母とセックスするようになって10年が経ちます。
オレ29歳、母52歳。
父は建設会社に勤務している関係で単身赴任の連続。
なので子供の頃から母子家庭のような状態が続いています。

母は専業主婦で、たまに友人たちと飲み会などをしています。
あの時もそうでした。

母「帰りが遅くなるから、夕食は1人で済ましてね」

オレ「あぁ、わかった」

生返事で答えながら、心の中では、(やった!友達から借りたビデオが見れる!)と叫んでいました。
自室の小さなテレビよりも、リビングの大きなテレビで見たかったのです。

予備校が終わると、さっさと家に帰り、夕食や風呂も済ませて、Tシャツにトランクスという格好でソファーにふんぞり反って、ビデオのスイッチをON。
1本目からペニスはビンビン状態で、2本目のときは亀頭部分が痛いくらいに膨れ上がっていました。
ここらで一発抜いておこうと、ティッシュを片手にペニスを擦り始めたとき・・・。
突然、母の声が聞こえました。

母「あっ!ごめん、邪魔して・・・」

オレはどうすることもできずに、ペニスを握ったまま呆然と母を見ていました。
この世で一番見られたくない人にオナニーを見られた恥ずかしさで動転してしまい、体が固まってしまいました。

母「ハルちゃんも男だったのね。ほら、早く仕舞いなさい」

そう言って母は微笑んでくれました。

数日後、母の手伝いをしていた時のことです。

母「ハルちゃ~ん、洗濯物を干すの手伝って」

オレ「どーすればいいの?」

母「お母さんが干すから、洗濯物を渡して」

オレ「うん、わかった」

そのとき初めて母のパンティを意識しました。

オレ「母さん、結構可愛いパンティ穿いてるじゃん」

母「やーね、早く貸しなさいよ。恥ずかしいじゃない」

オレ「そんなに恥ずかしい?」

母「改めて言われると恥ずかしいわよ。ハルちゃんだってこの間は恥ずかしかったでしょ?」

オレ「・・・」

母「顔が赤いわよ。ハルちゃんの大きくなったおちんちん、初めて見たけど迫力があったわ。母親が息子の大きくなったおちんちん見るのって珍しいことよね。貴重な体験だったわ」

オレ「一方的な体験はずるいよ」

母「えっ?どーゆうこと?」

オレ「つまり、そーゆうこと」

母「ハルちゃん、母さんの裸を見たいってこと?また顔が赤くなってる。でも、もうおばさんだから見せるのは辛いわ」

オレ「そんなことないよ。母さん、きれいだよ!」

その夜、風呂に入りながら昼間見た母のパンティを想像していたらペニスが膨らんできました。
そのとき浴室のドアが開いて、「背中流してあげるね」って言いながら母が入ってきました。

母「あら!おちんちんが大きくなってる!何考えてたの?ひょっとしてお母さんのこと?」

オレ「・・・うん」

母「お母さんのこと考えておちんちんが大きくなったんだぁ。ねぇ、ハルちゃん、おちんちんよーく見せて。うん、ちょっと手をどけて。この間の続き、してあげよーか?」

オレ「続きって?」

一瞬なんのことかわかりませんでした。
でも、次の瞬間、母の手がペニスを握っていました。
握られただけで気持ちいいのに、母が手を持ち替えたりしながらペニスを握っているので、だんだん限界に近づいてきました。
ペニスに心地よい痺れが起こりました。

(やばい!!)

そう思った瞬間、オレは母の顔に向けて射精していました。

オレ「母さん、ごめん」

母「いいのよ。気にしないで」

母はまだペニスを握っています。
オレは目を瞑って余韻を楽しんでいました。
するとペニスに違った感触を感じました。
生温かく、手よりもいい気持ち・・・。
目を開けて見ると母がペニスを口に咥えていました。
驚きと恥ずかしさ・・・。
でも母がオレのペニスを舐めてる姿はとてもいやらしかった。
時おり上目遣いでオレの様子を見てきます。
まるで「気持ちいいでしょ?」とでも言っているように・・・。

オレ「母さん、また出ちゃうよ」

母は返事をするかわりにペニスを激しく吸い立ててきました。
オレはとうとう母の口に射精してしまいました。
射精しても母はすぐにはペニスを離しませんでした。

母「ついでにハルちゃんのおちんちんきれいにしちゃった」

そう言って母はしばらく僕のペニスを見つめていました。