女房の母親は、もう50歳近い。
でも、女なんだよな。

女房の出産の後、1週間くらい、義母は俺の身の回りの世話のために家に泊まっていた。
女房が出産した日の夜、俺の家で義母と2人で祝杯をあげた。
あれこれ話をして、気が付いたら10時を過ぎていた。
ピンク色に頬を染めた義母はすっかり気持ちが良くなったようで、茶の間のこたつで横になっていた。
寝室に布団を敷き、茶の間に戻って義母の手を引き、というか半分抱きかかえながら寝室まで連れて行った。
まさか着替えまで手伝うわけにもいかず、ゆっくり休むようにと言い残して部屋を出ようとした。
不意に、義母が俺の名前を呼んだ。
振り返ると、義母は俺に手を差し出していた。
そして俺を見て、ゆっくりと頷いた。

吸い寄せられるようにそばに寄っていくと、義母は俺の手をとって、そのままゆっくり布団に横になった。
女房の出産で禁欲状態が続いていた俺は、我を忘れて義母に重なった。
義母の口を吸う。
義母がむしゃぶりつくように舌を絡めてくる。
義母の背中に手を回して抱えたまま横になる。
2人とも無言のままお互いを求め合った。

夢中で義母の下着を脱がした。
ぽちゃっとした白い体が露わになる。
年相応にゆるんだ体だが、思いのほかキレイで、肌がすべすべしていて気持ちがいい。
肌を合わせると、それだけで射精してしまいそうになるくらい義母の体がしっくりくる。
50歳近い熟女の義母も久々だったのか、胸を触り、乳首を軽く噛み、マンコを舐め上げると、鼻にかかった甘い声や喉の奥から絞り出すような悩ましい声を上げた。

俺は我慢できず、チンポを生のままで、トロトロの義母のマンコに突き入れ、そして溜まりに溜まったものを、義母の中に何度も何度も注ぎ込んだ。
中で出すたびに義母のマンコはひくひくと蠢いて絡みつき、義母も一緒に達した。
チンポを抜くと、義母のマンコから垂れてくる精液がいやらしくて、すぐにでもまた挿れたいとチンポが大きくなった。
義母も、溜まりに溜まった欲求を満たすかのようにチンポを舐め、終いには俺の上に乗って貪欲に腰を動かしてきた。
もう義母も何もない。
単なるオスとメスの関係に没頭し、一晩中義母とハメ狂った。
2年前に義理の親子になった者同士とは思えなかった。
女房とも経験したことがないような甘美な夜だった。

朝、目が覚めると裸のままの義母が寄り添っていた。
その日は日曜日。
病院にいる女房をほったらかして、昼近くまで義母と昨夜の続きをした。