この間の出来事です。
私は連絡なしでおにいの家に行きました。
夜の8時過ぎ。

ピンポーン。

兄「はい!」

私「遊びに来たよ」

兄「え?いや、今日は無理やて」

女「先輩、どうしたんですか?」

私「?!」

おにいの家に彼女さんがいました。
初めて会いましたが、すごく可愛くて料理もできて性格も可愛い人でした。

私「ごめんなさい!どうしよう、今日・・・」

兄「少し待ってろ。怜、ごめんやけど手違いで妹が来て、お泊まりできんなった」

彼女「んー。分かった。それじゃあしょうがないね。じゃあお泊まりは次ね」

兄「ごめんな!ありがと」

彼女「でも、もう少し居てもいいでしょ?」

兄「うん、もちろん。帰るらしいからいいよ」

私「・・・ぅん」

おにいの彼女さんと初対面で緊張。

彼女「先輩とお付き合いしてる怜です。よろしくね」

私「妹の彩です。こちらこそです」

彼女「先輩の妹さん、可愛いですね」

3人用のソファーにおにいと彼女さんが2人で座ってテレビを見ていました。
おにいが楽しそうにしているのはいいけど、胸が少し重くなりました。

私「私、疲れたから寝るね」

そう言って私はベッドに。

兄「ん・・・おやすみ」

彼女「先輩?」

兄「ん?2人の時はあだ名呼びやろ?」

ちょうどテレビドラマがラブシーンになりました。

兄「怜・・・」

彼女「んっ」

チュッ、チュッ、クチュ・・・。

彼女「◯◯くん、妹さんがいるんだからダメだよ」

兄「大丈夫。怜は嫌?」

彼女「ううん」

兄「じゃあ大丈夫やな」

チュッ、チュッ、クチュクチュ・・・。

彼女「んっ。待って、お風呂借りるね」

兄「オレも一緒に入る」

私は寝たふりをするのが辛くなってきました。
でも気になったので、お風呂場の近くまで行って盗み聴きをしました。

彼女「◯◯くん、くすぐったいよ~」

兄「怜が可愛いから弄りたくなるんや。俺が洗ってやろか?」

彼女「うん」

少しして上がってきたのでまたベッドへ。
そしたら部屋の灯りが暗くなりました。

彼女「◯◯くん?先輩って呼ぶね、今日だけ」

兄「ん、いいよ!」

彼女「んっ、チュックチュクチュクチュ・・・あん」

兄「いきなりそんな声出したら・・・」

彼女「だって・・・んっんっ」

兄「可愛い。下は・・・?」

彼女「んっっ、ああ、ダメ、舐めたら・・・あん、んっんっんあ!」

兄「あっ・・・ゴムない」

彼女「・・・先輩、生でいいよ」

兄「中で出したらどうする?」

彼女「大丈夫。先輩のことが大好きだから」

兄「俺も好きやで」

彼女「んっ・・・んっ・・・んっ」

兄「そんな声出したら彩が起きてまうで」

(・・・起きてます)

彼女「・・・んあ、無理ー、んっんっんっんっんん!!」

兄「おいしょ、怜が腰動かして」

彼女「あっあっあっんっんっんっんっんっんっんっんっんっ」

兄「うっ!そろそろヤバイ」

彼女「んっんっ、もうダメ」

兄「もう少しやから」

彼女「んっんっんっんっんっんっ」

兄「あっ、掴むなって、ヤバい。うっ・・・ハァーハァー。もう少しでマジで中出しになりよったぞ」

彼女「先輩が激しくするから」

兄「シャワー浴びるか?」

私も体が熱くなって、アソコが少し濡れているのがわかりました。
2人がシャワーを浴びている間にオナニーをしてしまいました。