半年後に結婚を控えている32歳の会社員の男です。
結婚する相手は会社の専務の次女で、専務の紹介でした。
僕は自分で言うのもなんですが、仕事ぶりはまじめで、実績もあげており、将来を嘱望されている存在だと思います。
その意味でも、現社長の弟である専務の娘と結婚することは、僕の未来にとって大事なことだと思っています。
しかし、何か割り切れないというか満たされないのです。

彼女は有名短大を出て、一流のファッションブランドで働いていて、性格も良く、それこそ才色兼備で非の打ち所がない女性です。
でも合わないのです。
セックスが。
あまりエロくないというか・・・。
いや、そもそも、ありきたりのノーマルなセックスに満足できない僕の問題だと思います。

僕はとある田舎の農村で生まれました。
鉄道は通ってなくて、駅から30分ほどかかるバスが1日に数本通るだけのすごい田舎です。
そこで生まれ育った僕が小学2年の時に見た衝撃的な光景。
これが、その後の僕の性癖に影響を与えたのかもしれません。

夏休みのある日の午後、僕はカブトムシを獲りに1人で出かけました。
いつも狙っているクヌギの木の辺りまで来たときに女性の悲鳴を聞きました。
声のする方に行ってみるとトウモロコシ畑の中でガサガサと音がしています。
ドキドキしながら近づいてみると、男が女の人の股に顔をつけて何かしていました。
女の人の下半身は裸でした。
女の人は泣きながら抵抗していました。
よく見ると、その女の人は幼馴染の友だちの母親でした。
男は知らない人でした。
僕はその衝撃的な光景に食い入るように見ていましたが、やがて男はズボンとパンツを脱ぎ捨てて、おばさんの上に乗っかりました。

「やめて!」というおばさんの声がして、僕は怖くなってその場を去りました。

中学生になって自慰を覚えてからは、あの時に見た光景を何度となく思い浮かべてしました。
そして、自分もあの男と同じことがしてみたいと思うようになりました。
しかし、もし実際にしてしまえば将来がなくなると思い、なんとか自制してきました。
その代わりに、凌辱モノと呼ばれるアダルトビデオを観て我慢するようになったのでした。
こうした性癖は友だちにも話したことがなく、もちろん結婚相手の彼女も知りません。
しかし結婚が決まっから、そうした願望がどんどん頭をもたげてきたのです。

ついに僕は出会い系の掲示板にメッセージを載せました。

『レイププレイをさせてくれる人募集』と。

すると、すぐに反応がありました。
『普段は隠していますが、そういう願望があります』とか『実際は怖いけど、“ごっこ”ならしてみたいかも』とか。
そうした反応を見て、男も女も同じなんだと思いました。

何人かと並行してやり取りしながら、24歳でOLの広美さんと会うことにしました。
学生時代から真面目に過ごし、男性と付き合った経験は少ないという広美さん。
そのくせオナニーは好きで、自分が犯される場面を想像してするのだとメールで赤裸々に告白してくれていました。

待ち合わせ場所にやってきた広美さんは、色白で清楚な感じで、想像以上に魅力的な女性でした。

「怖そうな人でなくてよかったです」

広美さんが僕を見て言いました。
僕が、「ほんとは怖いかもよ」と言うと、広美さんは一瞬たじろぎながらも瞳を潤ませていました。
僕は内心嬉しくなりました。

カフェで向かい合っているとき、僕が唐突に、「今もすごくチンポが勃起していて、広美さんの生マンコを早くクンニしたいんだ」と冷静な声で言うと、広美さんはびっくりした表情を浮かべた後、顔を真っ赤にして俯きました。

僕の車で某森林公園に移動しました。
車を運転しながら僕は勃起したチンポを露出し、まだ会って数時間しか経っていない広美さんに握らせました。
広美さんは恥ずかしがりながらも、すっかり興奮している様子でした。

広大な敷地の森林公園は土曜の午後だというのに人もまばらでした。
僕は広美さんと最適な場所を探して歩きました。
やがて、生け垣の陰で死角になっていて下が芝生という場所を見つけました。
すかさず僕は広美さんの足を払って転ばせると、スカートを捲り上げてパンストとショーツの上から股間に顔を埋めました。
小さな悲鳴をあげる広美さん。
僕は興奮して清楚な広美さんのメス臭のする股間をクンクン嗅ぎました。
いつ誰かが通りかかるかもしれないというスリル。
公共の場で本来すべきではないことをしているという刺激。
興奮した僕はひたすら広美さんの股間をクンクンしました。
広美さんも感じているようで子犬のように小さな声を漏らしていました。

広美さんのパンストとショーツに手をかけ、強引に引き下ろしました。

「いやっ!」

広美さんが小さな悲鳴をあげてスカートを押さえましたが、僕はむしり取りました。
開いてみるとショーツのクロッチ部分にねっとりと透明なものが付着していました。
僕はそこに鼻を押し当て、広美さんの顔を見ながら舐めました。
顔を真っ赤にした広美さんはひどく恥ずかしがりながらも、頑張って目を開けてそれを見つめていました。
僕は狂ったように広美さんの裸の股間にむしゃぶりつき、ベロンベロンに舐めました。

「舐めたかったんだよー、舐めたかったんだよー」

そう言いながら夢中で舐めました。
広美さんもかなり興奮している様子です。
広美さんの割れ目を開いてクリトリスを剥き出しにすると、舌先を高速で動かしました。
広美さんのクリトリスは超敏感で、喘ぎ声というより悲鳴を延々とあげていました。

もう限界でした。
我慢汁がダラダラ流れていました。
僕は広美さんのショーツを鼻に押し当てたままファスナーから勃起チンポを掴み出すと、先端に軽く唾をまぶしただけで広美さんのマンコに突っ込みました。
チンポはヌプヌプと簡単に飲み込まれていき、広美さんはこの世の終わりのような声をあげました。
虫の声を聴きながら僕は腰を振りました。
誰かが来るかもしれないという状況下で、広美さんもマンコを濡らしに濡らして腰を振っていました。
僕と同じ、正真正銘の変態に違いありませんでした。

そしてついに人が通りかかったのです。
横目で見ると70歳すぎのおじいさんでした。
生け垣から顔を覗かせて、無表情でこちらを見ています。
僕は、通報されたらヤバいなと思いながらも、おじいさんに見せつけるように高速で腰を振りました。
広美さんは必死で声を殺しながら、ギュウギュウと僕のチンポを締め付けてきました。
おじいさんはまったく立ち去る気配はなく、じっとこちらを見ています。
通報するつもりなどないように思えました。
僕は興奮して、おじいさんに見せつけるように腰を振り続けました。
そして限界を迎えました。

「イク」

チンポを抜いて広美さんの陰毛の上に射精しました。
同時におじいさんを威嚇するように睨むと、何事もなかったかのように去っていきました。

今は広美さん以外にも出会い系で知り合った女性たちと、普段はできないようなプレイを楽しんでいます。
今後、彼女と平和な夫婦生活を維持していくためには、このようなことも仕方がないことだと割り切っています。