僕が先日遭遇した、ラッキースケベどころではない体験です。
僕は先月、自分ではうまくいっていると思っていた彼女に、理不尽な理由でいきなり振られてしまい落ち込んでいました。
今はそのラッキースケベですっかり立ち直ったのですが(笑)

24歳の僕が失恋のことで相談していたのが、会社の先輩OLの彩子さん(28歳)です。
彩子さんは僕に仕事を教えてくれて、ときには厳しくも包容力があり、いかにもバリバリのキャリアウーマン風の美人です。
彩子さんは、「そんな彼女のこと忘れて!世の中には女なんていっぱいいるから!」と力強く慰めてくれました。
僕はそんな彩子さんを頼りにしていました。

ある日のこと、彩子さんが、「今週末、家でホームパーティーするんだけど、良かったら来ない?」と初めてプライベートで誘われました。
もちろん僕は、そこでの出会いを期待して、二つ返事で参加することにしました。

当日、最寄り駅で待ち合わせをして彩子さんの家に行くと、ホームパーティーの参加メンバーは、僕と先輩、先輩の同い年くらいの女友達2人で男は僕1人。
男1人対女3人というパーティーでした。

真美さんはすらっとしたスレンダー体型。
加奈子さんはむっちりしたナイスバディ。
どちらも平均レベル以上の美女です。
レベルの高いパーティーに年下の男1人で、ちょっと気後れしながらも買い出しをして先輩の家で宅配ピザを食べたり、スーパーで買ったオードブルを摘みながらワインを飲んだりと楽しく過ごしました。
先輩たちはよくパーティーをしているらしく、先輩たちは僕なんかそっちのけで下ネタに走り、だんだん過激にぶっちゃけてきました。
たぶんいつもそんな話をしているのでしょう。

加奈子「元彼のエッチが本当に下手だった!」

真美「パイズリをしようとしたら胸が小さくてできなかった~」

彩子さん「イッたふりって、ぶっちゃけみんなしてるよね~」

かなりえぐい話になってきて、(興味深い話だけどなんか気まずいな)と思いつつ、ヘラヘラ笑いながら聞いていました。
そのうち加奈子さんが、僕のそわそわした態度に興味を持ったらしく・・・。

加奈子「ねえ、さっき私がパイズリしてるとこ想像したでしょ?私たち3人の中だと誰が一番タイプ?誰とやりたい?」

実は、生々しい年上女子のエロトークで、僕はズボンの中で密かに勃起してしまっていて、それを隠すために体の前でクッションを抱いていたのです。
すると真美さんは僕がクッションを抱いている理由に気付いたのか、無理やりクッションを剥ぎ取りました。

真美「あー!やっぱりこの子、エッチなこと考えて勃起しちゃってるじゃん!彩子~!あんた会社でどんな教育してるのよ!」

真美さんが彩子さんにツッコミを入れ、僕をダシに3人とも大はしゃぎになってしまいました。
もちろんみんなかなり酔っています。

真美「じつは彩子ともうヤッちゃってるんじゃない?」

僕は必死で、「やってませんよ!」と否定しました。

そんなやり取りはあっという間にエスカレート。
僕はお姉さん3人に羽交い締めにされたり、バタバタさせる足を押さえつけられたりして、ついにズボンを脱がされ、シャツのボタンも外されてしまいました。
後ろから僕は乳首を撫でられたり、丸出しのペニスにキスをされてしまいました。
僕はお姉さん3人に襲われて、勃起ペニスをまじまじと覗き込まれている状況に興奮していました。

僕「わー、こんな目に遭うなら来るんじゃなかったですよ」

そんなことを言いながらもペニスは正直で、血管を浮き出させて、あり得ないくらいガチガチに勃起していました。
さっき僕のペニスにキスをした加奈子さんは、ついに僕のペニスをパクッと咥えてフェラをはじめました。
後ろからは真美さんに乳首を触られたり、首筋を舐められたり。
ついに彩子さんも僕の胸に自分のおっぱいを押し付けて擦りつけはじめました。

僕「うわー、どうしよう?嬉しいけど恥ずかしいですよ!」

お姉さん達の母性本能を刺激するような発言をしながら、僕は加奈子さんのフェラでますます感じていました。
彩子さんも僕の身体を弄びながらスカートを捲り上げてパンツ越しに僕の膝にクリトリスを擦りつけてきたり、真美さんは僕の手を取って自分のパンツの中に指を入れさせて人差し指をピンポイントでクリトリスに当てるようにしてきました。
されるがままに真美さんのクリトリスを刺激すると、真美さんは、「ああん!気持ちいい!」と大きな声を出し、いつの間にか彩子さんも、「ちょっとーあんたずるいよ。私、この子とまだしたことないのに~」と言いながらおっぱいを丸出しにしてきて僕に乳首を舐めさせました。
その間、僕はずっと加奈子さんにフェラをされ続けていて、ついに僕は我慢できずに加奈子さんの口の中に射精してしまいました。
加奈子さんは精液を飲み干すと・・・。

加奈子「気持ちよくしてあげたんだから、あなたも私を気持ちよくしてね」

加奈子さんはスカートとパンツを脱ぎ、ほとんどパイパンのおまんこを僕の前に突き出してきました。
加奈子さんにクンニしながら真美さんのクリトリスを指で刺激して、背中には彩子さんの生おっぱいを擦りつけられるという超大忙しの状態で、お姉さんたち3人を楽しませました。

しばらくして、クンニと手マンで加奈子さんと真美さんはほぼ同時にイキました。
そして、いつの間にか全裸になっていた先輩の彩子さんは、びしょびしょになったおまんこを見せて、「ねえ、まだできるでしょ?」と僕を挑発してきました。
僕はフェラで射精させられた後も継続してお姉さんたちの体を弄んでいたので、すでに回復していました。
先輩のおまんこをクンニすると、愛液でねっとりしていました。

その後、座っている僕の上に彩子さんが腰を落としてきて、対面座位で合体しました。
彩子さんは一心不乱に腰を上下に振りました。
僕と彩子さんが交わっている間も2人のお姉さんたちは僕の肩や背中の硬いところにクリトリスを押し付けてきました。

完全に乱交状態です。
彩子さんが僕の突き上げで、「ああ!イッッちゃう!」と叫んでイクと、今度は真美さんが四つん這いになってお尻を突き出してきて、僕は先輩の愛液がついたままのペニスを真美さんのおまんこにバックで挿入して、猿のようにパンパンと腰を振りました。
その間も加奈子さんは僕にディープキスをしたり、おっぱいを押し付けたりしてきました。

最初に1回出していたので2回目は長持ちしました。
結局、バックで真美さんもイカせて、加奈子さんには正常位で挿入しました。
加奈子さんが一番のキツマンでした。
僕のペニスは短時間に3人のお姉さんをハシゴした後、キツマンの加奈子さんに締めつけられて避けられない射精に導かれました。
最終的に僕の精液は先輩である彩子さんが口で受け止めてくれて、ゴックンと飲み干してくれました。

そんなこんなで僕は先輩OLや初対面のお姉さん達と思わぬ乱交を楽しみ、気が付くとみんな力尽きるように先輩の家で朝まで雑魚寝しました。
そして実は、今月末もまたホームパーティーに誘われています。

彩子「どう?今度は別の友達も誘ってるのよ?」

僕はその日までオナ禁をして待とうと思っています。