俺の勤める会社に、雅子さんという女性の先輩がいます。
見た感じ、ショートヘアで顔は地味だけど、まぁ可愛い感じ。
パンツスーツだから上半身はよく分からないけど、下半身は尻の肉がムチムチしてて、そこだけ見ててもエロい気分になります。

雅子先輩が屈んだ体勢になると、パンツスーツの下に穿いてるパンツの線とか、ストッキングのマチみたいなのが浮いたりします。
前に薄いベージュのスーツ上下を着ていたことがあり、その時のエロさは半端なくやばかったです。
浮いてたのはTバックのもう少し真ん中の線が太いヤツと、そこから溢れる雅子先輩の尻の肉でした。
手で掴んで揉みしだきたかったです。
下半身だけで十分すぎて、おかげでおっぱいはどうとか、あんまり胸には興味が行かないくらいです。

そんな雅子先輩とたまに昼食に行ったりします。
雅子先輩は誰彼構わず休憩時間に暇そうなヤツに、「一緒に食べに行かない?」って聞くんです。
先日、雅子先輩と一緒にスパゲティを食べているときのこと。

「ジムに行きたいんだけど時間がなくてさ」

ふと雅子先輩が言いました。

「どこやりたいんですか?」

俺が聞くと先輩は、「脚」と言いました。

「え~、必要あります~?」

なんて言いながらテーブルの下を覗きます。
雅子先輩の脚は普通に細いような気がします。
でも太めのパンツスーツなんで、そんなに詳しくは分かりませんでした。

「必要ありまくりだよ。あんまり運動もしないから筋肉ないし」

「あ、筋肉を付けたいんですか?」

「そうだよ。なんで?」

「てっきり痩せたいのかと」

「ダイエットはあんまり興味ないよ。細いしね。筋肉を付けたいわけ、脚に」

その話題はそこで終わりました。
で、なんの流れだったか、ちょっと下ネタみたいになったんです。
あ、そうそう、俺の持っているハンカチがガーゼ素材だったんです。
それを見た雅子先輩が、からかって来ました。

「エロ。それって普段何に使ってるやつ?」

一瞬なんのことかさっぱり分かりませんでした。
俺が「え?」みたいな反応をしていると、雅子先輩が「知ってるんでしょ」と言います。

「ガーゼコキしてるんでしょ?」

「んなことしないっすよ!」

「したことないの?」

「ないっすよ?」

「マジで?」(←なんだか嬉しそう)

雅子先輩は急にテンションが高くなり、「うちのアパート近いから、ちょっと来てみ!」と言いました。
あまりの急展開にビビりました。
食後のコーヒーもまだなのに!

でも結局、雅子先輩のアパート(ボロい)に連れて行かれ、床に寝かされました。

「ちょっとやらせてね」

とか言いながら雅子先輩は俺のズボンとパンツを脱がします。
ムードも何もない場所で脱ぐなんて恥ずかしすぎて勃起なんかしません。
俺の足首と脛の辺りに体育座りしている雅子先輩。
見るとパンツスーツの股の部分が・・・大変なことになっていました!
マン肉が盛り上がってスーツの真ん中の線が食い込んでいます。

(触りたい・・・)

しかし雅子先輩は俺が動くのを許してくれません。
そして丸出しのチンコに、「勃て~」と言いながら唾を垂らしてきました。
糸を引く唾と雅子先輩のぽってりしたピンクの唇。
しゃぶって欲しいと願いました。
でもその願いは叶わず、雅子先輩は垂らした唾を満遍なくチンコに塗りつけました。
そして、やる気ない手コキみたいなヤツで焦らされました。

その後、雅子先輩はスーツのズボンを脱ぎはじめました。
肌色のパンストの中には白い小さなパンティと、盛り上がりの大きい土手と、豊満過ぎるケツ肉と、細いのにむっちりしている太ももと、すらっとしたふくらはぎ。
俺はヤリたくてヤリたくてビンビンになりました。

「チンコが動いて面白い」

なんて雅子先輩は言いますが、俺はそれどころじゃありません。
雅子先輩は、「ちょっと湿らして」と言いながら、足のつま先を俺の口に突っ込んできました。

(苦しいし、ちょっと汗臭い・・・)

こんな体験はしたことがありませんでしたが、なぜかちょっと興奮しました。
雅子先輩の足をチュウチュウ吸いながら股を下から眺めます。
ストッキングの線の食い込みって、あんなにエロいんですね。

で、その後、雅子先輩は俺のチンコをストッキングの足でコキはじめました。
ソフトに踏んで上下に動かしたり(軽く潰されて)、俺の顔の上に座ってチンコを足の裏で挟んでシコったり。
シュッて音がしてました。
雅子先輩のハァハァみたいな呼吸音にも興奮しましたし、雅子先輩のお尻の真ん中が汗ばんでくるのがなんとも最高でした。
結局、僕は1分も持たずに出しました。
精根尽き果てたって感じでした。
先輩の肉厚の尻の下で酸素も薄かったですし、達成感と脱力感がすごかったです。

「ガーゼコキとかストッキングコキとか楽しいよ。1人でやってみ」

雅子先輩は言いました。
終わるとあっけらかんとしたものでした。

「先輩・・・またお願いできますか?」

「足が痛くなるからもうやだよ」

「足に筋肉付きますよ」

「足コキ筋なんか付いたら困るから」

そんなわけで、俺を勝手に犯して目覚めさせておきながら、雅子先輩はツンデレでした。