私も息子と関係を持つようになり、もう息子の体から離れられなくなってしまいました。

私は42歳で、息子は学生です。
いきさつからお話しすれば長くなります・・・。

ある日、ご近所で私が親しくしている方のお風呂場を息子が覗いていたと、苦情の電話を受けました。
その方は、「年頃の男の子だから、おばさんの裸でも興味を持ったのでしょう。だからあんまり大袈裟に叱らないで、でも注意だけはしておいて」と言ってくれました。

主人は建設資材の営業で甲信越地方全体を担当していて、週に2日ほどしか家に帰ってきません。
普通でしたら主人に相談をするところでしょうが、15年前に私が流産して赤ちゃんが出来ない体になってしまってから主人とはセックスもほとんどなくて、いわゆる仮面夫婦と言いますか、心を広げて言葉を交わすことがないのです。
赤ちゃんが出来ない体になっても、女にだって普通に性欲があることを理解しようとはしない人なのです。
その苦情の電話を切ったあと、息子と話さなければと思いながらもきっかけが掴めずにおりました。

主人が出張でいなかったある晩、私がお風呂に入っていると、脱衣場に忍び足の息子の影が映り、洗濯機に入れておいた私の下着を持ち出そうとしておりました。
私は勇気を振り絞って、「ショウちゃんもお風呂に入ったら」と言いました。
努めて冷静にと言いましようか、さらっと言ったつもりでしたが、声が少し上擦っているのが自分でもわかりました。
息子はぶっきらぼうに「うん」と一言、返事を返してきました。

すぐに息子は服を脱いで裸になってお風呂に入ってきて、突っ立ったまま私の裸をまじまじと観察していました。
私は恥ずかしさを隠して笑いながら、「どこを見てるのよ」と言って、おっぱいとあそこを手で隠しました。

「たまには母さんの背中を流してよ」

そう言うと壁に向かって座りました。
息子は私の背中を洗いはじめました。

「洗うのが上手ね」

そう褒めてあげると、少し大胆になった息子は、「前も洗ってあげる」と言って私を振り向かせようとしました。
私は、「前は自分でするわよ」と言いましたが、息子が洗い始めたのでそのままにさせていました。
息子はタオルを手に持って、私のおっぱいを愛撫するように洗いました。
乳首を弄られていると少しずつ大きく硬くなってきて、気が遠くなりそうでした。

おっぱいを洗ったあと、タオルを腹から腰、股間へと下げてき、私のアソコを洗おうとしました。

「そこはダメよ」

私は少し厳しい声で言いました。
そしてその時、「なぜなの?どうして近所のおばさんのお風呂を覗いたりしたの?」ときつく問いただしました。
息子は、そのことを私が知っていたことに驚いてビクッと手を止め、そのあとは黙ってただ俯いているだけでした。

私はなんだか息子が可哀想に思えてきて、努めて明るい声で、「女の裸なんてみんな同じよ」と言いながら、息子の方を向いてタオルにボディソープをつけて息子の首筋や肩を洗い始めました。
私の手は息子の胸から腹へと順に下りて、ついに息子の股間に達しました。
息子のアレはビンビンに勃起していました。
私はそれを見て、「ほんとに大きくなったのね」と感心してつぶやきました。

「母さんの裸がセクシーだから勃起しちゃったんだ」

私は「何言ってるのよ」と笑って、タオルで息子の勃起したそれ洗いながら、「毎日オナニーしてるの?」と聞きました。
すると息子が「今、手でオナニーして」と言ってきました。
私は何も言わずに、素手で息子のそれをしごきはじめました。

「いつものオナニーより気持ちいいよ、出ちゃう」

息子が口走りましたが、私は「すごく硬いわね」と言いながら亀頭の部分を刺激するように擦り続けました。
とうとう我慢できなくなった息子は、私の両肩に手を置いたまま射精しました。
私の胸やお腹に息子の精液が飛び散りました。

「やだぁ、こんなに出して」

私は笑顔で自分の体や息子の股間にお湯をかけてきれいに流しました。

「すっごく気持ちよかったよ。明日もして」

息子はそう言うと恥ずかしそうに笑いました。

「父さんには内緒よ。もうよそのお風呂場なんか覗かないでね」

私はそう返して、お互いの体をタオルで拭いて浴室を出ました。
じつは私も興奮していました。
布団に入っても体が火照って眠れず、久しぶりにその夜、オナニーしてしまいました。

それから息子と男女の関係になるのには、そう時間はかかりませんでした。
次の日からお風呂場でのフェラチオが日課になりました。
主人とはフェラチオなんて数えるほどしか経験していなかったのに、息子とはほとんど毎日するようになってしまいました。
私は息子にフェラチオをしてあげながら、自分の指でオナニーをするようになりました。

そして1週間と経たないうちに、とうとう夫婦のベッドに一緒に寝て、息子の体を受け入れました。
息子をベッドに誘ったとき、私はもう最初から濡れていました。
息子のアレが私のアソコに触れて、押し開いて入ってきた時、忘れていた女の感覚を呼び覚まされました。
息子の若く逞しい体が私の上で躍動し始めた瞬間から私は声を上げていました。
5分もしないで息子の精液が体の中に打ち込まれた時、もう私は狂ってしまいました。
続けて数回のセックスをして、心地よい疲れで深い眠りに落ちました。

今では息子はクンニもしてくれるし、色んな方法で私を愛撫してくれます。
まるで同世代の愛人のようにセックスも上手くなって、私を必ず絶頂にまで押し上げてくれます。
息子に激しく貫かれて絶頂を迎えているとき、私はいつもこのまま息子と駆け落ちしたいと思うほど、息子の体から離れられない女になってしまったのです。