3つ年下の妹、ほのかとのことを書きたいと思います。

妹は小さい頃から私にべったりでした。
例えば小3の終わりに母親に禁止されるまで、当然のように私と一緒に風呂に入っていましたし、それ以降も何かと理由を付けては私の部屋に入り浸っていました。
夜、ベッドに潜り込んでくることも頻繁にありました。

それは妹が小学校の高学年になっても変わらず、中学生の私にはとても刺激の強い毎日でした。
当時の私は特に近親相姦願望はありませんでしたが(知識はありました)、一番身近な女の子(というより女の体)である妹が無防備にくっ付いてきて、しかも贔屓目抜きにしても可愛い自慢の妹でしたから、私にとって妹が一番のズリネタではありました。

私が中3の夏休みに入ってすぐに母親が手術のために10日ほど入院したことがありました。
その間は叔母が泊まって世話をしてくれていたんですが、1日だけ仕事の都合で帰宅が深夜になってしまう日がありました。
この日、妹は最初からその気だったのだと思います。
夕飯の時からすごいハイテンションでしたから。

その夜、私が風呂に入ると、すぐに妹が「体洗ったげる!」と扉を開けて入ってきました。
びっくりして振り返ると、そこには全裸の妹が立っていました。
すぐに目を逸らせましたが、私の目には妹の裸身が焼き付いていました。
想像以上に膨らんだ胸。
生え揃った陰毛。
当時の私にとって妹の体は1人前の女の体でした。

たちまちペニスが痛いほどに勃起しましたが、タオルを持ち込んでいなかった私は妹に背を向けて隠すしかありません。
そんな私の気持ちに気付いていないのか、妹は楽しそうにしゃべりながら私の背中を洗いはじめました。
「出ていけ」と言っても聞く耳を持ちません。
やがて背中を流し終えた妹は、私の耳元で囁きました。

「お兄ちゃん、おちんちんおっきくしてるね。私の裸に興奮した?」

妹は私の勃起にとっくに気付いていたのです。

「ガキのくせに何言ってんだよ!早く出ていけよ!」

恥ずかしさで頭に血がのぼった私がそう言うと、妹は「また子供扱いして・・・」とちょっと怒ったように呟くと、体をピタッとすり寄せてきました。
背中に妹の柔らかいバストが押し付けられています。
初めて味わう感触に言葉も出ませんでした。

「もう私、子供じゃないんだからね」

妹の熱い息が耳に当たりました。

「赤ちゃんだってできるんだから・・・」

何を言ったらいいのかすらわかりません。
ペニスがピクンピクンと震えています。
そのまましばらく無言でしたが・・・。

「お兄ちゃんはもうエッチしたことある?」

妹が聞いてきました。

「まだねぇよ」

そう答えました。
またしばらく間があって・・・。

「彼女とは?お兄ちゃん彼女いるじゃん・・・」

確かに当時、私には付き合っている彼女がいましたが、一度キスから先に進もうとした時に拒否られてしまい、まだ未経験の状態でした。
そんな話は妹に言いたくなかったのですが、早くこの状況から抜け出したかった私は妹に聞かれるまま正直に答えてしまいました。
すると妹は決定的な言葉を囁きました。

「お兄ちゃん、可哀想・・・。私ならいつでもいいよ・・・。お兄ちゃんが『したい』って言ってくれたら、いつでもしていいよ・・・」

我慢の糸がプツンと切れました。

「知らないからな・・・」

振り返った私は全裸の妹をきつく抱き締めました。
その後は体を拭くのももどかしく私の部屋に移動して、童貞と処女を捧げあいました。
妹を抱き締めてベッドに押し倒してキスをして・・・。
でも、そこからは迷いました。
なんせ私も妹も初めてでしたから。
AVを思い出し、妹の胸を揉んで吸い付いて・・・。
妹が協力してくれたからなんとか完遂できたようなものです。

でもいよいよ挿入の時、ペニスが半分までしか入っていないところで我慢できなくなって、そのまま中に出してしまったのです。
妹は気付いていなかったようですが、まさか挿入の途中で我慢できなくなって射精したなんて恥ずかしくて言えませんでした。
勃起が収まる様子もなかったので、そのまま続けて奥まで挿入したのですが、結局はまたすぐに中に出してしまいました。
この時は気持ちいいとか感じる余裕など全くなくて、ただただ(セックスしてるんだ!)ってことに興奮している感じでした。
こうして私と妹の兄妹同士での初体験は終わりました。

翌日から私たちは猿のようにやりまくりました。
なんといっても夏休みに入ったばかりです。
しばらくして母親が退院してきましたが、数日で仕事に復帰したので昼間はやり放題でした。
すぐに妹も快感を覚えるようになり、暇さえあれば求め合っていました。
彼女とはその後も続いて秋には処女もいただいたのですが、その時ちょっと強引にやって泣かせてしまい、それ以来気まずくなって結局別れてしまいました。

あれから6年が経ちましたが、妹との関係は今も続いています。
私も人並みに何人かの女性と付き合いましたが、結局妹に戻ってしまいます。
妹は私一筋のようですが、私が他の女性と付き合っても必ず最後は自分のところに戻ってくると思っているのかまったく動じません。
(そのような時期にするエッチでは非常に激しく求めてきます)

私自身、最近は自覚があります。
自慢の妹の女の部分に兄である私が魅せられて、この禁断の関係から抜け出せなくなっているのかも知れません。