私は28歳のバツイチです。
新築の家を建てたのに2年で離婚しました。

隣には46歳の奥様が住んでいます。
清楚な感じで結構美人です。
ご主人は単身赴任で海外に行っているようで、子供はもう独立しています。

いつもベランダにはレースの付いたパンティと真っ白なスリップが干してありました。
奥さんを見ると、いつも下着を想像してしまいます。

私の部屋からベランダは斜め45度方向になり、たまたま有給休暇がとれて家でのんびりしていると、ベランダでスリッパの足音が聞こえ、何気なく見上げると奥さんが洗濯物を干していました。
なんとスカートの中が丸見え!
ひらひらのフレアスカートが風に揺られて、スリップのレースが見えていました。
こちらにお尻を向けて屈んだ瞬間、真っ白なパンティが目に飛び込んできて、思わず眺めてしまいました。

そのとき奥さんが突然こちらを向きました。
目が合った瞬間、何もなかったかのように、「おはようございます」と声をかけてきました。
その場はそれで終わり、私は我慢できずに自己処理をしました。

それからは、休みの日になると奥さんが洗濯物を干すのを狙って、隠れていつも見ていました。
スリップとパンティは3枚をローテーションしているようで、レースの柄も知り尽くしました。

ある日、ゴミを捨てに行く途中で奥さんに会いました。

「もしよかったらお茶でもどうですか?」

奥さんに誘われ、自宅にお邪魔することになりました。
その日の奥さんは白いブラウスで、台所でお茶を入れる後ろ姿にはスリップのレースが透けていました。
見ただけでスリップのレースが頭に浮かんできます。

(今日はどのパンティを穿いているのだろう?)

想像しただけで私のアソコが硬くなるのがわかりました。
すると奥さんが・・・。

「離婚して1人だと寂しいでしょ?じつは以前、ベランダでの私の姿を見てオナニーしているのを見てしまったの。あれからあなたが気になって、私もその姿を想像しながら1人でしてしまったの」

そう言ってお茶を持ってきて私の横に座りました。
奥さんは私のアソコを見つめ、右手で優しく私の硬くなったモノを触りはじめました。

「あら、もう硬くなってる。こんなおばさんでも感じてくれるのね」

キスをしました。

「奥さん、ご主人は・・・?」

「離婚の裁判中だから心配ないわ」

さらに深いキスになりました。
私が奥さんのブラウスのボタンを一つずつ外していくと、セクシーなレースの付いた白いスリップと白いブラジャーが見えてきました。

「ごめん、キャミじゃなくておばさんのスリップで」

奥さんは恥ずかしがっていましたが、「前妻も時々それだったので」と言うと、私の前でスカートを下ろしました。
スリップのレースが綺麗な脚に絡んで本当に綺麗でした。

奥さんはそのままの姿で私のズボンを下ろし、トランクスから一物を取り出すと、優しく手で触りはじめました。
スリップにパンティのレースが透けて、なんとも言えない色気を感じました。
その姿を見ていると我慢ができなくなってきました。

「奥さん、もうイキそう」

そう言うと、奥さんは優しく口に含んでくれました。
舌使いは最高で、私の一物は最大級の大きさになり爆発寸前でした。

奥さんは私をソファーに寝かせると、わざとパンティが見えるように座り直して、再び私の一物を根本から先端まで舐めはじめました。
奥さんのパンティがかなり濡れており、フェラしながら自分の左手で触り出しました。
よがる奥さんの姿になんとも言えない魅力を感じ、スリップを捲り上げ、パンティを脱がして奥さんのアソコを触るともうビショビショで、少し触っただけで奥さんは軽くイッたように思います。
奥さんの喘ぎ声はすごく魅力的でした。
私は恥ずかしがる奥さんのアソコを優しく舐めはじめました。

「あ~ん、ダメ、イッちゃう」
「最高、もう我慢できない」
「お願い、早く入れて!」

愛液でスリップは濡れ、ブラジャーを外し、スリップを胸までたくし上げました。

「奥さん、ゴムがないけど・・・」

「早く入れて、我慢できない。生でいいから」

奥さんの脚を広げてゆっくり挿入していきました。
ヌルヌルして温かく、程よい締めつけ具合が最高でした。
正常位で数分ピストンしていると突然、奥さんが私の背中に手を回し、きつく抱きつきながら腰を動かしてきました。

「もうダメ、イキそう、もっと激しく、もっと!」

その声と行為に我慢ができなくなり・・・。

「奥さん、イキそうだから腕の力を抜いて」

逆に強く抱きついてきます。

「私もイク~、抜いたらイヤ、もう少し、もう少し、ああ、ダメ、ダメ!」

奥さんと同時にイッて、中に出してしまいました。

「中に出してしまったけど大丈夫ですか」

「安全日に合わせてあなたを誘ったから大丈夫w」

その後、一緒にシャワーを浴びました。
奥さんが作ってくれた手料理を食べながらお酒を飲みました。

「もし良かったら、また私の相手をしてくれる?」

私は、「喜んで」と即答しました。

次の日の朝、昨日奥さんが着ていたスリップがベランダで風になびいていました。