R「ヤァッ、無理!!もうダメッ!!イヤッハァァンッアァァッイヤッ!」

お構いなしにイッたばかりのマンコを掻き回します。
中からはクチャクチャといやらしい音が・・・。

私「オラ、もう1回イケ!」

R「アァァダメッ!!イヤッダメ!!もう無理!!ホントに無理!!ァァァ・・・もうダメ、イク!イッちゃう!」

ビクンビクンと2度目の絶頂を迎えたR。

R「ハァハァ・・・お願い・・・もう触らないで・・・お願いだから・・・」

フェラは諦め、ぐったりしているRの足の間に入り、ビンビンになったアソコをマンコの入口に宛てがいました。

R「え!嘘!?ヤァ!止めて!入れないで!お願い・・・それだけは・・・フェラしてあげるから!お願い・・・アアアッ!」

言ってる間に入れてやりました。
しかも生で。

私「もう入っちゃったよ」

R「ヤァッ!!お願い、やめて!!抜いて!抜いて!やだぁ!」

私「動くよ?」

もう処女じゃないので初めから激しく腰を打ち付けてやりました。

R「ヤァッイヤッ!!ハァッダメ!!激しい!!アアアッ激しいよ!!ダメッ!」

私「気持ちいいでしょ?もういいじゃん!正直になりなって!」

R「ダメ!!抜いて!!彼氏いるんだから!」

私「正直になれって!」

Rの足を持ち上げて、上から打ち付けるように強く突いてやりました。

R「アッアッアッアッハァッ、イヤッ、アァァンッ、ヤバい・・・奥まで来てる!」

私「気持ちいいでしょ?」

R「アッアッンンッ、アァァッ、ダメッ、激しいよ!!気持ちいい!」

とうとう落ちました。
後はお互いに快楽を味わうだけです。

私「そうか、気持ちいいか!俺も気持ちいいよ!!Rのマンコ、キツくていいよ!」

R「そうなの?ハァッ、分かんないけど・・・ハァッハァッ、私もおっきいのが気持ちいいよ!」

私「彼氏のとどっちがいい?」

R「こっちの方が、アッアッ・・・太くて、ハァッンッ、気持ちいい!」

お世辞かもしれませんが嬉しかったです(笑)
そして私にも射精感が・・・。

私「アァ、そろそろイキそう・・・」

R「ハァッ、いいよ!ハァッハァッ、イッていいよ!」

私「ホントに?もうイッていい?」

R「いいよ!ハァッハァッ出して!!いっぱい出して!」

私「生で入れてるけどホントにいっぱい出していいの?」

R「えっ?嘘!?生!?ヤァッダメッ!!出さないで!」

私「『いっぱい出して』って今言ったじゃん!あぁぁ・・・出すよ!!中にいっぱい出すよ!」

R「ヤァぁぁぁ!?やめて!!中には出さないで!!お願いだから中はやめてぇ!!妊娠しちゃうから!!赤ちゃんできちゃうから!」

私「あぁぁ・・・もう限界!!イクよ!!出すよ!」

R「やぁ!!ホントにダメ!!出さないで!」

私「あぁぁもうダメ!!イクッ!」

R「イヤァァァ!!やめて!」

ビュッビュッビュッ!

ギリギリで抜いてRの顔に出しました。

R「ンンン・・・ハァッハァッ」

私「あぁぁ・・・気持ち良かった・・・」

R「生で入れてるとか・・・できてたらどうすんのよ?」

私「てか前も1回生でやったじゃん。中で出してないから大丈夫だよ」

R「マジでびっくりしたし!!もうホントに出されるかと思ったよ(笑)」

私「ホントに出そうかと思ったよ(笑)。『いっぱい出して』って言うからさ(笑)」

R「もうホント意地悪(笑)。てか、またしちゃったし(笑)」

私「まぁいいじゃん、誕生日おめでとう」

R「バカかよ」

私「初イキはどうだった?」

R「気持ち良かったよ!ありがとね!」

私「次は入れてる時にイケるようになんないとね」

R「バカ(笑)!彼氏のでイケるようになるから!」

私「でもRのマンコ、キツくて締まりがいいから、イカせるまで彼氏が持たないよ。正直俺も持たない(笑)」

R「そんなに?自分じゃ分かんないよ(笑)」

私「一昨年したのだって忘れらんなかったもん。てかさ、フェラしてもらってないからちょっとやって」

R「えぇ(笑)マジ!?」

私「もう今日は彼氏のことはいいじゃん」

R「結局犯されちゃったしね!!もういいよ、してあげる(笑)」

ズチュズチュ・・・ズボッグチャ・・・。

(エロい音立てるな~)

Rのエロフェラに興奮してまた立ってきたので2回戦に♪
今度も1回イカせてから挿入しました。
さっきも生でやったので、絶対に中出ししない約束で正常位で生挿入を許してもらいました。

私「じゃ入れるよ?」

R「いいよ・・・入れて・・・ハァァァン・・・」

私「ハァッハァッハァッ」

R「アッアッアンッヤァァッ!おっきい!!太いよ!!アッアァァンッ」

パンパンパンと激しくぶつかる音が部屋に響きます。

私「ねぇ、バックからしてもいい?」

R「やったことないよぉ・・・」

私「じゃあしてみよ?」

R「いいよ」

初バックまでしちゃいました(笑)
案の定、後ろからは締まりが半端ない!!

私「アァァ、締まりがヤバい!」

R「アッすごい・・・キツい・・・さっきよりおっきい!」

私「動くよ!」

R「アッアッアァァンッ、ハァッンッ、イヤッダメッ、ちょっと待って!変な感じ!ちょっと痛いよ!」

私「慣れれば大丈夫だから我慢して!気持ちいいから!」

R「アッアッウゥ・・・ンッハァッンッ、アッヤバい・・・すごい奥に当たる!」

パンパンパン!鳴らして激しく腰を打ち付けると・・・。

R「アァァッダメッ、すごい・・・奥に・・・奥に当たってヤバい!」

左手で胸を揉み、右手でクリを弄ってやると・・・。

R「アァァンッ、イヤッ、ダメッ、ヤバい!!気持ちいい!!アッアッハァッンッンッ、イヤッ!」

最後は正常位でイキたかったので、体位を変えて腰を掴んでラストスパート!!

R「アァァッ、イヤッ、アッハァッハァッンッンッ、激しい!!奥に・・・奥まで来てる!!アァァッダメッ!」

私「ヤバい・・・気持ちいい!!イキそう!」

R「中はダメだからね・・・外に出してね!」

私「じゃあ口に出すからね!!すぐ咥えてフェラしてね!」

R「うん!!アッ、わかった、ハァッンッアッアッアッハァッンンッ」

私「ああイク・・・あぁぁ出る!!出るよ!!出すよ!」

R「あぁぁ!!出して・・・いっぱい出してぇ!!いっぱい出して気持ち良くなってぇ!」

私「イクよ!!あぁ!」

抜くと同時に素早く起き上がり、私のモノを咥えてフェラするR。
ズチュズチュッと咥えられて、あっという間に口に出してしまいました。

R「ングッングッ・・・ンンンッ」

私「全部飲んで」

R「飲んだよ・・・」

私「バックはどうだった?」

R「すごい奥に当たる。でも最初少し痛かった。それにやられてるとすごいエロい体勢だなって思った(笑)」

私「そっか。お尻の穴まではっきり見ちゃった(笑)」

R「やぁもう!!なんでそんな恥ずかしいこと言うのよ!!」

私「見えちゃうからさ(笑)」

R「バカ!!(笑)」

その日はそのまま1泊して、朝にもう1回してから帰りました。

「今度は初中出しさせてね」

「絶対無理!!(笑)てかもうさせないから(笑)!」

そんな会話で別れました。
Rの誕生日でしたが、結局私の方が美味しい思いをしました。
彼氏がいても最終的にエッチさせてくれるから、また連絡が来たらできるかも。
その時は初中出しをするつもりです!