年の瀬に入院してしまいました。
まだ街がクリスマスのイルミネーションで盛り上がっている頃で、なんとも切ない年末だと感じていました。

入院から数日経つと僕の体調はすっかり良くなっていましたが、退院は年が明けてからとのことでした。
30日から31日にかけて同部屋の人達は続々と一時帰宅をして、大部屋には僕1人だけになってしまいました。

大晦日の夜、1人寂しく紅白を見ていると、時刻は消灯時間の午後9時を過ぎました。
すると僕のお気に入りの看護師の小麦ちゃん(少し黒くて可愛いギャル系)が、「紅白見てるの~?」と笑顔で入ってきました。

「もう消灯の時間ですね」

「今日は最後まで見ててもいいよ、誰もいないし」

そう言って血圧測定と体温測定をやってくれました。

「なんか大部屋で1人だとめちゃくちゃ寂しいですね」

「たくさん人が帰ったから私たちも暇でね」

退院が2日になると聞き、僕も少し明るくなりました。
しばらくしゃべっていると突然小麦ちゃんが笑顔で聞いてきました。

「ねぇ、溜まってない?」

「え?・・・何が?」

黙って僕の股間を指差す小麦ちゃん。
さっきよりもっと笑顔で聞いてきました。

「溜まってるでしょ?抜きたい?」

たぶん僕は顔が真っ赤だったと思いますが、恥ずかしいのを悟られないように、「うん、抜きたい!」と返事しました。

「よし!じゃあ抜こう!」

小麦ちゃんは一旦病室を出ると、蒸しタオルを持って戻ってきました。

「さ、パンツ脱いで。早くしないと怪しまれるから!」

僕は急いでベッドの上でズボンとパンツを下ろしました。
小麦ちゃんが温かいタオルで丁寧に拭いてくれて、僕のアレはギンギンに勃起しました。

パクッ。

いきなり小麦ちゃんが咥えてくれました。

「アァ・・・」

思わず声を漏らすと、「シー・・・」と言って微笑みます。
広い病室でチュパチュパと音を立て舐めてくれました。
たまらずナース服の上から小麦ちゃんの乳房を揉んでいると、「おっぱいだけだよ・・・」と言って小麦ちゃんが見せてくれました。
Dカップくらいでしょうか、結構ボリュームがあって僕が夢中でしゃぶりつきました。
乳首を舐めていると小麦ちゃんの手が僕の股間を容赦なく刺激してきました。

「もう・・・ダメかも・・・」

僕がそう言った直後、ビクビクっと震え、溜まっていた濃厚な精液がドクドクと溢れ出ました。

「キャハ・・・すごい出てるよ」

小麦ちゃんはそう言って絞り出すと、タオルで拭いてくれました。

「満足した?」

「いや・・・まだ・・・かも・・・」

「欲しがるねぇw」

今度はタマを手で刺激されながら舐められ、あっという間に2度目の発射に導かれました。
ツイていないと思っていましたが、最高にラッキーな大晦日になりました。