当時、結婚を数ヶ月後に控えていた俺の会社の飲み会での話です。
それなりに可愛い彼女を手に入れて、ようやく結婚までこぎつけた矢先のことです。

会社の飲み会で、温泉旅館を使って泊まりで開催することになりました。
俺や他の同僚たちも、旅館で泊まりということもありベロベロに酔い潰れて、みんなかなり盛り上がっていました。
そろそろ彼女に連絡を入れようと、1人で部屋に戻って電話で話していると、コンコンとドアをノックする音が聞こえました。

「どうぞ~」と声をかけると、同僚の女の子でした。

「だいぶ酔ってらしたみたいだったので、お水をどうぞ」

気を利かせてわざわざ持ってきてくれたようでした。

その子は会社ではどちらかというとモテないタイプ。
性格はいい方だと思うけど、見た目が少しふくよかで、顔もまぁそこそこ・・・。
これでもかなり良く言っているつもりです。

その子が持ってきてくれた水を飲んで、みんなのところに戻る前に彼女とメールをしていたら、布団の上だったこともあってかウトウトして寝てしまったようでした。
目が覚めると、なんだか体に圧迫感を感じました。
まだ意識も朦朧としていたので状況が呑み込めませんでしたが、目を開けると、なんと先ほど水を持ってきてくれた女子社員が俺の上で馬乗りになって腰を振っているではありませんか。

「何してるんだ!」

声を出したら手で口を押さえられてしまいました。

「しばらく大人しくしておいて。じゃないと大事なとこに傷がつきますよ」

怖いほど冷静な声で彼女が言ってきました。
どうやらさっきの水に睡眠薬が入っていたようです。
騎乗位の体勢ですでに挿入して腰を動かしている。
しかも避妊具も付けずに。

すぐにやめさせようとしたが、それは簡単なことではありませんでした。
なぜなら、手はぐるぐる巻きに縛られて部屋の柱に繋がれており、その上、彼女は普通の女の子より重いから。
男に近いくらいの体重だと思います。

「おい、いい加減にしろ!こんなことして許されると思っているのか!」

また声をあげると今度はグーで上から腹を殴ってきました。

「うっ!」

相当な痛みでした。

「黙って私を気持ちよくさせて!」

巨漢を揺らしながら腰を振る女子社員。
感覚的に完全には勃起していないように感じた。
それは彼女もわかっていたようで・・・。

「フェラしてあげるからもっと硬くして」

体を一旦外して咥えてきました。
絶対に勃起してやるものかと我慢しましたが、こればかりは体が勝手に反応してどうにもなりません。

「ちなみに今、音声無しでビデオ撮影しているから。縛ってる手は映らないようにしてね。あと、警察に言ったりしたらあなたの彼女に動画を送りつけるから」

また冷静な声で言ってくる彼女。
そうこうしているうちに勃起は最大限になってきて・・・。

「じゃあ入れるからね」

ずっしりと重い体がのしかかってきました。

「あぁ、さっきより気持ちいい」

彼女の腰振りも速くなってきます。
こんなことが彼女にバレたら大変なことになると、ずっと考えていました。
ピストンするたびにお腹に衝撃がきます。
すると今度は、騎乗位で腰を振りながら体を前に倒してキスをしようとしてきました。
必死に抵抗しましたが、手は使えないし、それ以前にこの女がとにかく怖かったんです。
女は今度は顔にそのデカい尻を乗せてきました。

「ん~!」

息ができませんでした。

「言うことを聞かなかったら、こうよ?」

そう言ってマンコを鼻に擦りつけてくるんです。

「これも気持ちいいかも」

最悪でした。

「じゃあまた気持ちよくしてもらおうっと」

そう言うと、また騎乗位で挿入してきて、かなり速く動かしてきました。

「いつまで耐えられるかな?」

不敵な笑みを浮かべながらこっちを見ています。
相手は醜いデブ女だというのに、だんだん気持ちよくなってきました。
それを察したのか、女はさらにスピードを上げて、たまらず俺は中に射精してしまいました。
俺のイキ顔を楽しむように眺めて、中出しの余韻を楽しんでいたようでした。
でも、これで終わりではありませんでした。

「私がイクまでは終わらないから」

またしても激しく腰を動かしてきたんです。
俺にしがみつくようにして激しく腰を動かし、ついに彼女もイッたようでした。

「あなたとは相性はいいみたい。これからもよろしくね」

その後、腕を解かれて解放されましたが、反抗する気力は残っていませんでした。
どうやら動画データは全てコピーされているようで、携帯から彼女の連絡先も知られてしまいました。

ビクビクして過ごす日々が続いていますが、先日、給湯室の前を通りかかったら彼女に声をかけられました。

「生理が来ないんですよね~。あ、◯◯さんにこんな話をしても仕方ないですよね。ごめんなさい」

そう言った後、彼女は不敵な笑みを浮かべていました。