ある夏の出来事です。
夏祭りに行きました。
そこにはクラスの大半の人がいました。
中学生最後のお祭りとあって、みんなはしゃぎまくり。
男子の中には女子を呼び出して告白する者もいました。
僕はというと、彼女と一緒に出店を回りました。
手を繋いで回れたので本当に幸せな時間でした。
彼女とは、このお祭りで告白されて付き合いはじめました。
なのでとても思い入れのある祭りで、付き合い始めた記念日でもあるので、毎年欠かすことなく行っていました。

彼女はとても可愛い子で、毎日の学校生活は楽しいのですが、どうしても合わないことがひとつ・・・。
それはエッチへの興味です。
中3男子と言ったら思春期真っ盛りで性欲旺盛。
僕も彼女とエッチしたくてたまりませんでした。
一方彼女は、少しは関心があるものの、そこまでガッツリではないといったところでした。

祭りが終わったので帰ることにしました。
彼女の家と僕の家は反対方向、残念だけどここでバイバイ。
1人で寂しく帰ろうかな・・・と思っていたら後ろから声をかけられました。

「◯◯、1人?」

「そうだよ」

「良かった-!ウチも1人なんだ。方向同じだし一緒に帰ろうよ」

「おぅ、いいよ」

話しかけてきたのは同じクラスの女子でした。
背はあまり高くなく、体も特にエロいわけでもないけど、顔は可愛くて性格も優しくて好意の持てる子です。
(以下、Tとします)

T「◯◯は彼女とは上手くやってるの?」

僕「ぼちぼちってところかな。Tはどう?」

T「最近は全然接してない。メールもしてないし・・・」

Tには彼氏がいました。
僕とはクラスが違ったけど普通に友達でした。
(以下、Eとします)

僕「そっか・・・。今日も祭りに来てなかったもんね」

T「でも、ウチはEのことが大好き」

自転車を押して歩きながら、そんな話を続けました。
しばらくすると突然、雨が降りはじめました。
僕はもう目の前が家だったのでよかったものの、Tの家はまだ遠い。

「とりあえず僕の家で雨宿りしていきなよ」

そう言ってTを家に上がらせました。
タオルを急いでTに渡しました。
雨に濡れて胸にブラの形が浮かんでいます。

(エロっ・・・)

少し興奮気味な自分を抑えて僕の部屋に案内しました。
Tの服が濡れてしまったので、こっそり妹の服を借りてきて着替えるように言いました。

T「じゃあ着替えるからそっち向いてて」

僕「オッケー」

しかし僕が向いた方には窓があり、その窓にTの着替える姿が反射していました。
幸い、Tは気づいていないようです。
ほとんど膨らみもない胸を包むブラと真っ白なパンツが見えました。
我慢の限界に近かったけど、なんとか持ちこたえました。

(Tには彼氏がいるからダメだ)

そう心の中で復唱しました。
家には親も妹もいませんでした。
ディズニーランドに行って帰りは夜遅くなるとか。
Tは親に雨宿りしていることを伝えました。
雨足は強くなる一方で止む気配はなし。
条件が整いすぎていました。

(Tとやりたい・・・でもEが・・・しかしここで逃せばもう・・・)

我慢の限界でした。
ベッドに座って寛ぐTの隣に座り、そっとキスしました。
Tは「・・・!?」といった感じで、ただ驚いているばかり。
それでも僕は構わずにキスを続け、舌も入れてみました。
すると意外にも反応がよく、Tも舌を絡めてきました。
一旦キスをやめて顔を見ました。

僕「ずっと寂しい思いをしてきたんだよね?」

頷くTをそっと抱き締めました。
ゆっくりTをベッドに寝かせて再びキス。
さっきより激しく。
手でおっぱいを感じようとしましたが、そこまでの大きさもないので揉むこともできません。
直接触るしかないと思い、ボタンを1つずつ外し、ブラのホックも外して生のおっぱいを見ました。
ピンク色で綺麗な乳首でした。
初めて生の胸に触れました。
柔らかかった・・・かな?
次は乳首の周りをレロレロと舐め回しました。

T「・・・んっ・・・あ・・・ん・・・」

Tが声を出しはじめてさらに興奮が増します。
もう抑えきれなくなった僕はTの股の方へ手を伸ばしました。

(ジメジメしてる・・・)

スカートの中に手を突っ込んでアソコを触ってみました。
グチョグチョに濡れていて、ネバネバの液体が手に付きました。
パンツを下げてアソコを見ました。
初めて生で見る女子のアソコ。
人差し指を穴に入れていきます。

T「はぁ・・・あ・・・んっ・・・あっ・・・」

Tはさらにエロい声を出しました。
指を3本にして、入れたり抜いたりしてみました。

T「あっあっ・・・んっ・・・んっ・・・ん・・・」

指には愛液がぐっちょぐちょ。
ついに童貞を卒業する時が来ました。

僕「T、入れてもいいかな?」

T「・・・いいよ」

ベルトを外してパンツを下げて、ギンギンに成長したちんこをTのマンコに当てました。
指で開きながらゆっくり挿入すると全部入りました。
Tの喘ぎ声が止まらなかったけど、構わずにピストンをはじめました。

T「あっあっあっあっ・・・んっんっんっ・・・」

感じてるTを見て興奮しました。

T「あっ・・・イ・・・イク・・・ああ」

いきなり大量の潮を吹いたT。
気持ち良さそうにしているTを見て、さらに激しく突きまくりました。
バックや騎乗位など、色々な体勢でやりました。

僕「やばい、イキそう・・・」

T「中は・・・んっ・・・まずいって・・・」

僕「でも気持ちいいからこのまま出ちゃう!やばい、出る!ごめんE、許して!」

最後の力を振り絞り、腰を思いっきり振りました。
そしてTの膣内に大量の精子をぶちまけました。
僕は疲れきってTの上に倒れ込みました。
Tのハァハァ言う息が耳のそばで聞こえました。
最後にまた舌を絡めてキスをしました。
外の雨はすっかりやんでいました。
すごい罪悪感と後悔でいっぱいだったけど、Tは内緒にしてくれると言いました。

T「今日は◯◯とエッチができて楽しかったよ!ちょっと好きになっちゃったかも・・・なんてね!それじゃあ夏休み明けに会おうね」

最後にそう言ってTは家を出ていきました。
僕は本当に彼女よりもTのことが好きになりました。