俺の初体験は19歳のときで、相手は叔母さんだ。
そのとき叔母さんは独身で34歳だった。

俺は大学受験に失敗して浪人することになった。
家では他の兄弟がうるさくて勉強に集中できないから、寮のある予備校に入りたいって頼んだんだけど、下の兄弟の学費もあるから無理だって言われた。
で、しばらく家で勉強していたんだけど、やっぱできない。
ちょっと息抜きにテレビでニュースを見てるだけでも、「勉強しろよ~」とかって弟がちゃかしてきて。
最初は我慢してたんだけど、とうとう腹が立って、弟のことを軽く突き飛ばしちゃったんだ。
まぁケガをさせるほど強くでもないけど、そのときの俺はかなり怖い顔をしてたんだと思う。
ストレスの限界なんだろうと親も感じたらしく、俺は独身の叔母さんの家に預けられることになった。

叔母さんの家は、うちから車で30分ほどの距離。
叔母さんは一流大学を出てバリバリ働いていて、中古だったそうだけど一戸建てを買った。
だから部屋は余ってるってことだった。

2階の部屋を使わせてもらうことになって、叔母さんはたまに俺の勉強も見てくれた。
俺は住まわせてもらう代わりに、洗濯とか、料理もレシピサイトを見たりして勉強して、夕食と朝ごはんを作るようにした。
上達が早いと料理を褒めてもらって上機嫌になった俺は、洗濯もこだわってしたいって思うようになった。

で、いつもお世話になっているお礼に、「これはさすがに自分で洗うから」と叔母さんが分けている、めちゃくちゃ繊細なレースの下着類を手洗いで洗うことにした。
インターネットでやり方を見ながら、洗面器に浸け置きして、よく揉んでから、水気がなくなるように手でぎゅーっと挟んで・・・と、ひと通り綺麗に洗濯して干して、夕方パリッと乾いた頃に取り入れた。
その日、仕事から帰ってきた叔母さんは綺麗に畳んである下着類を見て、恥ずかしそうに笑ってくれた。

「もう、これはいいって言ったのに。・・・でもありがとうね。夜、勉強でわからないところがあったら言ってね」

その夜は特にわからないところはなかったから早めにノルマも終わって、いつもよりも早い時間に寝た。

翌朝、早く寝たぶん、かなり早く起きてしまった。
朝食作りをしてから、とりあえず洗濯物を色物と分別しておこうと思って洗濯かごのところへ。
ふと掴んだ洗濯物がぬるっとしていて、びっくりして見てみたら、叔母さんのパンツだった。
もしかして洗剤が残ってたのかもと思って裏返して見てみたら、黄色っぽい染みがついていて、そこがヌルヌルしている。

(もしかして叔母さんもオナニーとかするのだろうか?)

独身って言っても、30代って女の人が一番性欲が強くなる年齢だって聞いたことがあったし、俺のことを心配してこのところ毎日まっすぐ家に帰ってきてくれるから、恋人がいたとしてもデートもできていないのだろう。
叔母さんに恋人がいたとしたら、どんな人だろう。
叔母さんはどんなふうにセックスをするんだろう・・・?

そんなことを考えたら興奮してしまって、脱衣所で叔母さんのパンツの匂いを嗅ぎながら、声を殺してオナニーをした。
久しぶりの射精だったから勢いが良すぎて、思わず叔母さんの下着で押さえてしまった。
まずいと思ったときには大量の精液でベタベタ。
そのことは叔母さんに打ち明けず、普通に一緒に朝食を食べて叔母さんを送り出してから、下着を手洗いで洗った。

それから夕方までみっちり勉強して洗濯ものを取り入れたんだけど、叔母さんのパンツだけ何やらパリパリしている。
たぶん精液が綺麗に洗いきれていなかったんだと思う。
やばいと思って、そのパンツは自分の部屋に持っていって、精液の洗い方を調べてみた。
翌朝、もう一度綺麗に洗ってから返すことにして、仕事から帰ってきた叔母さんと一緒に夕食を食べて、お風呂に入ってまた勉強。
すると日付が変わる頃になってドアがノックされた。

「ユウ君、勉強の調子はどう?ココア持ってきたよ~」

叔母さんが入ってきて俺のノートを覗き込んだ。

「よくできてるじゃない」

ニッコリして俺のベッドに座ろうとして、(あれ?ベッドが軋む音がしないな)って思っていたら、叔母さんのちょっと困った声。

「ユウ君、これ・・・」

どうしたんだろうと振り返ったら、叔母さんの手には、洗い直して返すつもりだったパンツがあった。
正直に、そのパンツの匂いを嗅ぎながらオナニーしたこと、精液で汚してしまって洗ったけど上手く落ちなかったこと。
明日、もう一度洗い直してから返すつもりだったことを話した。

「正直に話してくれてありがとう。ユウ君はいい子だね。やっぱり女の人が一緒だと勉強に集中できない?あ、でも私はオバサンだけどね~」

「オバサンなんかじゃないよ!」

照れ隠しに笑う叔母さんに思わず俺は大声で言い返してしまった。
恥ずかしくなって小声で言った。

「学校でも、叔母さんみたいに綺麗で胸のおっきい女子とかいなかったし・・・。そりゃ、気になるっていえば気になるけど、静かだし、勉強するにはいい環境だよ」

そしたら叔母さん・・・。

「じゃあ1回してみる?私がオバサンだってわかったら気にならなくなるわ」

俺のことを手招きしてきて、叔母さんに指示されるままに素直にベッドに寝転んだら、叔母さんが俺に跨がってきた。

「この下着は返さなくていいからね。お守りってわけじゃないけど、ユウ君にあげる。でも、匂いで興奮するんなら、やっぱり直のほうがいいんじゃない?」

そう言うと俺の顔の上に跨がってきた。
叔母さんのあそこがぴったり鼻と口を塞いできて、苦しいんだけど、あったかくて柔らかくて気持ちいい。
おまけに、なんかすっぱいような、汗のような・・・とにかくいい匂いがした。
俺は叔母さんの太ももを手で引き寄せて、下着越しにあそこを思い切り舐め回した。
あそこの汁も全部吸うつもりで音を立てて吸った。
叔母さんの柔らかい尻がビクビク跳ねていて、だんだん叔母さんのあそこがさらに熱くなってきて・・・俺の顔が愛液でヌルヌルになって、しかも酸欠気味でクラクラしてきた。
そしたら叔母さんが腰を浮かせて・・・。

「今度は私の番ね」

って、フェラチオをしてきた。
もうすでにギンギンで、先っぽから我慢汁がダラダラだったんだけど、舌先でペニスの先の丸いところにクルクルと塗り込むようにされた。
舌の熱くて濡れた感触がこんなに気持ちがいいなんて知らなくて、俺はすぐにイッてしまいそうになった。
でも、イクなら叔母さんの中でイキたい。

「叔母さん、俺、すぐ出ちゃうから・・・叔母さんの中に入れたい」

ダメ元で言ってみた。

「ちょっと待ってて」

叔母さんは部屋から出ていってしまった。
そして、すぐに戻ってきた叔母さんの手にはコンドーム。

「避妊はちゃんとしなきゃね。付け方、ちゃんと見ておきなさいよ」

先っぽを指で摘んで空気を抜いて、クルクルとゴムを下ろしていく指先はやっぱり年相応に慣れている。
ペニスの根本までゴムが付けられて、その上に叔母さんが跨がって・・・。

「今日は私が動くね。どういう風に動けば女の人が気持ちいいか教えてあげる。これも勉強みたいなものよ」

叔母さんが笑いながら腰を下ろしてきた。
クッと軽い抵抗を感じて、すぐにヌーっと中に入った。
ゴム越しにもわかる膣内のあったかさと、甥とセックスをしていることに興奮しているのか、きゅうきゅうと締め付けてくる叔母さんの膣の動きがめちゃくちゃ気持ちいい。
叔母さんは、腰の接合部分はくっつけたまま腰を前後させてきた。
叔母さん自身の気持ちいい部分に当たるのか、さっきまでより締め付けが強くなった。
そのままペニスを立てるようにして垂直に腰を振ってきて・・・。

「う・・・ぅ、も・・・叔母さん、イクっ!」

「いいよ、イッて・・・叔母さんも甥っ子のおちんちんで、もうイッちゃ、うぅんんッッ!」

びくん!と何度か大きく震えて、ペニスを搾り取るみたいに中が蠢いて・・・俺は呆気なく、ゴムの中にたっぷり射精した。

「模試の成績が上がってたら、ご褒美にまたエッチしてあげる。だから勉強がんばんなさい」

叔母さんは俺の頭を撫でてくれて部屋を出ていった。

もちろん俺はがむしゃらに勉強して、何回か叔母さんとセックスをした。
無事、叔母さんほど一流ではないけど志望校に合格。
大学に入ってからは、叔母さんとのセックスで自信もついていたから、何人かの女の子と付き合ったりもした。
でも結局、叔母さんの方が気持ち良かった。

母さんには絶対に内緒だけど、今もたまに叔母さんの家に遊びに行ってセックスしている。