私の初エッチは中2の冬。
相手は担任の先生でした。
きっかけは・・・。

その頃、あんまり家にいたくなくて、学校帰りにそのまま家出しちゃったんです。
その夜、私を捜してくれたのは先生だけでした。
私を見つけてくれて、怒ってくれて、嬉しくて。
私は先生のことを大好きになったんです。

そして秋の文化祭の夜。
真っ暗な教室から夜空を眺めていたら先生が入ってきました。

「悠里、ここにいたのか?」

「先生、捜してくれたの?」

先生は黙って私の横に来て、一緒に空を見上げました。

私「先生、好き・・・」

私、先生に抱きついちゃったんです。
先生は最初、「こら、悠里、やめなさい」って言ってたけど・・・。

「やだ・・・先生は私のことが嫌いなの?」

そう言って見つめていたら、「ばかだな・・・」って抱き締めて、キスしてくれました。
もう嬉しくて、私も先生の背中をギュウって抱き締めました。

その日から、先生が仕事が終わるのを校舎の裏でずっと待ってて、車に乗せてもらって色んなところに連れてってもらいました。
いつも車の中で、「悠里は困った子だね。でも可愛いよ」ってディープキスをしてくれました。

そして、すごく寒い金曜の夜でした。
その日はちょっと遠出して海を見に行きました。
真っ暗な海を見ながら、いつものように先生とキスしてたんだけど、私は最後までして欲しくて・・・。

私「ねえ、悠里を先生のものにして」

先生「それだけはダメ。キスだけだよ」

そう言われて、哀しくなって泣きました。

私「こんなに先生のことが好きなのに・・・。もう離れたくないのに・・・」

先生「あ~・・・ホントにもうお前はワガママだなぁ・・・」

先生はシートを倒して私に覆いかぶさってきました。

私「先生?いいの・・・?」

先生「じつは・・・もう我慢できない・・・」

先生はセーラーの裾から手を入れると、その大きな手で私の胸をゆっくり揉みはじめました。

私「・・・ぁ・・・せんせ・・・はぁ・・・ん・・・」

先生はブラのホックを外すと露わになった私の乳首を口に含みました。
乳首を舐められただけなのに感じて声が出てしまいました。

先生「ああ・・・悠里・・・可愛いよ・・・」

先生の息も乱れてきた感じがしました。
先生はキスしたり胸を揉んだりしながら、もう片方の手でショーツを脱がせようとしていました。
一瞬、恥ずかしいのと恐くなって、「・・・あ・・・や・・・」って言ったら、「恐い?やめようか?」って言われて・・・。

私「ううん、先生、して!」

そう言って抱きつきました。
先生はショーツを脱がすとゆっくり優しくあそこを触ってきました。
触られてるうちにあそこが濡れてくる感じがしました。

私「・・・は・・・あっ・・・せんせぇ・・・恥ずかしい・・・」

先生「丈夫だよ、悠里が気持ちいい証拠だから・・・」

先生はゆっくりとあそこに指を入れてきました。
ニュプって音が聞こえました。

私「あっ・・・ゃぁ・・・ん・・・せんせ・・・」

先生はさらに指を奥まで入れて中を擦るようにしてきました。
急にすごく気持ちよくなって、私は喘いでしまいました。

私「あんっ・・・あっ・・・はぁ・・・っん・・・ッ」

こんなこと初めてなのに、もう私のあそこはヌルヌルで、だんだん頭の中が真っ白になっていく感じがしました。

先生「悠里、入れるよ?」

先生は私の両足を自分の肩にかけました。
私は、「うん・・・」って頷きました。
ゆっくりゆっくり、先生のペニスが私の中に入ってきました。
途中ですごく痛くなったんだけど我慢しました。
その時、先生は入れながらあそこの少し上を指で摘んで撫でてきました。

私「っ・・・あっ・・・はぁぁ・・・ぅん・・・」

めちゃくちゃ気持ちよくなって、さらにあそこが濡れてきて、先生のペニスが一気に奥へ入ってきました。
先生が腰を動かすたびに、ブチュ、ブチュ・・・ってエッチな音がして、そのエッチな音を聞いてたら、またさらに感じてしまって・・・。

私「あっ・・・せんせっ・・・あ・・・はぁぁ・・・気持ち・・・ぃ・・・ょぉ・・・あッ・・・」

私は恥ずかしいくらい大きな喘ぎ声を上げてしまいました。

先生「ハア・ハア・・・ッ・・・ゆ、悠里っ・・・うぉっ・・・」

先生もそんな声を上げながら激しく動かして、先生は一度力強く私を抱き締めると、ペニスを抜いて私のお腹の上で果てました。
先生は苦しそうな目で私を見つめていました。

私「せんせー・・・嬉しい・・・」

私は泣きながら先生に抱きつきました。

一度禁断の壁を越えると後はもう・・・。
先生とはそれからも会うたびに何度も何度もセックスをしました。
何回かするうちに私もイケるようになったら、もうメチャメチャ気持ちよくって(笑)

あの頃の先生とのエッチが一番気持ち良かったです。