ベッドの下に隠しておいたエロ小説を母親に見られてしまった。
学校から帰ったら、隠したはずの本が机の上に置いてあり、赤面するほど恥ずかしかった。
その時は母親の顔を見ることもできずに部屋に閉じこもった。

どれくらい経ったか?
下から俺を呼ぶ母の声がして、俺は中途半端な返事をして1階に下りた。
父親はまだ帰っておらず、俺1人だけが夕飯を食べる。
母親も無口で、いつもとは違う雰囲気の中での夕飯。

「いつからあんな本を読んでたの?」

母親の声に俺は食事を喉に詰まらせ、少しむせた。
焦って支離滅裂な言い訳をする俺を見て、母親は吹き出すように笑った。

「いいのよ。アンタだってもう高校生だし大人なんだから。でも、あれは小説なんだからね。小説以上の想像はダメよ」

(ということは、母もあの小説を読んだってことか?)

そんなことを考えながら俺は夕飯を済ませ、2階に上がった。

9月の終わり頃、父親に急な出張が入り、2週間ほど家を留守にすることになった。
あれ以来、妙に母親を意識してしまい、普段の会話に戻れないでいた俺は母親と2人きりの生活に、さらに緊張が深まってしまう。
父親が出張でいなくなって3日目、俺の携帯に母親からメールが届いた。

『あの本のこと、気にしてないから』

確かそんな内容だった。
そのメールに返信もできずに家に帰った俺は、やはり無言で夕飯も風呂も済ませ、かなり遅くなった時間になってから母親に、『ゴメン・・・』とだけ送った。
俺のメールを待っていたかのように母親から返事が来た。
面と向かっては照れ臭くて言えないことがメールでは言えるようになり、俺は少しすっきりした気分になった。
母親もメールで、恋愛とか性のことなどを、僅かではあったが書き送ったりしてきた。

父親が出張に行って1週間が過ぎた頃、また母親からメールが来た。

『今、お風呂にいるからあなたも来なさい』

そのメールを読んだ俺はめちめちゃ緊張して固まった。
何度も戸惑い、迷い、それでも母親のメールの意味が気になり、俺は意を決するように風呂場に向かった。
脱衣場の戸を開けると、母親は俺が来ないと思ったのか、風呂から上がって脱衣所で体を拭いているところだった。
洗面台の鏡で俺を見ると、裸を隠すことなく、母親は鏡に映る俺を見ながら言った。

「一緒に入る?」

母親の言葉に俺は声も出せずに頷くだけだった・・・。