少し前のことです。
朝の通勤電車で、こちらに背を向けて、小柄な女の子が立っていました。
時々横顔がチラリと見えました。
顔の幼さから、(高校生かな?でも平日に私服だから大学生かな?)なんて思いながらボーッとしていたんです。

すると、その子が背負っていたリュックに手を伸ばしはじめました。
そのリュックは濃い茶色の小さいもので、彼女の細い腰の辺りにチャックがありました。
彼女はなかなか上手くチャックを開けることができないようでした。
そのうちに彼女の指が私の股間を少しずつ刺激してきて、ペニスはムクムクと反応しはじめました。
その日は薄手のスリムスーツだったので感触が直に伝わり、股間を見ることはできませんが、その形がズボンにクッキリ浮かび上がっているのがはっきり分かりました。

彼女はチャックを開けるのに手間取っていて、私の股間への刺激は続いています。
また私の周りは若い女の子が多く、女の匂いってやつがさらに私の下半身を刺激しました。

(もう限界だ・・・)

そう思った時、股間の刺激に変化がありました。
いつの間にかチャックとの格闘は終わったようで、リュックの中を彼女の手は這いずり、今度はリュック越しの刺激に変わったのです。
それは先程までの柔らかな刺激ではなく、硬く尖った刺激でした。
裏筋をツーッと爪で撫で上げるような・・・。
私は恥ずかしさと気持ち良さで立っているのが精一杯になりはじめました。
これ以上の刺激は射精の危険があると感じました。
体の方向をなんとか横にできないかと思っていた時、やっと彼女からの刺激が終わりました。
どうやら探し物が見つかったようです。

(なんとかスーツを汚さずに済んだ)

ほっとした瞬間でした。
リュックから出た彼女の小さな手が、さっきまで格闘していたチャックと勘違いしたのか、限界間近な亀頭を摘んだのです。
しかしパンパンに膨れているため彼女の指は亀頭の表面を滑っただけでした。
その瞬間、彼女は「アッ」と声を上げ、顔をこちらに向けました。
自分のしたことに気付いたのか、「す、すみません」と彼女。
彼女と目が合い、「いいえ」と答えようとした瞬間でした。

(ウッ、ンー)

情けなくも、私はイッてしまいました。
ドクドクと脈打つ股間。
イキ顔を見られながら呆然としていると、「大丈夫ですか?」と彼女が聞いてきました。
まさか私が射精しているとも知らない彼女のあどけない顔を私は直視することができず、「は、はい」とだけ答えて俯きました。
なかなか止まらない射精でしたが、ようやくパンツの中で出尽くしたようです。
すぐに股間から独特の匂いが立ちのぼってきたため、彼女は私に何が起きたかを察知したようで眉をしかめて顔を背けてしまいました。
次の駅に着くまでの時間、私は針のむしろでした。