熟年の夫婦です。
私たちの楽しみは、ムチムチの妻に身体のラインを強調するような服を着せて旅行に行くことです。
いつもは地味な妻で全然目立たないんですが、エッチっぽい服装をするとガラリと変わってしまいます。
観光地でスケベそうな中年オヤジたちの前でわざと尻を突き出しながらお土産物を見ると、オヤジたちはニヤっとしながら妻の尻を見てるんです。
私も妻がジロジロ見られているのを隠れて見ています。
それだけで興奮してしまいます。

いつものように温泉旅行に出掛けると、獲物のスケベそうなオヤジたちがいないんです。

「今日はダメだな~」と妻と残念がると、「ほら、あそこ」と妻が指しました。

若者2人がこっちを見てるんです。

「あれは若過ぎだよ。お前の歳じゃ無理無理」

「なら、試してみる?」

そう言って妻は若者たちの方へ行くんです。
どう見ても20代前半で、妻(40歳)じゃあ親子に見えてしまいます。

少し離れて様子を見ていると、その若者たちと妻が何やら話をしているんです。
しばらくすると妻が私を手招きするので行ってみると、2人の若者は「こんにちは」と挨拶をしてくれました。

1人が、「奥さんから聞いたんですが、信じられないんですが・・・」と言うのです。

私が「何が?」と聞くと、少しはにかみながら、「あの~、奥さんの・・・」と言ったきり言い難いのか黙ってしまって。

すると、その後の話を妻が切り出したんです。

「このおじさん、変な趣味があってね、私の裸を他の男の人に見られると喜んじゃうの」

若者が、「本当に本当ですか?」と聞くので・・・。

「ウン、そうだよ。これは家内だよ。けど、こんなおばさんの裸なんか見たくないだろう?」

すると2人は・・・。

「全然大丈夫です。失礼ながら遠くで見てて、オッと思いました」

私が「感想は?」と聞くと、「正直、遠くからはもう少し若く見えました」と正直な答えが返ってきました。

「幻滅した?w」

「いいえ!まだまだストライクゾーンです!」

「それなら今から風呂でも入るか?」

2人は顔を見合わせて、「ハイ!」と元気に返事をしてくれました。
妻も、まさかこんな展開になろうとは夢にも思わなかったはずです。
ただ自分を試したかっただけのつもりだったと思います。
これまで、まだ他人に妻の全裸を見せたことはなかったのですが、若者2人が妻にどんな反応を見せるのか、怖いようでもあり楽しみでもありました。

彼らを車に乗せて家族風呂に向かいました。
内心ドキドキでした。
そこはチケットが自販機で買えるので、顔を見られることなく入ることができます。
中は広く、外に掛け流しの岩風呂と室内の内湯の2つがありました。
若者2人はさっさと脱ぎ、外の岩風呂にドボン。
妻はさすがに初対面で恥ずかしいのか、なかなか脱ごうとしません。

「さあ、入るよ」と言うと、覚悟を決めたのか、「ウン」と言って、エッチな紐パンだけになりました。

そしてハンドタオルで胸を隠しながらブラを外し、紐パンも脱いだんです。
私が先に入り、妻を3人で待ちました。
2人の若者が妻を見つめています。

「恥ずかしい」を連発しながら、ハンドタオルで前を隠しながら妻が入ってきました。

「さあ、君たちで掛け湯をしてやってくれよ」

妻の背中から掛け湯をしている2人は、すでに半立ち状態でした。
半立ちでも2人共も十分な長さと太さがありました。
それを見た妻が、「あら」と言って顔を赤らめています。

いよいよ妻がタオルを取り、若者2人に全裸を披露しました。

「グラマーですね」と1人が言うと、「太ってるって言いたいんでしょう」と妻。

「いいえ、そんな事ないです。魅力的です」

もう2人は完全勃起でした。

「オイ、せっかくだからおしゃぶりしてやれよ」

「えっ?するの?いいの?」

私が、「ああ、してやれよ」と言うと、2人の間に座って交互に咥えはじめました。

「あ~、奥さん、気持ちいいです」

2人は腰を突き出し、妻の喉奥までチンポを突き入れています。
しばらくすると限界が来たようです。
1人が「あー」と呻き、ピュ~と妻の顔に発射したんです。
もう1人は、妻の口の中に発射してしまいました。
それを見ていた私も勃起してしまいました。

2人は、「入れたらダメですか?」と私に聞いてきました。

「妻に直接頼んでみたら?」

「奥さん、お願いします!」

「それだけはダメ。我慢してね」

意外でした。
てっきり2人の面倒を見てやるものだと思っていました。
こんな若者のチンポ、それも2本を一緒に味わう機会なんて、この先あんまりないことですから。
2人は残念がりながらも妻の言うことを聞いていました。

そのまましばらく温泉に浸かり余韻を楽しんでると、「少し熱くなったから、お先にね」と言って妻が湯船を跨いだとき、妻のマンコが若者にばっちり見えたようです。

「オッ!」と2人が同時に声を出し、「あら、見えた?」と妻。

私が「サービスサービス」と言ってやると、「うん、それなら・・・」と言って妻は足を開き、腰を突き出しました。
使い込んだマンコがパックリ開いて中が少し見えています。

「ああ~、やりて~」

「いいだろ、やらせても」

「もう知らない。あなたが決めて」

よ~しと思い、私は2人に目で合図を送りました。
理解した2人は、1人が妻の腰を抱えながら後ろから挿入しました。
その瞬間、「あ~!」と妻の声。
さすが若いだけあってピストンの勢いが違います。
妻の反応が凄いんです。

「もっともっと!」と欲しがっています。

途中で交代すると、2人目の彼は腰をグラインドさせて妻の膣壁を擦り上げます。
そんな感じで、2人は出そうになると交代を繰り返しました。
妻の腰はガクガクして、今にも崩れ落ちそうです。
そして最後、2人は妻の中に出しました。

帰りの車の中で妻は半失神状態でした。