大学生の時に母親とセックスしました。

僕の両親は僕が小学生のときに離婚しました。
僕は母に引き取られて育てられました。
母はタクシーの運転手をしながら僕を大学にまで行かせてくれました。

女手ひとつで僕を育ててきた母は、男社会の中で生きているということもあり、男勝りでおおらかで、きっぷのいい人です。
僕が思春期に彼女ができて恋愛の悩みとかを抱えたときも、普通に母に相談して解決してきました。
そんなわけで、何事も包み隠さず、オープンに話せる親子関係だと思います。

僕が大学4年の時のことです。
当時、サークルで知り合った彼女と別れた僕は、かなり凹んでいました。
その日は、母が会社の飲み会か何かで夜出かけていたので、僕はリビングの大画面テレビでエッチなDVDを観ながらオナニーすることにしました。
いつもは自分の部屋にこもって、パソコンのモニターで動画を観ながらシコシコしていたので、リビングという広い場所で、全裸になって、大画面の迫力のある映像を観ながら大音量でエッチな声や音を聴きながらするオナニーは格別でした。
何枚かの動画を観ながらシコり続け、我慢汁は出まくりでした。
大画面に映ったAV男優の腰使いと自分の腰の動きを合わせてみると、本当にAV女優とやっているような気分になります。

「あぁ、はぁ・・・気持ちいいよ・・・」

思わず声まで出てしまいます。
僕は最高のオナニータイムを満喫していました。
そろそろイクかなと思った瞬間でした。
ふと気配を感じて横を向くと、そこに母が立っていたのです。

(・・・!)

僕は瞬時にうつ伏せになって股間を隠しました。

「何してんの?」

母の声と僕の声がハモりました。

「ちょっ、帰ってきたら普通、『ただいま』とかなんか言って入ってくるだろ?」

全裸の僕は言いました。

「言ったよ、さっき、ただいまって」

母は赤い顔をしています。
どうやら酔っているようです。

「帰りは9時過ぎとか言ってなかった?まだ8時前だけど」

「遠方からの人もいるし、明日の朝から勤務の人もいるから早めに終わったのよ。それより、なんてことしてるの?」

母が僕の股間を覗き込みました。
僕が隠そうとすると、「どれどれ」と面白がって僕の手をどけようとします。

「何すんだよ!」

僕が母の手を振り払おうとしたとき、勃起したままのチンポが露わになってしまいました。

「すごい、立派になって」

母は両手で口を覆いながら言いました。
僕はそのとき、ちょっと誇らしげな気分になって、そのままチンポを隠さずにいました。

「それを触ってたんだ、1人で」

「そ、そうだよ」

「いつも、やってるの?自分の部屋で」

「ま、まあね・・・」

母は興味津々な顔をして、しげしげと息子である僕のチンポを見つめています。
変態な僕は母に見つめられるほど勃起させてしまいました。

「あら、なんか出てるよ、先から」

母に言われて見ると、亀頭の先から玉になった我慢汁がこぼれかけていました。

「すごい。いつもどうやってしてるか、ちょっと見せてごらんよ、ほら」

母は明るい調子で言います。

「ほら、お小遣いあげるから。1万でどう?」

その時金欠だった僕は、「1万」に反応しました。

「マジで?ほんとにくれる?」

そう言いながら、すでにチンポを握った僕の右手は上下に始動していました。
母が間近にしゃがんで僕のチンポを見ています。
僕は恥ずかしい気持ちよりも1万円が欲しいという気持ちが勝っていました。

「それで気持ちいいの?」

母に訊かれた僕は、「まあね」と言いながらシコシコしていました。
というか気持ち良かったのは事実です。
母であろうと誰であろうと、誰かに見られながらするオナニーがこれほど気持ちいいものとは思いもよりませんでした。
そして、さらに僕の気持ちは高揚していきました。
セックスがしたくなったのです。

「ねえ、冗談でセックスしない?」

僕がシコシコしながら言うと、母は一瞬驚いた表情を浮かべ、「何バカなこと言って。親子だよ」と言いました。

「そりゃそうだけど。本気でするわけじゃないし。恋人でも夫婦でもないんだから。演技でいいんだよ」

「演技?」

母の目が少し潤んでいました。

「そう、演技。アダルトビデオだって男優と女優の演技だよ。本気でセックスしてるわけでしゃないし。セックスシーンが終わったら、『お疲れさんでした』ってバイバイ。そうでしょ?」

「それはそうかもしれないけど、事が事でしょ」

母は僕のチンポを見ながら言いました。

「別に母さんと俺が愛し合って結婚とかなったら大変だけど。なんていうかスポーツと同じだよ。テニスとか卓球とかするのと。セックスも、そこに愛がなければ体力を使うスポーツと同じ。そう思わない?」

見事言いくるめられた母の上に僕は乗っていました。
もちろん2人とも全裸です。

「なんか騙されてない?」

酒臭い息で母が言いました。
我が親ながら、母はいやらしい体をしていました。
ブルンブルンの胸はGカップとのこと。
仰向けになっても崩れないのはあっぱれでした。
早速、赤ん坊のときに吸っていた乳首を口に含みました。
すでにコリコリ状態でした。

「久しぶりだから・・・」

母は以後、寡黙になりました。
なぜなら口を開けば喘いでしまうから。
僕は母の乳首を容赦なく舐め回しました。
母は体をピクピクと反応させながら、出そうになる声を必死にこらえている様子でした。

おもむろにショーツの上から股間に手を当てると母は大きく反応しました。
手を当てたままクリの位置で中指を小刻みに動かすと、母の腰が遠慮気味に動きはじめます。
興奮して母のショーツを脱がせると、勃起したチンポを垂直に母の割れ目に宛てがいました。
ジョリジョリしたマン毛の感触がたまりません。
ふと母の顔を見ると、困ったような、半べそをかいているような顔でした。

僕が舌をべろっと出すと、母もべろっと出してきて、ベロチュウになりました。

「これも演技」と僕が言うと、母はいっそう激しいキスをしてきました。

その間、僕はチンポで母のマンコを擦りました。

「ねえ、もう入れて、早く入れて、ねえ」

母はすっかり女の顔になってねだってきました。

「わかった」

僕はヌルヌルでカチカチのチンポを母の入口に押し当てると、ゆっくりと腰を沈めました。
母はまるでオペラ歌手のような艶やかな声を発しながら息子のチンポを受け入れていきました。
僕は僕で、絶対に入れてはいけないところに入れてしまっているという甘美すぎる背徳感を全身で感じ、打ち震えながら母の中に根元まで入れ込んでしまいました。