私は今も母との関係を続けていますが、初体験は10年以上も前に遡ります。

高校の時に父と母が離婚して母と2人で暮らすようになるまでは、母を性の対象として考えたことはありませんでした。
ところが、それまでの広い家から極端に狭いアパートに引っ越ししてからというもの、風呂上がりの母の下着姿や、部屋の隅で服を着替えている母の下着姿を毎日のように目にするようになり、次第に母の体に興味を持つようになりました。

その時、母は43歳。
乳房は十分な大きさがあって、ブラジャーで寄せるときれいな谷間ができていました。
私は次第に湧き上がってくる母に対する性的欲求を抑えるのに苦労して、母が寝た後、勉強の机に向かいながらオナニーをしていました。

ある日、思い切って母に、「一緒に風呂に入ろうよ」と声をかけると、母は意外にも何の抵抗も見せず風呂に入ってきました。
初めて母に射精させてもらったのはその時でした。
当然、私は母の裸に目を奪われて爆発しそうなくらいに勃起して、母の体を触ってセックスをしようと試みましたが、母はきっぱりと、「今はそんなことより勉強に専念して」と言って私を押し返しました。
そして母は柔らかい肌を私に寄せ、勃起を手で優しく包み込みました。

「しゃぶってあげようか?」

そう言うと母は屈み込んで私のペニスを咥えました。
母は顔を前後に動かしながらペニス全体を丁寧にしゃぶってくれて、私はあっという間に母の口の中に射精してしまいました。
母はゆっくりと顔を上げると恍惚の表情をしていて、私が口に出したものを飲み込みました。

以来、私が母のフェラチオに夢中になったのは言うまでもありません。
毎日、母と風呂に入り、フェラチオをしてもらいました。
そんなことをしてくれたのも、大学入試を控えた私が受験勉強に集中できるようにと気遣ってくれてのことだと思います。

それから、私が母のおまんこに実際に挿入して膣内射精をするようになったのは、ずっと後のことです。
私が第一志望の大学に合格して、お祝いのグアム旅行に連れて行ってもらった時でした。
その時の様子は今でもはっきりと思い出せます。

グアムに到着した日の夜、サンセットを楽しみながらディナーを満喫した後、南国の潮風を感じたいと言う母と2人でタモンビーチへ出ました。
薄暗いビーチに腰を下ろして空を見上げると、遠くの水平線まで無数の星が煌めいていて宇宙の神秘的な美しさに感動しました。
しばらくして目が慣れてくると私たちの周囲でセックスしているカップルがたくさんいること、さらにはそれを目当てに覗きをしている観光客までいるのに気が付きました。

私は他人のセックスを間近で見るのは初めてで、すごく興奮しました。
すぐ横のカップルは、女性の尻の穴にペニスを入れてアナルセックスをしていました。
四つん這いで後ろからペニスを入れられている女性は日本人の観光客のようで、その女性の尻の穴に立派なペニスを出し入れしているのは現地のチャモロ人の男性でした。
(周りをよく見ると、ほとんどのカップルが女性は日本人で男性はチャモロ人のようでした。チャモロ人のペニスは大きかったです)

私は興奮のあまりクラクラしてきましたが、目はしっかりとカップルたちの結合部分を見ていました。
母は私があまりにもあからさまに見ているので訝しげな表情をして言いました。

「変な気持ちになるから帰ろうか・・・」

「ふうん・・・まぁね・・・帰ろうか」

私は人前でセックスをしているたくさんのカップル達を見て、この普通ではない状況に心底驚きました。

私と母がビーチの上のプロムナードまで上りきって振り返ると、カップルがまた増えていて、当然のようにセックスをはじめていました。
私は母とホテルに続くプロムナードを歩きながらも、さっき見た他人のセックスの興奮で、ずっと勃起が収まりませんでした。
そして、私の横で大きな胸を揺らして歩いている母を、この満天の星の下で犯してみたいと考えはじめていました。

私は歩きながら片手を母のハーフパンツに入れて尻やおまんこを優しく撫でました。
そんなことをしながら歩いているうちに、母は私の方に頭をもたれるようにしてきて、明らかに息遣いが変化していることがわかりました。
私の欲情にもいっそう火がつきました。

私は母の手を取ると、プロムナードの下のヤシの陰に行きました。
母をヤシの木に背中をつけて立たせ、ハーフパンツとショーツを下ろして母のおまんこを触ると、ニュルッと指が入っていきました。
母のTシャツをたくし上げてノーブラの乳房に吸い付きました。
母はその場に立った状態で乳房を吸われ、おまんこに指を入れられて私の愛撫を受けていました。

私は母を後ろ向きにして、ヤシに両手をつかせて足を開かせました。
薄暗い中にクッキリと白くて大きな尻が浮かび上がり、後ろからおまんこに指を入れるとすごく熱くて、ニュルニュルした膣穴がギューッと締め付けてきました。
私も片手で自分のハーフパンツを下ろして反り返ったペニスを出すと、尻を突き出している母の後ろからおまんこに亀頭を宛てがいました。
母は黙って私のペニスの挿入を待っているようでした。
私は母のおまんこに、ズンッと一気にペニスを挿入しました。
その時、母は小さな声を出しました。

「あっ」

ペニスが膣の奥に当たるほど深くピストンをすると、母は息を乱しながら「あぁ、あぁ~ん」と声が出るのを必死で抑えながらも小さな喘ぎ声を漏らしていました。
母もさっきのカップルたちのセックスを見て、興奮しておまんこを濡らしていたのだと思いました。

私はすぐに射精したくなってきて、母の尻を引き寄せて最後の一突きを入れて、母の膣穴に精液を放出しました。
母は私の射精に気がつくと、その豊満な尻をいっそう私に押し付けるようにしてペニスを締め付けてきました。
私のペニスは射精した後も母の体内で硬さを失わず、勃起したままでした。
私は繋がったままで母に言いました。

「さっきのカップルみたいにアナルでしてみる?」

母は肩で大きな息をしながら首を横に振りました。
嫌がっている母を無視して指に唾を付けると、それを母の尻穴に塗り付けました。

「こんなとこに入るのかな?」

私はペニスを膣穴から抜くと、ヒクヒクと動いている母の尻の穴に当てて言いました。

「いい?押し込むよ」

ペニスをゆっくりと押し込むと、入り口は固さがありましたが、そこを過ぎると広くなっていて、徐々に根元まで入っていきました。

「入った、母さん・・・入ったよ」

そのとき母が肛門を締め付けたのか、ペニス全体に快感が走りました。
そうっと出し入れをはじめると母も喘ぎはじめました。
あまりの気持ちよさに私は長持ちできず、数分で母の尻の穴の奥深くに2回目の射精をしました。
私にとって初めてのアナルセックスでしたが、それは衝撃的な快感でした。

その夜はホテルに帰ってシャワーを浴びて、もう一度母とセックスをしました。
アナルセックスの味を覚えてからというもの、私は母とセックスする時は、毎回膣穴に挿入した後でアナルへ挿入して、その痺れるような快楽に浸るようになりました。
母とのセックスは純粋に私の性欲処理として今も続けていますが、母にとっても私にとってもお互いに都合のいい相手なのかも知れません。