俺は19歳、妹の美羽は18歳(高3)です。
去年の暮れに妹と関係を持つ・・・まではいきませんが、近親相姦にあたるであろうことをしてしまいました。

家は6人家族で、父、母、長男(俺)、妹、次男、三男の構成です。
美羽は見た目は普通ですが、性格が良くて話すと楽しいので色んな話をします。

俺「お前さ~、今誰かと付き合ってんの?」

美羽「え~?なんでそんなこと聞くの?」

俺「相手がいないなら俺が食べちゃおうかなと(笑)」

美羽「ばかじゃないの?変態!」

俺「男はみんな変態だと言っておこう」

美羽「何それ~?そんな度胸おにいちゃんないでしょ?(笑)」

俺「おおっと、言うねぇこの子」

美羽「でもそうでしょ?」

俺「てか兄妹だし!度胸とか関係ないし!」

美羽「それって言い訳?」

俺「じゃあ今から犯してもいいのかよ?(笑)」

美羽「やれるもんならやってみなよ(笑)」

ここまで言われたら、少しくらい触っても文句ないだろうと思い、ジャージの上からケツを軽く叩くように触った。

美羽「ちょっと!それじゃ体育の先生と同じじゃん!(笑)」

俺「(笑)」

こんなバカな会話も、いつもはここで終わるのにその日は違った。

美羽「せめてこれくらいはしなきゃ」

そう言って妹が俺の手を胸に持っていこうとしたので俺は焦った。

俺「おいおい!兄貴に胸なんて触らせるな」

美羽「いやいや、逆におにーちゃんだからこそ、これくらい気にしないんだけど(笑)」

なんか変だな・・・。
そーいえばこいつ、さっき酒飲んでやがった!!
全く飲めない俺を尻目に!

俺「お前、酔ってるだろ?」

美羽「ちょっとね(笑)」

俺「じゃあもう寝ればー。いいよなー、酒飲めるやつは」

美羽「おにーちゃん全然飲めないもんね」

俺「ちぇっ」

ここで話は終わったんだが、なぜか妹は部屋から出ていかない。
俺はちょっと息子の処理をしたかったので追い出そうとした。

俺「あのー、美羽様、いつまで私の部屋にいらっしゃるおつもりで?」

美羽「んー?おにーちゃんの部屋って居心地いいんだもん」

俺「申しわけありませんが、私は少しやることが・・・」

美羽「あ、なるほどね(笑)」

俺「理解されても恥ずかしいが、まあ・・・そーいうこと(笑)」

美羽「全く~男ってほんとに・・・」

とか言いながら、ようやく妹は部屋から出ていった。

俺「ふー・・・やるか・・・」

10分ほどで処理作業が終わり、風呂に行くと三男が先に入っていたらしく、仕方ないので部屋に戻った。
すると、また美羽がいた。

俺「なんでまたいるの?」

美羽「もう終わったんでしょ?だったらいいじゃん(笑)」

俺「はずいからそのことにはもう触れてくれるな」

美羽「そんなに恥ずかしいのになんでするの(笑)」

俺「それはあれだよ・・・っておい!もうその話は無しにしようってば」

美羽「あたし今、ちょっと変な気分なんだ~」

俺「じゃあ自分の部屋に戻って処理すりゃあいいじゃん(笑)」

美羽「おにーちゃんにしてもらいたいんだけど」

俺「女の子がそんなことを言うもんじゃありません!」

美羽「ダメなの?」

俺「いやいやいや!ダメに決まってるだろうが!」

美羽「なんで?」

俺「お前ホント今日飲みすぎただろ・・・普通に兄妹でそんなんあり得ないだろ?」

俺は口では「ダメ」を連呼していたが、最近ご無沙汰だったので女の味を忘れつつあり、(これが妹じゃなければなー)と頭では思っていた。

美羽「お願い・・・」

俺「・・・じゃあ手と口だけでいい?」

美羽「本当?やったぁ!」

俺「もちろん誰にも言うなよ?」

美羽「わかった♪」

・・・。

美羽「あっ・・・あん、そこ・・・きもちぃ・・・おにーちゃん上手いね」

俺「まあそれなりに経験あるしな」

美羽「ねえ・・・入れて欲しいよぅ」

俺「それはダメ」

美羽「大丈夫だって~」

俺「頼む・・・もう言うな・・・こっちだって我慢してんだから」

美羽「ごめん・・・」

クリを中心に舌で責めつつ、指2本をゆっくり出し入れしてやった。

美羽「ああああぁっ!!!やばい~!やばい!!!イク!」

俺の強靭な理性で挿入には至らなかったが、これも一種の近親相姦だよね?