「アレしてよ」

部長の高橋さんが耳元で甘く囁きます。
アレって、つまりアレです。
男の人の感じる部分を咥えることです。
セックスをはじめる前に、高橋さんはその行為を求めます。
それで勃起状態にして私を求めるのです。

うぐっ・・・むぐっ・・・ううぐっ!

もう何度これをしたことでしょう。
最初は慣れなくて笑われてましたけど、最近では「プロ級だ」なんて言われるので、だいぶ上手になっているんだと思います。
頭を前後させながら顔を見ると、目を閉じて眉間にしわを寄せてますから気持ちいいのでしょう。

「ウッ・・・アアァ・・・ン」

乳を掴まれて乳首を吸われます。
私のフェラが上達したように、高橋さんの愛撫も上手になってきたと思います。
どうしたら私が感じるのかわかってるみたい。
最初の頃と愛し方が違うので、色々研究したのかもしれません。
奥さんとは違う愛撫を受けているような気もします。
40代の奥さんに対して、こんなに執拗な愛撫はしないでしょう。
そう思うと、部長の愛人も悪くないかなって思います。

自分が奥さんとは違う“女”として受け入れられてることに歓びを感じます。
自尊心が満たされます。
これって、愛人でいることのステータスみたいなものでしょうか(笑)

「今度のバレンタインデー、1泊でどこか行こうか?」

行為の後、高橋さんが優しく言いました。

「無理なさらないでいいですよ。奥様と過ごされた方が・・・」

「君は何か予定があるの?」

「従姉が手術をしたので、そのお見舞いに行きます」

「そう、じゃあまたの機会だね」

従姉の手術なんて嘘です。
じつは私、ある男性から食事に誘われているのです。
彼は2歳年上の30歳の独身で、総務部にいます。
2週間ほど前、給湯室で告白されました。
悪い気はしませんでした。
いつまでも部長の愛人をしているわけにもいかないし、付き合ってみていい人だったら結婚してもいいかなって考えました。
愛人も悪くないけど、不安定ですし。
私だって、将来のことを考えます。

バレンタインデーの日、とりあえず喫茶店で会いました。
本命ってわけじゃないですけど、ちょっと高めのチョコを渡しました。

「ありがとう」

でも、彼の表情が暗いんです。
深刻な顔をしています。

「どうしたんですか?」

「言いにくいけど、言ったほうがいいよね」

「何ですか?」

「真穂さん、高橋部長と付き合ってるだろう」

「え、まさか」

「隠したって無駄だよ。証拠はある」

「そんな・・・いい加減なこと言わないでください!」

(どうしてばれたんだろう。よりによって彼に・・・)

「ずいぶん深い関係になってるみたいだね」

「証拠を見せてください」

「見せても仕方ない。見せようが見せまいが君が高橋部長の愛人であることは事実なんだから見せるだけ無駄さ。・・・この前、君に告白したこと、取り消すよ」

彼はそう言って店を出ていきました。

「アレしてよ」

高橋さんがフェラを要求します。

「すみません。今日は激しく抱いてください。ただひたすら抱かれたいです」

「どうした?」

「こういう日もあります」

「そうか、そういう日なのか」

「ああッ、あッ・・・ああァァァ・・・」

47歳の既婚男性の男根を受け入れて喘ぎまくる私。

愛人って何でしょう?
愛人は愛人でいるしかないのでしょうか。
今のままでいいのかすごく不安です。
その不安を消すために、とりあえず部長に抱かれる私です。