小学校6年時の夏休みの出来事です。
市民公園で友達と遊んでいると、ベビーカーを押した女の人が僕と友達(健)の所に近づいてきました。

「久しぶりね、覚えてる?大きくなったわね、何年生になったの?」

なんと、その女の人は幼稚園の時の担任の和美先生だったのです。

「わあ、ほんとに和美先生?こんにちは、今、6年生です」

和美先生と木陰のベンチで話をしました。
僕は卒園と同時に少し遠いこの街に引っ越したので、まさかここで先生に会うとは思いもしなかったんです。
友達の健とは初対面ですが、和美先生から見れば教え子と同じ子供ですから普通に色々話しました。
半年前に出産をして、2ヶ月前にこの街に越して来たということでした。
当時、先生は28歳で、子供の自分たちから見れば、赤ちゃんも連れているし、もうおばさんかな~って感じです。
和美先生はタレントの西村知美さんに似ており、美人の部類に入ると思います。

赤ちゃんってミルクの匂いがしますよね?
先生も乳児を持つ母親特有の甘ったるいミルク臭がしました。
授乳が終わる時期とはいえ、サマードレスの胸元は大きく盛り上がっていて、夏のイメージに合わないキレイな白い肌でした。

引っ越してきたばかりで、まだこの街のことがまだよく分からないらしく、色々聞きたいことがあるみたいでした。
冷たい飲み物でも、ということで公園の近くの先生の家に呼ばれました。
お菓子を食べながら話していると、急に赤ちゃんが泣きはじめました。

「おっぱいの時間ね」

そう言うと私たちの前でも先生は躊躇うこともなく服の前を広げました。
ブラジャーをしていなかったのか、いきなりブルンと大きなおっぱいを放り出し、赤ん坊に授乳しはじめました。
母親の垂れ気味の貧乳しか知らない僕は、マジでドキッとしました。
その頃、ようやく春が兆し始めた自分は、その光景を見るとチンコがむず痒いような感覚に襲われ、パンツの中で充血していく感触を感じました。
当時は今ほど性の情報は溢れていませんし、小学生男児は性の知識は学校でも教えませんから、本当に子供子供していた時代でした。
健はと言うと、小鼻を膨らませて先生の乳房をじーっと見ていました。
もぞもぞと座り直している様子から、私と同じように勃起していたんだと思います。

後で知ったのですが、先生は3人姉妹の末っ子でした。
そのせいか、かなりおっとりとした性格で、ちょっと天然っぽいところもありましたが、とても面倒見のいい母性豊かなやさしい人でした。

私たちの視線に何か感じたのでしょう、先生はチラチラ見ている私たちに向かって言いました。

「まだおっぱいに興味あるの?お母さんとはもうお風呂に入ってないの?」

私も6年になれば1人で風呂に入るよう言われていましたし、もう母親の乳房が恋しいなどとは考えてもいません。
そのとき、ハッと気付きました。
健のお母さんは、健が幼稚園の時に亡くなっていました。

「健はお母さんが小さい時に死んじゃってるから・・・」

「そうなの、それは辛かったわね。なんか困ったことがあったら言いなさいね」

健は恥ずかしそうに頷いていました。

その後、先生のお宅にスーパーファミコンがあったので、何回も遊びに行きました。
私がお盆休みに田舎に遊びに行っている間、2週間ほど健とは遊べませんでした。
田舎から戻ってきた翌日の昼過ぎ、健の家や公園に行っても健がいなかったので、仕方なく1人で先生の家にでも行ってみようと思いました。
先生の家は建売住宅ですが、南側が結構広い庭になっています。
玄関脇にベビーカーが置いてあったので、いつものように南側のテラスからお邪魔しようと思いました。
すると、健のスニーカーがあるではないですか。

(ようし、驚かしてやれ)

そっと窓に近づくと、何やら話し声がします。
リビングには誰もいません。
浴室横の脱衣場からタオルを巻いた和美先生と、その後に健が出てきました。
見てはいけないものを見た気がして、僕はとっさに隠れました。

「健君、こっちにおいで」

そう言って隣の和室に先生は入っていきます。
引かれるように健が後を追います。

(健と先生はお風呂に入ったんだ・・・。でもどうして?)

すっかり声をかけるタイミングを逸していました。
とにかく僕は2人が何をするのか気になって、和室の掃き出し窓に近づきました。
でも窓は閉まったままでした。
横に回ると隣のブロック塀の間に植木が何本もありました。
そこにちょうど頭が出るくらいの高さで窓があり、少し開いてレースのカーテンが掛かっています。
僕はそっと顔を近づけてみました。
和室に布団が敷かれていて、そこに2人は横になっています。

「あっ!」

思わず声が出そうになりました。
先生のタオルの前が広がり、健があの大きな胸に顔をつけているのです。
聞き耳を立てると、チュルチュル、ムグムグというような音。

「お母さんのおっぱいなんて覚えてないでしょう?私、お乳が出るから健君も赤ちゃんだね。沢山出るからいっぱい飲んでいいよ。美味しい?」

健君は頷くだけで夢中で先生のおっぱいを吸っています。
初めて見る先生の大きな乳房は、静脈が浮き出ていて真っ白です。
乳首は結構大きく薄茶色で、いかにもミルクが出るお母さんのおっぱいって感じです。
予想もしていなかった光景に目が点でしたが、聞き耳を立て続けました。
同時に私のチンコは痛いほど膨張してパンツを突き上げていました。
心臓はバクバクです。
覗いていることに気付かれたら?なんて心配する余裕などありませんでした。

中から秘めやかな囁き声が聞こえます。

「健君、太ももになんか当たってるよ?うふふ、おチンチンが勃っちゃってるの?おっぱいを吸いたがるから赤ちゃんみたいって思ってたのに・・・。どれどれ~、エーッ!思ったより大きい。びっくり!」

そう言うと健の顔を胸から外します。
先生の乳首が伸びて、プチュッという音がしました。
先生は起き上がり、健を仰向けにするとタオルを解きました。
健のペニスは私のとは明らかに形状も寸法も違っていました。
びっくりしたのは、先っぽの皮が剥けてピンク色の亀頭がツルツルしていたことです。

「いつからこんなになっていたの?」

和美先生は少し顔が上気して、声を潜めたようでした。

「おっぱいを吸って、お乳が出てからすぐ・・・」

「いつもこんなになっちゃうの?」

「ううん、前に赤ちゃんにオッパイをやってるとこを見て、それから時々こうなるようになった」

「健君のおチンチン、普通でも大きい方?お友達と比べたことはある?」

「そんなの分かんないよ。たまにトイレで見るけど、勃ってるとこなんか見たことないし」

「おチンチンが勃つと、その後はどうなるの?」

「知らないうちに小さくなってる」

「なんか出たりしない?ヌルヌルした白っぽい液とか出たことはない?」

「ないよ。何なのそれ?」

「そう。まだ体は子供なんだね」

「?」

聞き耳を立てていた私も何のことか分かりませんでした。
もちろん今ならわかります。
先生は、もうこの大きさの男性器なら、射精をするのではないかと思って聞いたんです。

「学校ではまだ体の仕組みを教えてもらってないの?」

「そういえば、女子はなんか集められてたような・・・」

「そう?女の人にはおチンチンがないのは知ってるよね?」

「うん、もっこりしてないし、立ちションもしないし」

「フフ、できないことはないけど、上手にはできないの」

「どこからオシッコが出るの?穴があるんでしょ?」

「そうね・・・。誰にも言わないって約束できる?そうしたら見せてあげる。健君のお母さん代わりだから、特別よ」

「うん、絶対言わない。誰にも言わない」

実の母親が息子にあそこの仕組みを教えるなんて、まあない話です、先生はそう言ったのです。
横座りしていた先生は腰を捻るようしてタオルを外すと、体育座りで足を開き、腰を前に突き出して両腕を後ろについて体を支えました。
おっぱいが揺れました。

「さあ、ここよ。ここに来て」

健が先生の足の間に顔を突っ込みます。

「私ね、毛があまりないの。大人になると男も女もそこに毛がいっぱい生えてるんだけどね。よく見えるでしょ?」

僕からは先生の足の間は暗くてよく見えませんが、そのポーズにとてもいやらしいものを感じました。

「うん、ビラビラがあって、その下がなんか濡れてる。オシッコの穴?」

「開いてあげるね、分かる?ヒダヒダの上に丸いポッチがあるでしょ?その下に見えにくいけどオシッコの穴があるんだよ。その下の穴は赤ちゃんが生まれる穴。そして一番下がお尻の穴」

「エッ!ここから赤ちゃんが生まれてくるの?ほんと?ここを通るの?」

「そうよ、出産の時は体の準備ができていて、そこも大きくなるの」

「じゃあなんでヌルヌルしてるの?」

「うふふ、女の人は性的に興奮すると自然とそうなるの。男の人に見られたり触られたりするとね。健君にそうされてるからなっちゃうのよ」

何を思ったのか、健は顔を先生の股間に押し付けて舐めはじめました。

「あっ、だめよ。ダメダメ、そんなことしちゃダメ。あっ、あんっ、うっ!」

たぶん男の本能なのでしょう。
いかにもむしゃぶりつくといった感じで、何度も何度も感触を確かめるかのように顔を振り、舐め続けました。

「女の人のそこは赤ちゃんを生む大事な場所なんだから、もっと優しくしないとダメ。優しくね」

そう言われると健は舐めるのをやめました。
液が口や鼻の先についています。

「お尻の穴も、もっと見せて」

「健君ってエッチね。そんなとこを見てどうするの?」

そう言いながら先生はうつ伏せになると、腰を上げて足を広げ、尻をぐぐっと突き出しました。
四つん這いになると先生のおっぱいは垂れ下がり、布団についてしまいます。
健は何かに憑かれたかのように大きな白い尻たぶの間に顔を寄せ、また舐めはじめました。
ぺちゃぺちゃと音が聞こえ、先生の体はときどきビクッと動き、腰が左右に揺れます。
おっぱいも動きます。

「はあっ、くすぐったいけど感じるわ。いい、上手よ、健君。うん、いい、いいわ、もう、もうだめ・・・」

不意に先生は体を起こして仰向けになると、がに股のような姿勢で健を挟み、健の体を自分の腹の方に抱き上げました。
先生は何も言わずに手を忍び込ませ、健の男根を探っているようです。
健は先生にされるがまま。
僕からはちょうど先生の手が健の勃起したチンコを触っているのが見えました。
そして先生が腰を揺すると、健のチンコが消えてしまいました。

「どう?どんな感じ?健君のおチンチン、あそこに入ったんだよ」

「あったかい、むにゅむにゅする、変な感じ・・・」

「先生も変な感じ、健君のちんちんも熱いよ、ドキドキしてる」

白い豊満な大人の女の体の上に、両足を揃えた少年の体が乗っています。
先生の白い太ももに、日に焼けた海水パンツの跡のある少年の尻が挟まれているその光景は、すごくいやらしく映りました。

「健君、腰を前に動かせる?先生も動くけど大丈夫かな?」

「うん、こう?こうかな?」

あの格好では腰を前後にストロークするのは無理です。
まるで腕立て伏せをするような姿勢で、へこへこと腰を揺すっているだけです。
先生は無理だと思ったのでしょうか、起き上がると健を横向きに寝させました。
ちょうど先生のお尻がこちらを向く感じになりました。
先生は四股を踏むような感じで健の股間に合わせます。
健のチンコは濡れ光っていて、先生が膝をついて上体を倒すと、お尻にチンコが見え隠れしています。
先生のお尻に健のチンコが飲み込まれていくように見えました。
思わず凝視しましたが、かなりグロい光景でした。

「どんな感じ?気持ちいい?」

「ちんちんがジンジンする」

先生の尻は短く上下に動きます。
結合部はさらに濡れてきており、肛門が開いたり閉じたりしています。
乳首の先から母乳がポタポタと垂れはじめました。
健に弄られている乳首が感じるのか、先生はときどき首を仰け反らします。
かと思えば、腰を動かしながらじっと健の顔を見つめています。
可愛い愛玩動物を見ている感じでしょうか?
不意に健は大きな声を出しました。

「先生、なんか変、おしっこ出るみたい、トイレに行きたい!」

「そう、いいのよ、そのままでいいの、おしっこじゃないのよ」

「あっ、あーっっ、変、んんんんっ・・・。おしっこが出る、うあっ、あっ、ううううーっ!!」

健の背中が先生を乗せたまま少しブリッジをしました。
足がピーンと突っ張っています。

「どう?気持ち良かった?」

「はあ、はあ、はあ・・・。お腹の底がキューンとなった。ちょっと怖かった」

「初めて精液が出たんだね。ピクピク動いていたものね」

先生は枕元のティッシュを取ると、健の上から下りて股間に当てました。

「匂いは精液っぽいけど、まだこれからだね。これが大人の女の人のお腹に入ると赤ちゃんができるのよ」

「先生、赤ちゃんができちゃうの?」

「大丈夫よ。できる日とできない日があるの。そのうちに習うわ」

「よかった~。僕、パパになるのかと思った」

私の股間はパンパンで、半ズボンが突っ張って痛かったのを覚えています。

「キレイにしてあげるね」

そう言うと先生は健の半立ちのチンコを咥えました。

(ゲッ!!汚え!)

その時は正直そう思いました。
健は気持ちよさそうにしています。

「先生、もう1回してもいい?」

「じゃあ今度は後ろからしてみる?」

先生が四つん這いになってお尻を健に向けます。
健のチンコはすでに屹立しており、股間から先生の手が出てきて誘導すると、すんなり合体に成功しました。
健の細い尻が、先生の白い尻にぶつかっていました。

「あーっ、先生、また出る、はっ、ううっ!ううっ!」

健はキュッキュと尻をすぼめて射精しようとしているのでしょう。

「来て、出して、いっぱい出して、あああ!ああん、いっぱい出てる~。あったかいのが出てるのがわかるよ!」

私はあまりの先生の乱れように呆然としてしまいました。
同時に、普段とは違う和美先生の姿に興奮を抑えられませんでした。
そしてこのときの強烈な体験が僕の性的嗜好を形作ってしまったようで、今も覗きに興奮してしまいます。