もうずいぶん前の話。
僕が18歳で、妹が12歳のとき。
当時、バイトから帰ってくると妹の友達(彩音ちゃん)がよく遊びに来ていた。
たぶんその頃、妹たちは僕の部屋に入って、エロ本を探して見ていたんだと思う。

その日は早くバイトが終わって、友達と遊びに行く約束もしていなかったので家に帰った。
玄関に妹の友達の自転車が停まっていたので、今日もエロ本を見てるかもしれないと思い、そっと部屋に行ってみると、やっぱり見ていた。

「勝手に何を見てるんだ!」

そう言いながら急にドアを開けたら、2人ともびっくりして、慌ててエロ本を隠そうとしていた。
僕は、「とっくにお前達が見てるのなんて知ってたんだよ」と言ってエロ本を取り上げた。

僕「彩音ちゃんのお母さんに言いつけちゃうぞ」

彩音「ごめんなさい。もう見ないから言わないで」

半ベソをかいている彩音ちゃん。

妹は、「私が誘ったんだから彩音は関係ないでしょ」と逆ギレ。

僕「で、その本見て楽しかった?」

聞くと2人は顔を見合わせて、「なんかジーンとするのが気持ちいいんだよね」と言って恥ずかしそうにしていた。

僕「その本みたいなことしてみようか?」

妹「兄妹でそんなことやっちゃいけないんでしょ?」

僕「じゃあ彩音ちゃん、やってみようか?」

そう言うと僕は、そっとTシャツの上から彩音ちゃんの胸を揉んだ。
テニス部で活躍してるだけあって張りのある胸で結構大きかった。
真っ赤な顔をしてハアハア言ってるので、Tシャツとスポーツブラを脱がすと、形のいいきれいな胸が出てきた。
乳首はもう立っていた。
胸を揉みながら乳首を舐めつつ、少しずつ手を下にやり、ミニスカートの中からパンツを脱がした。
ちょこっとだけ毛の生えたオマンコが濡れて光っていてきれいだった。
指を1本入れると、スルッと入ってしまった。

僕「セックスしたことあるの?」

彩音ちゃんは首を横に振った。

僕「でもオナニーはしてるんだね。結構やってるでしょ?」

聞きながら指が3本、彩音ちゃんのオマンコに吸い込まれていった。

僕「どんな風にオナニーしてるの?教えてくれないとお母さんに言っちゃうよ」

彩音「・・・最初はクリを刺激して、次に指を入れて、だんだん濡れてきたらマジックを入れて・・・」

僕「じゃあ今日はこの本みたいに、これを入れてみようか?」

そう言って勃起したチンチンを出して触らせた。

彩音「こんなの入れたことないから入らないよ」

彩音ちゃんは大きさを確かめるようにチンチンを触っていた。
妹は横でずっと見ていて、自分のパンツの上から刺激していた。
妹も結構スタイルがよくて、興奮しているのがわかった。
僕は、妹も裸にして体を舐め回した。
僕が妹を愛撫している間も彩音ちゃんはチンチンをしごいていた。

僕「こんな感じでしてごらん」

そう言ってフェラチオをしているページを見せると、2人で一緒にしゃぶりついてきた。
その後、2人にお尻をこっちに向けさせて、オマンコがよく見えるように四つん這いにさせて、指を入れて楽しんだ。
味は妹のほうが美味しかった。

そして、いよいよ彩音ちゃんに挿入した。
オナニーしまくってるだけあって入れるのは楽だったけど、中はキツくてメチャメチャ締まって気持ちよかった。
ゆっくり動くと、彩音ちゃんは可愛い声で喘ぎだした。

彩音「アッ、ンー!アン・・・」

10分くらいピストンしたら我慢できなくなってきたので、彩音ちゃんのお腹の上に出した。
精液を彩音ちゃんに塗りたくってマッサージしてあげた。
気持ちよさそうにして、たまに「アン」と可愛い声を出した。

妹「次は私にもして」

そう言って妹がフェラチオしてきた。

「これは彩音の味だね」とか言いながら舐めていた。

すぐに勃起した僕は妹の体を隅々まで舐めてから思いっきり足を広げた。

僕「お前とセックスするなんて思っても見なかったけど、きれいだよ」

妹「ありがとう。これからもいっぱいセックスしようね」

しがみついてきた妹に宛てがうと、スルッと入った。

僕「お前もオナニーしてたのか?」

妹「じつは彩音と私、レズってる」

衝撃告白だった。
オナニー鑑賞とか69とか、頻繁にやってるらしい。
彩音ちゃんの両親は共働きで夜にならないと帰ってこないから、いつも彩音ちゃんの家でやっていると言っていた。

そんな話をしながら妹に挿入した。
愛液が溢れてお尻のほうまで濡れているのでタオルで拭こうとしたら、「ンッ、アン、彩音・・・舐めてよ」と言って彩音ちゃんに舐めさせた。
彩音ちゃんは兄妹の結合部分から妹のお尻まで丁寧に舐めていた。
挿入している時にお尻の穴から結合部分を舐められるなんて初めての経験ですごく気持ちよかった。

妹を四つん這いにして、その下に彩音ちゃんを寝かせ、妹はバックで突きまくり、彩音ちゃんは正常位でって感じで交互に挿入した。
2人とも感触の違うオマンコで、どっちも気持ちよかった。

イキそうになったので2回目は妹のお尻に射精した。
妹のお尻を流れる精液を見て彩音ちゃんが舐めだした。

彩音「苦いけど美味しい」

妹のほうはチンチンに残っている精液をきれいに舐めてくれた。

妹「本当だ、苦いけど美味しい」

きれいに舐めた後、またしごきながら2人でフェラチオを始めた。
3ラウンド目は2人に自由にやらせてみた。
イクときに2人の口を開けさせ、半分ずつ口内発射して飲ませた。
2人は美味しそうに飲んだ。

その夜は両親が寝たのを確認して朝まで妹とやりまくった。
明日は彩音ちゃんの家で3人でお風呂に入ってセックスする約束をしている。
妹とやりすぎたので、明日できるかちょっと心配www