俺と妹がセックスをするようになったのは、お互いが異性を知ってからだった。
俺が21歳で、妹が18歳だったか。
確か妹はまだ高校生だった。

ある夜、妹が部屋に来た。

「お兄ちゃんの彼女ってさ、エッチのときにイク?」

みたいなことをサラッと、しかも直球で聞かれた。

「毎回ってわけじゃないけど、まあ・・・」

そんな感じで答えたが大半は見栄だった。

「もう変になっちゃうからやめて~」と言われてピストンをやめたことが2回あっただけだ。

「おしっこが漏れそう」と言われたこともあったが、どうすることもできず、コンドームを外して手コキで腹の上に出した。
決して“みっともいい”格好ではなかった。

兄として妹に圧倒されたままでは癪なので、逆に聞き返した。

「クンニとかでも?」

正直に言うと妹に男がいることすら知らなかったし、もう処女ではないなどとは考えたこともなかった。

「してくれるけど、入れる前にちょっとだけだし・・・」

まあそうだろう。
クンニ→フェラ→挿入。
一番ベタなパターンだ。

で、なんだかんだ会話があって、結局俺が1回クンニでイカせてやろうじゃないか!ということになった。
部屋の明かりを真っ暗にして、なおかつ布団を被って暗闇にするってのが妹の条件だった。
これだとなんか俺が頭を下げてやらせてもらってるみたいな感じだが、まあムキになることもないかと考えた。
クンニなら努力と忍耐と根性だけでなんとかなると思った。

で、そう決めてはみたものの、タイミングがなかなか合わない。
両親はともに健在で就寝時は別々に2階に上がるので、2人ともが2階に上がっていて、そのタイミングで妹が風呂から上がるっていうパターンは意外と難しかった。

「なかなかできないね」

などと言いながら妹の腕にさりげなく勃起したチンポをズボン越しではあるけれど押し付けて、様子を見たこともあった。

「そんなに妹のアソコに興味津々ですか?」

鉛筆の削っていない方でピンピンと俺の先端を狙って弾いてくる妹。
胸元がたわんで谷間が大きく覗いた。
肩に置いた手を滑らせかけた瞬間・・・。

「そういうのは無理」

と、俺の手は無下に払いのけられた。

「・・・けど、チューならする」

語尾は疑問形なのかどうなのか曖昧だったが、微かに妹が上を向いたように見えたので俺からキスをしにいった。
俺の唇が触れるか触れないかのタイミングで妹が口を開いて舌を出してきたので、最初からディープなことになった。
息も絶え絶えになるほどだった。
下に位置する妹が俺からどんどん唾液をかすめ取っていく。
妹ながら恐れ入るほどのエロいキスだった。
勃起した先端に我慢汁が滲んでくるのを感じた。
急に妹が口を閉じた。

「ダメ。もう濡れてきてる」

そう言った後、妹は階下を示すように目線を送った。
両親は2人とも下のリビングにいて、いつ上がってくるかわからない。
上がってきたからといって俺たちの部屋を開けて確認することはもうないだろうが、それも絶対ではない。

「大丈夫。俺、耳はいいから」

妹の下着の中に手を入れた。
ちょうど口元が妹の耳の裏側に来たのでペロッと舐めてみた。
キュンと震えるような反応が可愛い。
妹の陰毛はかなり薄めだと思えた。
俺の手が、敏感で湿った部分に届く前にピシャリと肘下を叩かれた。

そこで主導権が妹に移った。
ズボン中でつっかえ棒になっていた俺のチンポをかわしながら妹が手際よく俺の下半身を剥き出しにした。
一時的に引き倒された俺のチンポは反動でビンッと妹の眼前にそびえる。

「なかなかのモノをお持ちで・・・」

妹にはまだ芝居がかがったことを言う余裕があるのだ。
もう俺は風呂に入った後だったし、その意味においては憂いは何もなかった。
腰を少し振るとペチンとチンポが妹の頬に当たったが、我慢汁は移らなかった。
妹の目が軽蔑の眼差しに変わって、それがそのまま続いたら兄としては萎えたに違いないが、意を決したのか笑顔に変わって俺のを一気に根元まで咥えた。
根元まで咥えられたことが何より衝撃だった。
彼女でも8割くらいが限度だったからだ。
妹の鼻に陰毛が入る気がして指で押さえた。
包皮が戻るのを防ぐ効果もある。

音を立てないようにして妹が深めのフェラをはじめる。
机や椅子が軋む音のほうが大きい。
ありきたりな表現だが、妹のフェラは上手かった。
ただ不思議なことに、慣れ親しんだ肉親の顔だけに、思いのほか興奮度は低かった。
そうなると俺に余裕が出てきて、「あ、出そう」とか嘘を吐いた。
すると妹は目を丸くして小刻みに首を振った。
滑稽だったが、少し萌えた。

俺は妹の頭を押さえてイラマチオ気味にした。
妹の目が懇願に変わって、(俺ってこんなにSだったか?)と思いつつも、さすがに口に出すつもりはなかった。
結局、机の端に飛ばした。
妹は少し涙目になっていて、俺もやり過ぎたと反省した。

顔を寄せて「ごめん」と言うと、妹の顔がキスを受ける顔に見えたので軽くキスをしたら、急にギュッと抱き締められたから少し慌てた。
射精の寸前まで自分のチンポをしゃぶっていた口とディープキスをするのは正直気が進むものではなかったが、口臭とか体臭とかいうレベルでない“匂い”の共通部分が感じられるようで悪くはなかった。

ただ、妹の股間にまた触れてみたところ、とんでもなく濡れていて、女ってのも大変な生き物なんだなと同情に近い感情が湧いて出たのも事実だった。
今度は妹も拒む素振りを見せなかったのでそれ以上のことに先に進むチャンスではあったが、俺のほうが“賢者”になっていた。