当時、俺は病院関係のアルバイトに就いていた。
車で移動して病院を回るって仕事。
たぶん分かる人はこれだけでピンとくるはず。

その事務所はリーダーっぽい男と古株の女性。
そして当時の俺より4つくらい年上の女性、たぶん28歳くらいだったのかな。
小さい事務所で和気あいあいとやっていた。

俺の歓迎会も兼ねていたのだろう、普段は事務所にいない支店長みたいな人が来て、みんなを飲み会に誘ってくれた。
その場は楽しく盛り上がり、結構みんな飲んでいた。
その後、支店長は先に帰り、俺たちも帰ることに。
リーダーの男は帰る方向が全然違うし、古株の女はどうやって帰ったのかは知らないが、気づけばいなくなっていた。
残ったのは俺たち2人だが、一応俺が男ということもあって、28歳の女性をエスコートしてタクシー乗り場まで行った。
この時、2人で街を歩きたかったので、わざと少し遠いタクシー乗り場に案内した。
俺も酔ってたし、カップルの気分を味わいたかったわけ。

この女性、最初は俺の指導係としてついてくれていた。
営業車に1週間くらい同乗したんだけど、その女性が飲んだペットボトルとか、研修が終わって1人になった時に間接キスしてやったりしてた。
まあささやかな楽しみだ。

話は戻って、タクシー乗り場へ着いたんだが肝心のタクシーがいない。
ちょっと遅くなりすぎたのだ。
タクシー会社に電話したものの、すぐには来れないらしい。
仕方ないので、とりあえず歩いて事務所まで戻った。
いつもはみんながいるのに今2人だけ。
しかも夜の会社に・・・。
そんな雰囲気がなんかエロかった。

女性は、普段は事務所内は禁煙だが、換気扇の下でタバコをふかしている。
なんか、その後ろ姿だけでもエロかった。
仕事終わりに飲み会に行ったので、彼女はOL風の制服姿。
俺は思い切って女性を誘ってみた。

「今から帰るの面倒だから横のビジネスホテルに泊まらない?」

一瞬沈黙だったが、「そだね、そうしよっか」との返事。

とりあえず成功だ。
しかし2人共こんな事になるなんて想定してないので、それほどお金を持っていなかった。
別々の部屋を取るとタクシー代より高くつく。
そこで俺はイチかバチかで言ってみた。

「割り勘でツインとって節約しない?」

お互いに酔っていたからこんな会話もできたんだと思う。

「そうしよっか~」

俺は心の中でガッツポーズをした。

2人でビジネスホテルへ入った。
当時は夏で、2人とも煙草臭かったし汗もかいていたので、女性の方が先にシャワー浴びてくると言って風呂場へ行った。
この時点で俺はもうフル勃起だった。
こっそり脱衣所に入り、脱ぎたての制服のスカートでオナニーしてやった。
でもまだここでは出さなかった。

女性が出てきて、次に俺がシャワーを浴びて5分後くらいに出ていくと、ガウン姿の女性がベッドに腰掛けていた。
もちろん俺も同じ格好だ。
勢いに任せて真横に座ってみた。
かなり酔っていることもあり、特に何も言ってこない。
もう太ももがぴったりくっつくくらい密着しているのにだ。
女性から香ってくるシャンプーやボディソープの匂いが近すぎて、股間が膨らんでバレバレ。
でも女性はそこは見ていなかった。
テレビを見ていたからだ。

ゆっくりと腰に手を回してみた。
何も言ってこない。
ここで俺は勝負に出た。

「◯◯さんってほんと綺麗だね。キスしてもいい?」

「ダーメ。彼氏いるもん」

なんか子供のような返答だった。

「でも、彼氏がいるのに男と2人でこんなとこ来ていいの?」

ちょっと攻めてみた。

「う~ん」

それに続く言葉が出てこない。

「じゃあ彼氏には内緒にしててあげる。その代わり1つお願いがあるんだけどいい?」

別に彼氏のことなんて知らないけど、そのときの彼女には十分効果があったようだ。

「フェラしてくれたら内緒にする」

最初は思いっきり照れて嫌がっていたが、お酒は人の判断力を狂わせるものだ。
特にこれだけ飲んでいれば。

ガウンを捲ってギンギンに立ったムスコを見せると女性は一瞬びっくりした顔をした。
しかしすぐに長い髪をかきあげ、俺のムスコにしゃぶりついてきた。
なんて言えばいいのか、風俗嬢がしてくれるフェラとはまるで違う気持ちよさだった。
自分の知っている女性、しかも彼女でもなく風俗嬢でもない女の子にしゃぶらせてるという状況に異常に興奮した。
ちなみに彼女、西川史子をもっと若くしてロングヘアーした感じ。
ジュボジュボと音が立ててフェラしているのを俺は上から眺めていたが、もうすぐにでもイキそうだった。
イク瞬間は女性の頭を上から軽く押さえて口の中で出した。

女性は洗面台に口をゆすぎに行って、ベッドに帰ってくると、「じゃあ私、眠いから寝るね」と言ってそのまま眠てしまった。
その隣に俺も入り、ベッドで添い寝をする形になった。
かなり深く眠っていたので素股で2回、彼女のお尻と太ももにかけてやった。

翌朝、目を覚ました女性は、俺と一緒に寝ていたことにかなり驚いていた。
どうやら昨夜のことは何も覚えていないらしい。

「もしかして昨日、私達したの?」

「覚えてないの?◯◯さんが俺に抱きついてキスしてきたんだよ」

嘘をついた。
すると、「ごめん」と謝ってきた。
俺が、「でも凄く気持ち良かったよ!」と伝えると、みるみる顔を赤くした。

実はその後、俺たちはかなり仲良くなり、彼女には彼氏がいるらしかったが時々内緒で会うようになった。
今も2人でこそこそホテルで会ってセックスしている。