ初めてです」

そう言って部屋の中を見てまわる彼女を、そっと後ろから抱き締めて唇を合わせました。
びっくりして逃げようとする彼女を正面に向かせて舌を入れていくと、おずおずと絡ませてきます。

「風呂に入りましょう」

先に衣服を脱いで入っていると磨りガラスの向こうに彼女の身体が見えて、間もなく前をタオルで押さえながら入ってきました。
私が想像した通り、真っ白な肌は眩しいほどで、陰毛はそれほど濃くはなく、薄っすらと割れ目が見えます。
乳房は豊かに垂れ下がり、三段腹にも色気が滲みます。

「こっちへおいで」

抱き寄せて右手で乳房を揉みながら、左手を下へ伸ばします。

「恥ずかしいわ」

そう言いながら、すでに硬くなっている私のモノに遠慮がちに手を伸ばしてきました。

「こんなに大きくなって・・・硬い!」

キュッキュッと扱くので、これではたまらないと湯船を出て、洗い場でお互いを洗いっこしました。
真ん中がへこんでいる腰掛けに座らせて、石鹸をつけた手で彼女のクリと膣の入り口を撫で洗いしてやりました。
それからお姫様抱っこでベッドへ運び、69を試みました。
彼女は息遣いを荒くして声を出しました。

「いいわぁ、ねぇ、いいの、もっとしてぇ~。もう入れて、ねぇ、早く入れて!」

おねだりするので正常位で挿入体勢になりました。
しかし、長年結合していないというのが本当なら痛みが伴うのではと心配になりました。

「どう?痛くならないかな?」

「わからないわ、そっと、ゆっくりとしてみて」

こちらにしがみついてきます。
中は想像以上にキツい感じです。
目を瞑っている彼女の固い表情は、少しずつ解れるように柔らかくなり、同時に彼女の腰が前へ前へと私の息子を咥え込むように出てきます。

「ああ、いいわぁ、これよこれ、もっとして。ああ、もうイキそう、ねぇイッていい?」

私も昇りつめてしまい、2人で同時にイキました。
彼女は身体全体をピクンピクンと震わせています。
私も、かねてから憧れていた女性との結合が叶い、満足感に浸りました。

時計を見るともう11時。

「早く帰らないと」と身支度をはじめると、「お昼までには帰るからと言ってあるので・・・」と髪の乱れに櫛を入れます。

今後も続けたいという思いはあるものの、お互いに家庭のある立場なので、連絡方法と時間の捻出が課題でした。
まだ携帯電話が普及していない頃でしたので。

日が経つにつれて彼女への思いは募ってくるものの、工場の職場で声をかけるようなことはできません。
ところがある日、昼に食堂の入り口でばったり会いました。

「もう一度会えない?」

さりげなく声をかけると、小声で「日帰りならなんとかなりそう」という返事が返ってきました。

「それでもいい。連絡を待っているから」と別れました。

数日後、食堂へ行くと彼女が寄ってきました。

「今度の日曜日、朝10時に駅前の公園で」

「わかった。公園の裏口から車に」

短い会話でした。

当日、約束の時間に行くと顔を隠すようにして乗ってきました。
午後5時までに帰宅したい旨を確認してモーテルへ急ぎました。
車の中での会話で、彼女の方もあれ以来、思い出すと濡れてくると言いました。

「そんな時はどうするの?オナニーでもする?」

からかうと、「意地悪!」と私の太股をキュッとつねります。

モーテルへ着くと、彼女は風呂に湯を満たし、衣服を脱いでガウンに着替えました。
この日のために私も家内との接触を控えて力を蓄えてきたつもりです。
浴槽で温まった後、洗い場で丹念にお互いを洗いっこ。
乳房から陰毛へ、さらにお尻の穴も泡の手のひらで撫で回します。
お湯をかけてやると、もう48歳だというのに白い肌に湯玉が弾けます。

ベッドではまず69を楽しみました。
ミユキの大事なところをいっぱいに広げて改めて見てやると、ビラビラの内側は鮮やかなピンク色で、そっと指でなぞると鼻声が出てきました。
彼女は喘ぎながらも裏筋を舐めしゃぶり、袋を口に頬張ってくれました。
息子の先から我慢汁が垂れてくると・・・。

「ねえ、もう入れたい?私も欲しいわ」

仰向けになってM字に足を開く彼女。
挿入後、「どこがいい?ここ?それともここ?」と確認しながらピストンしていくと・・・。

「うん、そこ、そこよ、もっと強くてもいいわ」

正常位をたっぷり楽しんだ後、「上に乗ってみる?」と騎乗位を促すと、「私、したことないわ」と言いながら跨がってきて、息子の上でお尻を落としました。
ヌルッとした感触がして一気に根元まで入りました。

「あ~ん、すご~い」

気持ちよさそうに腰を前後に揺する彼女。
新しい快感が絶頂に達したのか、「イク~」と言ったまま前へ倒れ込んできました。

「私たち、これから先もこの関係を続けられるかしら?」

「心配しても仕方がないよ、行けるところまで行くしかないよ」

この日はお互いに充実した5時間を過ごしました。