大学1年の夏、中学の時に同じクラスだった奴らと同窓会を兼ねて海へ遊びに行くことになった。
当日の早朝5時、俺は近所に住む幼馴染の知美を車で迎えに行った。
すでに友美は家の前で待っていて、車に乗せると俺の短パンの股間を見るなり一言。

「久しぶり~!って、朝からなんで立たせてんの?」

俺が「だって朝なんだから仕方ないじゃん!」と言い返すと、「えっ、朝?」と言ってきょとんとしている。

(こいつ、朝立ちを知らないのか?)

「友美って男と付き合ったことなかったっけ?」

「1人だけある」

「で、お泊りとかした?」

「それはない・・・」

知美の家は厳しく確か門限は8時だったし、兄弟もいない。
やはり男の朝起ちのことを知らないようだったので、「朝、男はみんなこうなるの!」と教えてやった。
中学時代の懐かしい話で盛り上がりながら次の奴を迎えに行く途中、友美はずっと俺の股間を凝視してた。
そして赤信号で停まった時、友美は助手席から手を伸ばして、俺の短パンの上からチンポの感触を探ってきた。

「あっ、硬い~!」

もう懐かしい昔話はそっちのけだった。

「友美ってそんなエロかったか?」

「だって前彼とはキスくらいしか進まなかったんだもん!」

「ってことは、初めて触るわけ?」

「そう、初めて!」

「大胆だな~!」

「いいじゃん、幼馴染なんだから!」

友美はわけのわからない理由をつけてニギニギしてきた。
俺は車を道路脇に停めた。

「友美、俺のチンポ見たい?」

「・・・うん」

俺は速攻で短パンごとパンツを膝まで下ろした。
友美は目を丸め、赤面してニヤニヤしていた。

「さっきみたいに触って!」

「いいの?」

「早くしないと戻っちゃうよ!」

「うん!」

友美は俺の生チンポを触り始めた。
俺は友美の手首を持って手コキのやり方を教えた。

(6年ぶりに会った幼馴染が、まさかいきなりこんな事してくれるなんて・・・)

友美は俺のチンポに興味津々で、手コキをしながら顔を近づけてくる。
興奮した俺はたまらず知美の頬に精液をぶちまけた。

「きゃっ!」

友美が驚いていたが、俺は亀頭を握らせて友美の手のひらの中に最後まで出し切った。

「私の手、気持ち良かった?」

「初めてなのに上手いよ!」

俺が正直な感想を言うと・・・。

「もう1回してもいい?」

「1回と言わず、何度でもしていいよ!」

そう言うと友美は肩をキュッとして、再び手コキをしてくれた。
2回目はなかなかイカなかったので、次の奴の所へ車を走らせながらしてもらった。
次の奴が家から出てくる寸前まで知美は手コキをしてくれた。

海からの帰り、他の奴を降ろすと、友美はまた手コキをしてくれた。
俺はそのままホテルに連れ込んだ。
ホテルでも1時間くらい手コキをしてもらった後、友美の処女をもらった。
そして俺たちは付き合い始めた。