大学1年の時にバイト先の神◯女学院の先輩とやった。
顔は仲間由紀恵似で清楚な感じなのに、体がとにかくムチムチしててエロく、バイト先でも高嶺の花という感じだった。

テスト前に休憩所でドイツ語の勉強をしていたら、「私、得意だから教えてあげようか?」と彼女。
そこで少し教えてもらったが、テストが明後日だったので次の日も教えてもらうことになった。
最初はファミレスでやろうと言ってたけど、辞書とか重い教科書を持ち歩くのが大変という理由で、うちに来てもらうことに成功。

とにかくまじめな人なので、とことんわかるまで教えてくれようとするからきりがない。
あっという間に夜になったので、お礼に得意のパスタを振る舞って、うちにあったワインを出した。
酒は弱いからと言って拒んでいたが、なんとか一口飲ませるとそこからはアルコールも進みだした。

しばらくすると本当に顔が真っ赤に。
そんなに露出が多い格好でもなかったが、ストライプシャツの胸元が肌蹴て谷間が露わになっている。
ちょっと気持ち悪いと言うので、ソファーに座らせて背中を擦りながらボディタッチを増やしていった。
すると息が荒くなってきたので、少しずつ胸に手をずらしていくが抵抗しない。

そこで、「由紀恵さん、前から好きだったんです!」とのしかかってキス。

彼女は、「そんな・・・」と顔を背けようとするが、やはり抵抗は弱い。

唇をこじ開けて舌を入れ、シャツの上から胸を揉みしだいてやった。
息も激しくなっていたので、キスしながらシャツを脱がせ、ブラをまくし上げた。
さすがはお嬢様学校だけあって、ブラは黒にレースの刺繍の入った高そうなやつだ。
胸はめちゃくちゃデカいというほどではないが、形と色はとにかくきれい。

ピンク色の乳首を舐めると、だんだん喘ぎ声が大きくなってきた。
すぐにジーンズを引き下げると、上とお揃いの黒。
しかも布の面積の狭いこと!
むっちりした下半身に興奮して太ももを舐め回してやると、愛液がどんどん流れ出てくる。

「大変なことになってますよ」

意地悪く言ってやると・・・。

「やだ・・・あんまり見ないで。恥ずかしい・・・」

本当に恥ずかしそうだ。
しかし、そんな事にはかまわず脚を思いっきり開かせて、わざと荒々しく音を立ててクンニをした。
案の定、お尻の方まで愛液が流れ出していた。

そこで体勢を入れ替えて69に持っていった。
フェラは正直あまり上手くはないが、とにかく一生懸命にやってくれた。
俺は咥えられる前からフル勃起していたので、ゴムを付けてディープキスをしながら正常位で挿入。
しばらくして彼女のムチムチな下半身が堪能できるバックに移行した。
バックからガンガン突いてやると、彼女は絶叫しながら同時にイッた。
お掃除フェラをしてもらって、2回戦は騎乗位、対面座位とたっぷり楽しませてもらった。

それがきっかけで付き合うようになり、3年経った今も続いている。
とにかく彼女のムチムチな下半身とエロい下着が好きなので全然飽きることなく、今も週に1回は必ずやっている。