初体験は僕が高2の頃です。
その時、小学5年だった妹とやりました。

その日はどしゃぶりの雨で、両親も出かけていて帰りが遅くなるとのこと。
僕は隠していた裏ビデオを見ていましたが、そこに妹が帰宅。
僕は慌ててズボンを穿いて、左手に持っていたティッシュを丸めてごみ箱にポイ!
その後、何気なく一緒にテレビを観ていましたが、なにしろオナニーの途中だった僕は、すぐ隣で下着のシャツとミニスカート姿で横になってる妹の姿にすっかり欲情してしまいました。
年が離れていたせいか、妹は僕によく懐いていて、初潮を迎えるまでは一緒に風呂に入ったりした仲でした。

テレビがあまり面白くなかったのか、妹は「腕枕して~」と言って、僕の腕の中に入ってきました。
その瞬間、僕の中で何かが切れたのを感じました。
僕はちょっと膨らんだおっぱいの尖った乳首を、「ピヨッ」と言って押しました。
すると妹は嬉しそうに、「お兄ちゃんのエッチーーー!」と言って胸を隠します。

僕は起き上がった妹の後ろから、さっと手をおっぱいに滑り込ませました。
その上から妹の肘が押さえつけてきます。

僕が「揉ませろ」と言うと・・・。

「ヤーッ!」

これまた妹は嬉しそうに言います。
1分くらい粘ったでしょうか、さすがに2人ともバテてきました。

「お風呂入ろっか?」

「えーっ?お兄ちゃんと~?」

妹はニヤニヤして5、6秒迷ってからこう答えました。

「いいよ」

先に妹に入ってもらい、僕は風呂に入る前からイキそうだったので、とりあえずトイレで抜いてから入りました。
抜いて、ふにゃった状態で入ろうと思ったのですが、なかなかチンポが萎えてくれません!
仕方なく、最大級の状態で臨みました。
僕は前を隠して入ったのですが、さすがに隠し切れるものではなく、妹もそれを見て恥ずかしそうにしていました。

その頃はアパートに住んでいたので、風呂は団地サイズの小さなものでしたが、そこに2人で入りました。
お湯がザーとこぼれ、狭い湯船に2人っきり。
人生最高の瞬間でした。

2人ともなんだか照れて、初めは会話も少なかったのですが、次第にテンションも上がってエッチな方向へ。
僕は妹にオナニーをしたことがあるか聞きました。
すると、「お兄ちゃんは?」と聞き返されたので、正直に「ある」と言ってやりました。
すると妹に言われました。

「知ってるもん。こないだエッチなビデオ見ながらやってたでしょ」

ちなみに妹もオナニーはとっくに経験済みでした。

「やった場所は?」

普段はベッドで、たまに学校のトイレなんかでもすると妹は言いました。
当時の僕には非常に衝撃的な内容でした。

そうこうするうちに我慢の限界がやって来て、僕は「じゃあイッたことはある?」と聞いた直後、妹の返事を待たずに・・・。

「射精するとこを見せてやる」

そう言って立ち上がり、壁にめがけて射精しました。
意味不明な僕の行動に妹は目を白黒させていました。

「すごいやろ?」

「うわー、すごーい」

なぜか妹は感心したようでした。
それでちょっと余裕の出た僕が、「体の洗いっこをしよう」と提案すると、妹もそれに快く応じてくれました。

風呂場には椅子がひとつしかないので、まずは僕が座って洗ってもらうことにしました。
背中からはじめて、首、胸、腕、足、そして最後にチンポも洗ってくれました。
その頃にはもうとっくに大きくなっていて、妹の指で摘まれただけで、またイッてしまいました。
すると妹が火照った顔で聞いてきました。

「気持ちいいの?」

2人ともすっかりエッチな雰囲気に包まれてしまいました。
僕は「交代」と言って後ろから妹の体を洗いました。
タオルは使わず、手に石鹸を付けて妹の体を撫で回しました。
妹は何の抵抗もせず、僕にされるがままでした。

妹の胸を揉みまくった後、自然と妹のマンコに指が向かいました。
少し毛の生えたマンコを指で揉みしだき、クリトリスを中指で擦ってやると、妹は体の力が抜けて、足を大きく開いて僕にもたれかかってきました。
僕は妹を引き寄せて、僕のお腹の上に乗せました。
そして妹にチンポを入れようとしましたが、なかなか入りません。
僕が手間取っていると、妹が膣口にあてがってくれました。
そのまま滑らせるようにして少しずつ入れていきました。
その時の感触と卑猥な音は今でも忘れられません。
体勢のせいもあって思うように腰は振れませんでしたが、入れてから1分くらいで僕はイッてしまいました。
夢中だったので中出ししてしまいました。
その後、泡だらけのまま立ちバックでやりました。
最後は湯船の中で向かい合って一つになったまま、「好き」とか「愛してる」とか言いました。

これが僕の初体験です。
そんな妹も今は短大生です。
最近は僕なんかに見向きもしてくれませんが、2人の関係は妹に2人目の彼氏ができた高1の秋まで続きました。