娘婿との体験について、私の拙い体験ですが書いてみます。

半年くらい前から毎週1回、娘婿のタカシさんは私の家を訪れます。
私は準備万端整えてタカシさんを迎え入れます。
もちろんタカシさんが来る時は家には私1人きり。
そしてタカシさんは、絶倫とも思えるほどの精力と性欲で、長らく生殺しの状態で持て余してきた、熟れきった私の体をたっぷり潤し、満たしてくれます。

私のところへ来る前からムラムラが抑え切れない時、タカシさんは私にメールをしてきます。
メールの中身は、『今日は玄関で大股を開いて迎えて下さい』か、『今日はお尻を突き出して迎えて下さい』のどちらかです。
ノーパンであることとアソコをたっぷりと濡らしておくことは、毎回の決まりごとになっています。
最初は火が出るほど恥ずかしく感じましたが、今はタカシさんのいやらしい指示を拒むことのできない体になってしまっております。

玄関で痴態を晒してタカシさんをお迎えする時は、タカシさんも抑え切れない状態の時なので、玄関を入り、後手に鍵を閉めると、すぐにベルトを外してズボンを脱ぎます。
パンツを下げると、ブルンという勢いで、はち切れそうに上を向くペニスが飛び出します。
そして準備万端整えている私のアソコへ突き入れるのです。
私も準備万端整っているので受け入れ態勢はバッチリです。
と言うより、こうしてもらえることが分かっている私の体は、タカシさんが来る前から想像し期待して、欲しくて欲しくて仕方なくなってヒクヒクと疼いています。

性欲が臨界点を超えたタカシさんは、玄関で私にグサグサとペニスを激しく突き入れ、10回にも満たない突き入れで、私は昇天してしまいます。
毎回ではないですが、3回に1回くらいは、こんなふうに私を可愛がるタカシさんです。

私とタカシさんが、こういう関係になったのも、私、タカシさん、私の主人、娘(タカシさんの妻)の、それぞれの性癖や事情が絡み合ったせいでした。
娘婿との肉体関係は、普通では禁断の関係のはずです。
もちろん私も、娘の旦那さんを私のセフレにすることは、いけないことだと最初は考えていました。
しかし数ヶ月かけて、それぞれの事情が絡み合い、何も問題がない形で私はタカシさんに、これまで味わったことがないほどの淫靡な快感を体に染み込ませてもらっています。
つまり私とタカシさんとの関係は、主人も娘も了承しているのです。

まずは私たち夫婦の関係からお話しいたします。
どこにでもある話ですが、主人は歳を取るにつれて性欲、精力が減退し、約2年前から私たち夫婦はセックスレスに近い状態になっていました。
これも割とある話ですが、私はというと身体が熟して、むしろ若い時よりも性欲、精力ともに旺盛な状態です。
子供が独立して夫婦2人の生活になり、ストレスや家事の負担が激減し、正直身を持て余していました。
主人も、そんな私の状態を察知して、月1くらいで、オモチャを使った愛撫をしてくれるようにはなりました。
ただ、所詮はオモチャです。
バイブなどで昇天することはできますが、人の温もりには敵いません。
私は最低限の快感で我慢するしかありませんでした。

1年以上その状態で過ごしてきましたが、私があまり満足していないことに気付いた主人は、長年封印していた願望を口に出しました。
主人は数年前から自分の性欲、精力が激減しはじめ、十分に私を満足さられなくなるにつれて『寝取られ願望』が出てきたらしいのです。
しかし、やはりアブノーマルな世界に私を引き入れることに躊躇して、数年間は言い出せずにいたようです。

もちろん私も最初は抵抗があり断ってはいましたが、主人の執拗で真剣な頼みを断り続けることに次第に気が緩んでいきました。
何度断っても主人は願望を諦めず、バイブで私を責めながら寸止めを繰り返して私に承諾を求めました。
主人は寸止め地獄に私を陥し入れ、「寝取られを約束したらイカせてやる」と言ってきました。
そんな状態で承諾しないわけにはいきません。
私は寸止め地獄から解放されたくて、泣きそうになりながら、寝取られを約束してしまいました。
内心、そろそろ仕方ないかなと思ってはいましたが、世間体なども考えると承諾する理由が欲しかったのです。

ただし、“お互いに気に入った相手”というのを、寝取られてもいいという条件にしていました。
すると今度は、「誰がいい?誰がいい?」と主人から矢の催促。
1ヶ月ほどあれこれ候補を上げてきた中で、娘婿のタカシさんに対する私の反応だけが違っていたようです。
主人が言うには、嫌なタイプには私自身が「嫌だ」と言うのに、娘婿のタカシさんの時には、「義母で年増なおばさんの私なんか、タカシさんが嫌に決まってますよ」と言ってしまったのです。
主人は目ざとく私の違いに気付いたようです。

「じゃあ、お前の相手はタカシに決まりだ」

そう言ってきました。

「何言ってるの。タカシさんが嫌がるに決まってるって言ったのに」

しかし主人は取り合わず、「タカシなら大丈夫なはずだ。俺には目算がある。それに、またお前はタカシが嫌がるとしか言ってない。つまりお前はオッケーだということだ。あとはタカシだが、そっちも大丈夫だから、これで決まりだ」と決め付けてきました。

私には、娘しかできなかったので、娘婿のタカシさんを本当の息子のように可愛く思っていました。
セックスの対象として見ていたわけではありませんが、可愛い息子を嫌だと言えるはずはありません。
主人は、そんな私の心の隙を巧みに突いてきました。

「タカシなら俺も安心してお前を預けられる。お前も、タカシが本当の息子みたいで可愛いと言っていたはずだ。それにお前がタカシを繋ぎ留めておけば、それこそタカシの浮気防止にもってこいだ。そうなると娘も喜ぶ話だから良いことずくめじゃないか」

主人の願望、タカシさんの性処理、娘の願いとしてのタカシさんの浮気防止、そして私の欲求不満解消。
このような身内の様々な事情と性癖の絡み合いを懇々と主人に説明、説得され、次第に私もその気になっていきました。

「これは近親相姦でもなく浮気でもない。このような事情からお互いの利益を共有するために行なう親族内の相互扶助にしか過ぎない」

そう言い含められ、最後まで残っていた娘への背徳感と世間体の部分も払拭されました。
だんだん私は、積極的にタカシさんに抱かれたいと思えるようになっていきました。

しかもちょうど主人の寝取られ願望が出た頃に、私は娘からタカシさんの浮気疑惑を相談されていました。
それはタカシさん的には浮気ではなく、風俗で軽く性欲処理をする程度の遊び感覚だったようですが、妻である娘としては容認できません。
一応、もうしないという話で終わったようですが、タカシさんはもともと性欲が強く、女好きでモテるので、娘としては気が気ではありません。

「俺は女遊びはしたが、愛しているのはお前だけだ。だからお前がいつも俺の相手をしてくれてれば女遊びなんかする必要はなかったんだ。でも、それが出来ないからこうなったんだろ。だからお前もちゃんと相手をしてくれよ」

そう娘は言われたらしいのです。
一応娘も「ちゃんとします」とは答えたものの、娘がタカシさんとの夜のお勤めに対応できていないのはセックスしたくないからではなくて、家事や育児やパートに疲れ、睡魔に負けて寝てしまうのが原因でしたので、あまり体力に自信のない娘は、タカシさんの求めに全て応えることは出来ないかもしれないと不安を募らせていました。

「お母さん、タカシが浮気や女遊びをしないようになんとかして」

娘に相談され、私もつい主人にその話をしてしまいました。
そこで話が寝取られ願望に絡まって、「娘が対応できない不足分をお前がタカシに寝取られて繋ぎ留めれば済む話じゃないか。男ってのは性欲さえ処理されてたら好きでもない女と寝たいなどとは思わないよ」ということになりました。

タカシさんは最低でも週1、できれば週2~3くらいはセックスしたくなる性欲を持っていましたが、娘の体力は、せいぜい月2回が限度でした。
娘の気持ちとしては、できる限りタカシさんの相手をしたいのですが、家事や育児に疲れて、思いとは裏腹に勝手に眠くなるものをどうしようもありません。
毎日昼寝をたっぷりすればなんとかなるかもしれませんが、そんな余裕が娘にあるわけはありませんでした。
そうなるとタカシさんの性欲は溜まり、他の女に向かいかねません。
タカシさんが女遊びに向かわないように、その欲求不満をなんとかして解消する必要がありました。

こうして、それぞれの事情が絡み合い、私はタカシさんに寝取られる方向に向かっていきました。
主人は私がタカシさんに寝取られるためのいくつかのストーリーを準備しました。
主人もさすがに、いきなりタカシさんに私と寝ろとは言えず、上手く自然の流れで私がタカシさんを誘惑し、寝取らせる方法を考えていました。
タカシさんに寝取られることを了承していた私は、主人の指示に従うしかありませんでした。
もちろん、その頃には私も腹を括り、むしろ内心では積極的にタカシさんに抱かれたい気持ちになってはいました。

主人がダメになり、十分な快感を与えられなくなっていた私自身も、まだまだ女の悦びを味わいたい年頃であることはすでに書きました。
そして結局、主人がタカシさんを我が家に呼び出し、少し話をしてから私とタカシさんを2人にして、寝取られるように仕向ける作戦を実行することになりました。
作戦実行の1週間前から、考えられる色々なシチュエーションに私が対応できるように、応対の仕方を練習させられました。
あまり私が明らさまに誘惑してタカシさんに引かれてしまってはいけないので、なるべくタカシさんの欲情を刺激しながら私が暗に受け入れていく流れを、主人は考えていました。

その日がやってきました。
タカシさんと娘に適当に口実を作り、主人がタカシさん1人を呼び出しました。
出迎えた私をタカシさんが見ると、少し驚いたような表情をしていました。
その後も気付かれないようにチラチラと私の胸に目をやってきます。
じつは私は主人の指示で、その日はノーブラでいることになっていました。
しかも腕や胸元の露出の大きな薄手の服に、短めのスカートを穿かされました。
つまり肌の露出も大きい上に、薄っすらと乳首が透けて見える状態でタカシさんを迎えたのです。

チラチラとしたタカシさんの視線を胸に感じながら、昼食を一緒にとりました。
最初は主に主人がタカシさんと話をする予定です。
私は乳首が透けて見えることに気付いていないふりをしながら、タカシさんの視線にも気付かないふりで、和やかに食事をしていきました。
昼食後のティータイムでは席を居間に移して、主人とタカシさんが2人で談笑していました。
私は昼食の後片付けにキッチンで洗い物をしていましたので、2人が話す声は聞こえませんが、次のような話をしたと後から主人に聞きました。

主人「おい、そっちの夫婦関係は順調か?娘も至らないところがあると思うが、なんとか上手くやってくれると助かるんだが、どうだ?」

タカシ「はい、まぁ、それなりに上手くやってます」

主人「それなりに・・・か。てことは何か問題でもあるのか?何かあるんだったら言ってみろ。改善させられることなら、こっちから娘にも言ってやれるから」

タカシ「いえ、特には何も・・・大丈夫です」

主人「それならいいが、いや、ちょっとな、家内から娘が心配してると聞いたもんでな」

タカシ「妻が心配ですか?」

主人「そう、まぁ、俺は家内からの又聞きだからよくは分からんが、なんでも夫婦としてのスキンシップが上手くいってないから、タカシさんが浮気でもしないかと心配らしい。そうなのか?」

タカシ「あぁ、それは大丈夫ですよ。浮気なんかしてませんから」

主人「いや、今はしてないとしても、このままだといずれ浮気に走るかもと心配らしい。俺はタカシさんを信じることにするが、仮に浮気には走らないとしても、何かそんな心配を娘にさせる問題があるんだろ?」

タカシ「はい、まぁ、心配の種が全くないわけではないかもしれません」

主人「要は娘との営みに不満があるんだろ。だいたい状況を聞けば俺にも推測くらいたつよ。お前は浮気もしてないし、これからもしないと信じているから、正直に言ったらどうだ?」

タカシ「じつはおっしゃる通りです。多少営みのペースが妻と合わず、悩んでいました」

主人「だろ。じゃあここからは男同士の会話だぞ。男同士の猥談だ。いいか?そこで聞くが、お前、ウチの家内を女としてどう思う?」

タカシ「お義母さんですか?どう思うとは・・・いや、いいお義母さんだと思いますが・・・」

主人「そういう事じゃなくて、女としてだよ。俺の妻でもなくタカシさんの義母でもなく、1人の女としてだ。どう思う?」

タカシ「えーっと、どう答えたらいいのか。これまでお義母さんとしか見てなかったので、いきなり女としてと言われても、どう答えたらいいのか分かりませんが」

主人「そうか、じゃあ、もし家内とタカシさんしかいない部屋で家内が全裸になったらお前はどうする?さらにお前の目の前でオナニーを始めたらどうだ?我慢できるか?男同士の猥談なんだから変に気を遣わずに正直に答えてくれ」

タカシ「はぁ、お義父さんに気を遣わずに正直にですか。じゃあ正直に答えると、たぶん我慢できずにセックスしちゃうでしょうね。でも、目の前でお義母さんが全裸でオナニーをしていたら、我慢できる男なんかいないと思いますよ」

主人「そうだろ。普通の男ならセックスするのが当たり前だよな。それでいいんだ。男ならそうすべきだとさえ思う。もちろん俺だってしてやりたいんだが、じつはそうもいかないんだ」

タカシ「え?どういうことですか?」

主人「いやな、恥ずかしい話だが、俺のはもう役に立たなくなってなぁ」

タカシ「ははぁ、なるほど」

主人「あいつに女の悦びを与えてやりたいんだが、俺にはそれができなくなってしまった。だからタカシさん、俺の代わりにあいつの女の部分を守ってやってはくれんか?」

タカシ「お義母さんの女を守る・・・ですか?どうすれば?」

主人「男の本能のままに動いてくれればいい。お前が男の本能のままに動けば、家内の女の本能も呼び覚まされる。あとは男と女が本能的にしたいことをすればいい。それについては俺は何も言わない。しかし誤解しないで欲しいのは、これはあくまでも身内の相互扶助だ。タカシさんはタカシさんで、娘との営みが不足していて支障をきたしかねない。家内も俺が役に立たなくなって寂しい状態だ。つまり、家内とタカシさんで相互扶助ができれば、娘には言えないが、娘も安心できる状況が生まれるというわけだ。俺にしても、家内がそれで悦ぶなら、その状況を歓迎している。どうだ、関係者みんなが喜ぶんだからいいことじゃないか?」

タカシ「男の本能のままに、ですか?」

主人「そう、身内の相互扶助としてだ。今日だってノーブラの家内の胸ばかり見てただろ?あんなの見て、もし2人きりだったらやりたくならないか?なるのが普通だろ?」

タカシ「ええ、まぁ、そうですけど。でもお義母さんが了解しないかもしれませんし・・・」

主人「それについては安心しろ。もう調べはついてる。あいつがわざわざお前が来るのにノーブラで見せつけてるってことは、どういうことか分かるだろ?あいつはあいつなりにお前を誘ってるんだよ。それ意外に考えられないじゃないか。ただ俺に対する引け目もあって、家内の方からセックスして欲しいなんて言えないだろ。だからああして、お前に誘われるのを待ってるんだよ」

タカシ「じゃあお義母さんも、義父さんのそんな考えを知ってるんですか?」

主人「はっきりとは知らない。ただそんな雰囲気だけ匂わしてある。はっきりさせてもいいんだが、誤解されてもマズいし、それに全部、当事者以外の者にお膳立てをされたら面白くないじゃないか。あとはタカシさんの腕の見せどころだ。お前は女遊びも好きなんだろ。内心お前に抱かれたい女がそこにいたら、お前ならどうするか。答えは明らかだろ」

タカシ「義父さん、そんなことまで知ってたんですか?もう、敵わないなぁ」

そんな2人のヒソヒソ話が一段落したのを見て2人に合流しました。
このような会話がされていたのを知っていれば、その後、ドキドキハラハラせずに済んだのですが、その時は昼食後は2人で話すから離れているよう言われていたので、すでにその時点で、タカシさんにも私を寝取るように話していたとは知りませんでした。

それからしばらくして主人は、「さ、そろそろ俺も出かけなければ。じゃあ後は頼んだぞ」と言い残して家を出ていきました。

主人が外出したのが午後2時です。
帰宅は夜の9時過ぎと聞いていました。
そしてタカシさんが帰っていったのは夜の8時半ですから、約6時間半ほど私とタカシさんは2人きりになりました。
2人になった時には、お互い別々に主人に話をされて、セックスする気満々な状態でした。
しかし、お互いがそうであることまでは知らずにいました。
私は私なりに主人に与えられたストーリーを進めていくことで頭がいっぱいでした。

その時は聞かされてはいませんでしたが、主人からタカシさんへの根回しが効いて、私とタカシさんがセックスに至るのは簡単でした。
まず居間のソファーにタカシさんと並んで座りました。
軽めのワインを飲みながら美しい景色と音楽のDVDをかけて2人で雑談をしていました。

じつは私はこの日のために、主人から体と気持ちの準備をされていました。
この日に至るまでの3週間は禁欲に近い状態に置かれていました。
たまにあった主人からの愛撫も、私自身のオナニーも禁止です。
しかも主人からは、タカシさんと私のセックスを描写するかのような文章がメールされてきました。
愛撫もオナニーも禁止でエロい文章を読んで、想像だけしておけということです。

タカシさんが来る日の3日前からは、逆に毎晩、主人から愛撫を受けることになりました。
しかも決してイカせてもらえない中途半端な愛撫で、私の体に性欲の火をムラムラと燃やし続け、溜め続けていきました。

さらに主人は中途半端な愛撫を施しながら私の耳元で、まるで催眠術にでもかけるかのようにタカシさんとのセックスを想像させ、頭の中をエロい想像と期待でいっぱいにしていきました。
そして最後に、「後はいかに本番でお前がタカシさんにエロく迫れるかだぞ。エロくなっている今のお前のフェロモンを、そのままタカシさんにぶつけていきなさい」と諭されました。

そんな事前準備もされていたので、私はすでにその時、じんわりと熱いモノが秘部に滲み出てきたことを感じていました。
私は談笑しながらタカシさんの肩や腕、太ももにソフトタッチをしました。
ワインに酔ったふりをして肩に寄りかかり、甘えん坊の素振りをして、お酒に酔うとエロくなってしまう役を演じていきました。
実際にエロくなってしまっていたので、迫真の演技だったかもしれません。

私は主人に指示された通り、タカシさんと娘の夫婦関係の話から夜の生活の話題に入り、私たちの夫婦の営みについても赤裸々な話題を出しました。
私は暗に、もっとセクシーな女でいたいから、素敵な男性とならもっとセックスがしたい旨を遠回しにタカシさんに伝えました。
しかも主人からは、自分が役に立たないから他の男と寝てもいいと言われたことまで告白しました。

「でも、素敵な男性なんて、なかなかいないしね」とも言いました。

そして最後に、「タカシさんは素敵な男性だと感じるけど」と言いました。

ほとんど主人が考えたセリフです。
私は酔ったふりをしながら、主人に指南されたセリフを口にしました。

「主人の前では貞淑な妻を演じてるけど、酔うと気分が高揚しちゃって、素敵な男性を見るとエロくなっちゃうの。ごめんね、こんなにエロくなったはしたないおばさんなんか嫌だよね」

「全然そんなことないですよ。普段よりエロくてセクシーなお義母さんは素敵ですよ」

「あら、そんなこと言ったら本気にして、私がエロエロモードに入っちゃったらどうするの?こんなおばさんにいやらしく絡まれたら困るでしょう?」

「別に構いませんよ。お義母さんが本気で絡んできたら、ちゃんと受け止めますから」

「あら、受け止めてくれるの?ホント?エロおばさんだよ。受け止めるってどうするの?」

「それは絡んできたら分かりますよ。どうぞ、絡みたかったら絡んでみて下さい」

「あ、そうだ、最近、肩が凝って困っているから、タカシさん、肩揉みとマッサージをしてくれる?いいでしょう」

私はいかにも肩が凝ってそうな仕草でソファーにうつ伏せになりました。
最初は普通のマッサージでしたが、私はエロいふりをして、というか主人からの事前準備により、すでに本当にエロい体と気持ちだったので、タカシさんのマッサージにエロく反応していくと、タカシさんの手は徐々に私の快感スポットを刺激してきました。
3週間の禁欲と3日間の中途半端な愛撫と想像で性欲を溜められた体は、タカシさんのマッサージに本気で感じてしまいました。
タカシさんも私が身を捩り小さく喘いで、確実に感じていながらも全く嫌がらないのをいいことに、ほとんど性感マッサージのような手付きになってきました。
そうなると、さらに私は感じてしまいます。

私が見境もなく感じ始めると、タカシさんの手はさらに大胆になってきました。
いつの間にかノーブラだった上着は剥ぎ取られ、スカートは捲られて、パンティの横からタカシさんの指が侵入してきました。
タカシさんの指がワレメに宛てがわれ、軽く抜き挿しがはじまると、電流のような鋭い快感が走りました。
同時に私のヴァギナはタカシさんの指を逃すまいとばかりにグヌョグヌョと蠢き、一気に愛液が溢れていきました。
抵抗するどころかむしろ快感に浸り、もっと欲しがる私をタカシさんはどんどん責めてきました。
ついにパンティも剥ぎ取られ、乳房は揉まれ、乳首に吸い付きながらヴァギナには2本の指を入れられました。
私は完全に喘ぎまくってタカシさんに身を任せました。
タカシさんの指は、掻き出すように私のヴァギナを高速で刺激してきました。
Gスポットからの強烈な快感に私は一気に昇りつめ、タカシさんの指で昇天しました。

気が付くと、全裸になったタカシさんが、目の前でペニスを見せつけるように仁王立ちしていました。
そこには、細身のタカシさんの体には似つかわしくない大きさのペニスがそそり立っていました。
物差しで計ったわけではありませんが、フェラをする時に握った私の手のサイズからすると19センチくらいはありそうです。
タカシさんのペニスを根元から握ると、さらに手から倍近く突き出していました。
長さに比べるとそれほど太くはありませんが、主人のモノよりはずっと太めです。
30代前半の若々しいペニスは硬度も抜群で、上を向いています。

1回タカシさんの指で昇天したとはいえ、3週間かけて性欲の塊にされた私の目の前にそんなモノを持ってこられて我慢できるわけがありません。
私はタカシさんのペニスを口に含みました。
長年主人を悦ばせてきたフェラにはちょっと自信があります。
貪るように、たっぷりと唾液を絡ませた熟練のフェラに、タカシさんも声を出しながら興奮していきました。
ひとしきりペニスを味わっているとタカシさんが言いました。

「お義母さん気持ちいいです。そろそろこいつで、お義母さんもマッサージしてあげたいです。僕も我慢できなくなってきました」

「あぁ、私も欲しいわ。だってこんなに凄いペニス、初めてですもの。あぁ、早く私の中をグチャグチャにマッサージして」

すでに理性が吹っ飛んでいた私は、普段なら恥ずかしくてとても言えないセリフを口走っていました。

タカシさんは私を仰向けにした状態で股を開かせて、ヴァギナにペニスを突き入れてくる格好になりました。
ついに待ち望んだモノが私の中に入ってくるのです。
ヴァギナにペニスがゆっくり入ってくると、恥ずかしい話ですが私はそれだけで達してしまいました。
主人のおあずけ作戦は確実に効いていたのです。

(もっとぐちゃぐちゃにされたい!)

もうその時にはタカシさんのペニスのことしか頭にありませんでした。
タカシさんは気持ちよさそうに、私のヴァギナにペニスを出し入れしています。

「すごくいいです、もう出てしまいそうです」

(え?もう)

そう思いつつも、「いいわよ、中にちょうだい。若いからまだできるわよね」と、あろうことか娘婿に中出しを求めてしまいました。

「もちろんです。お義母さん、最高です」

タカシさんはパンパンと激しく腰を打ちつけて、私の中にドクドクと精液を出ました。
お腹の中が痺れたようになって、じわーっと温かいものが広がって、また私は達してしまいました。
主人には申し訳ない気持ちがありつつも、同時に味わったことのない充足感と幸福感がありました。

タカシさんが少し私の上で休んでいるうちに、また中でムクムクとペニスが大きくなってきました。

「お義母さん、また大きくなりました。こんなことは初めてです」

「嬉しい、いっぱいして」

その日は、主人が戻るまでに何度したか覚えていないくらい、タカシさんに出してもらいました。
最後の方は朦朧としていたと思います。
主人が戻りそうな時間は聞いていたので、なんとか身体を起こして服を整えて帰りを待ちました。
待っている間も、玄関から音がするまでタカシさんと貪るようにキスをしていました。

それ以来、最初に書いたような営みをタカシさんと続けています。
家族公認ですから後ろめたいこともなく、貪るようにタカシさんを求めては満たされる日々にこの上ない幸せを感じています。