俺は27歳の会社員。
1年前に2歳下の妻と結婚した。
妻と結婚する数ヶ月前から俺は欲望を持っていた。
その欲望の相手は妻の母親に対してだった。
俺は初めて義母と会った時から・・・。

(こんな綺麗な熟女とセックスしてみたい・・・)

そう思っていた。

細身の体型に似合わない大きな胸が印象的だった。
特に俺が気に入っていたのは肌の白さだった。
妻も白いが、義母の白さはそれ以上だった。
透明度の高い白さ、これが美白色、そう思った。

(義母とセックスがしたい)

その思いは次第に強くなっていった。
もう欲望を抑えることができなくなっていった。
妻と離婚してもいいから義母としたい。
それほどに義母は魅力的な女だったのだ。
俺は離婚覚悟で義母を襲う計画を立てた。

それを実行したのは2ヶ月前の7月の終わりだった。
俺は妻には内緒で有休を取って妻の実家に行った。
義父はもう定年退職していて会社には行ってなかった。
義母は午後からのパートだから時間はなかった。
突然俺が来て驚いていたが、家の中に入れてくれた。

家の中に入った瞬間、俺はもう欲情していた。
後ろから義母に抱きつくとソファーに押し倒した。
義母が大きな悲鳴を出したので俺は慌てた。
思わず義母のみぞおちを叩いてしまうと気を失った。

俺はタバコを吸いながら義母を見ていた。
見れば見るほど魅力的に思えた。
ゆっくりとスカートを捲ると真っ白な太股。
こんなに綺麗な太股は初めてだった。

気持ちが落ち着いた時、義母の服を脱がした。
全裸にして、とても46歳とは思えない美しい裸体に驚いた。
それは俺の想像を遥かに超えていたものだった。
武者震いする俺の肉棒はもう勃起していた。

義母の身体を抱き上げると俺は2階の客間に行った。
この部屋は俺と妻が来た時に使う部屋だった。
ダブルベッドに義母を寝かせた。
そしてスマホで数枚の写真を撮った。

義母の上に乗ると乳房を揉んだ。
妻よりも大きくて柔らかい乳房に俺は一層欲情していった。
義母の肌も吸い付くような感触でたまらなかった。

5分くらい愛撫していると義母は目を覚ました。
すぐに現状を把握すると激しく抵抗してきた。
しかし俺は強引に肉棒を挿入した。

すごかった。
義母の膣穴の締め付けに驚愕した。
そればかりか膣壁には沢山の突起物があって、肉棒を出し入れするたびに快感が襲ってきた。
こんな名器な女は初めてだった。
まさかその相手が義母だったとは・・・。

挿入すると、義母は諦めたのか大人しくなった。
そして初めこそ苦しそうな顔をして耐えていたが、10分くらい突いていると甘い声を出して始めた。
その声は次第に大きくなり、義母は明らかに感じてきていた。
義母の感じている色っぽい顔に、ますます欲情していった。
妻と違う熟女の色っぽい喘ぎ声、肉体、膣穴、喘ぎ顔・・・。
そのすべてが欲情を増してくれるものだった。

俺はすぐに射精感が来て義母の腹に出した。
しかし義母の肉体を見ていると勃起したままだった。
すぐに義母をバックから突いた。
義母はバックにすると一層激しく喘いだ。

気がつけば義母とのセックスは昼近くまで続いていた。
しかし、それでも俺は義母とのセックスをやめたくなかった。
義母もそう思ったのか、会社に休みの連絡を入れた。

その後も義母とのセックスを楽しんだ。
義母もフェラチオしてくれたり、騎乗位になって感じながら腰を振ってくれたりと、本当に最高のセックスだった。
俺は今まで20人くらいの女性とセックスしてきたが、義母は他とは比べ物にならないくらい素晴らしかった。
もう義母を手放したくなかった。
だがそれは俺以上に義母も思っていたみたいだった。

「2人だけの秘密よ」

義母はそう言って、また俺とセックスすることを望んできたのだ。

まだあれから2ヶ月しか経っていないが、義母とは週1の間隔でセックスをしている。
車で片道2時間かけて義母に会いに行く。
俺は現場仕事だから妻にバレてはいない。
妻は1人娘で俺は次男坊。
この際だから妻の両親との同居を考えている。
同じ家に住めば、もっと義母とセックスできるからだ。