妻はキャリアウーマンで、出産後も子供を近くの実家に預けて働いている。
子供が3歳になったとき、海外研修で3ヶ月、アメリカに行くことになった。
その間、一人暮らしの義母が我が家に来て、僕と子供の面倒を見てくれることになった。

1ヶ月ほど過ぎて欲求不満になってきた僕は、義母に女を感じてたまらなくなった。
でも妻の母なのでなんとか理性で我慢していた。
色々考えて一計を案じた。

「お義母さん、今夜は会社の飲み会で遅くなるので先に休んでいて下さい」

その夜、適当に飲み屋で時間を潰して遅くに帰った。
家に帰ると玄関の音で気がついたのか、義母が起きて迎えに出てきた。
計画通り、僕は酔っ払ったふりをして義母を見て妻の名を呼んだ。

「裕子、遅くなってゴメン」

「私ですよ。ずいぶん飲んできたようね」

「裕子、ああ、酔った酔った」

「あら、裕子じゃあありませんよ。私ですよ」

あくまでも妻と間違ったふりをして義母に寄りかかった。
義母も仕方なく僕の寝室へ連れて行った。
敷いてある布団の上にどさりと倒れ込んだ。

「ずいぶん飲んじゃったのね。仕方がないわね」

義母は僕の服を脱がしてくれた。
義母に触れられて、股間はムクムクとそそり立った。

「あ、あら」

驚く義母。

「裕子」

僕は妻の名を呼んで義母に抱きついた。

「私は裕子の母ですよ」

構わず、「裕子、裕子」と妻の名を呼びながら義母の口を吸った。
そのまま胸を開けて乳首を吸った。

「やめなさい、私ですよ。裕子じゃありません」

抵抗する義母を押し倒して無理やりパジャマを脱がせた。

「裕子、裕子!」

あくまでも妻を抱くふりをして義母のパンツを脱がせた。
あそこに指を入れて動かすと、どんどん濡れてきた。

「ああ、裕子、久しぶりだからずいぶん濡れてるね」

「いや、やめて、いけません」

抵抗する義母のクリトリスを舐めた。

「あー、あ、ああ、い、いや、いい、いい、だめ」

義母は口走りながら感じている。

「ほら、久しぶりだから僕もこんなになってるよ」

勃起して硬くそそり立ったモノを義母の手に握らせた。

「あ、ああー、こ、こんな・・・」

義母はそれを握り締めてしごいた。

「ああ、そんなにしたら出てしまう。待って」

僕は義母の足を押し広げて、一気に入れた。

「ひー、ヒヤ-」

義母は仰け反った。
そのまま腰を振った。

「裕子、気持ちいいよ」

義母も僕に応えて下から腰を使ってきた。

「裕子、出るよ、出すよ、イクよー」

義母がもう閉経しているかどうかは知らなかったが、我慢できずに中に出した。

「あふ、あひー、ひゃあー、あ、あ、あーー、イク-」

義母はガクガク痙攣してイッた。

翌朝、僕は妻と間違ってしまったことを平謝りに謝った。
そして結局、その夜から妻が帰ってくる日まで、僕と義母は夫婦のような生活を送った。