ついにやってしまった。
今は興奮を必死で抑えながらこの文章を書いている。

それは昨日のことだった。
俺の家は母子家庭で2人兄妹。
予備校に通っている俺と、中学2年の妹だ。
妹はもともと俺と仲が良く、部屋も2階で隣なので、よく話もしていた。
最近は妹にパソコンを教えてやっていた。
時刻は夜の10時半を回ったところだろうか、母は10時前には寝ていた。

「ふー疲れた。今日もお兄ちゃん、ありがとね」

「何言ってんの、毎日よく頑張ってるじゃんか」

「ううん、お兄ちゃんの教え方が上手いからだよ」

「そーか?」

「そうだよ」

「そういや昔はビデオの録画もできなかったもんな」

「あ、ひどーい!」

そんないつもと変わらない話をしてたとき、ふいに妹の変化に気付いた。

「お前、顔どしたん?」

「あ、これは・・・」

「誰にやられたんだ?赤くなってるじゃないか」

「同じクラスの増本だよ・・・」

「いじめられてんのか?」

「え。いや・・・」

「大丈夫か?俺が言ってやろうか?」

すると、いきなり妹が抱きついてきた。

「お、おい、さよこ?」

「ありがとね、お兄ちゃん。いつもいつも助けてくれて・・・」

「何言ってんだよ!家にはオヤジがいないんだから、その代わりになれんのは俺しかいねーだろ?」

などと口では言っていたが、妹相手に不覚にも、俺のあそこは硬くなっていた。

「うん、ありがと」

妹は気付いていないようだ。
しかし離れようとした瞬間、たまたま俺のあそこが妹の下半身に当たってしまった。

「お、お兄ちゃん・・・」

「ごめん、なんかさよこに抱きつかれた時に立ったみたい」

「お兄ちゃん・・・あたしのこと好きなの?」

突然の展開にビビる俺。

「え?いや・・・」

「どうなの?ねぇ、お兄ちゃん!!」

「好きだよ・・・ずっと俺はさよこのことを可愛いなって思ってたんだ」

5年間の想いだった。
さよこのことを思っているうち、次第に惹かれていた。
このときの気持ちは今でも忘れられない。
まるで天に昇っているような・・・いや、地の底に落ちているような・・・複雑な気持ちだった。

見ると、さよこは泣いていた。
と同時に信じられない言葉が俺の耳に心地よく聞こえてきた。

「嬉しい・・・あたしもお兄ちゃんのことが好き」

「さよこ!」

「お兄ちゃん!」

もう無我夢中だった。
お互いがお互いを求めていた。
妹と兄が相思相愛。
そんなことが本当にあるのだろうか?
しかし2人で抱き合って求め合ったのは真実だった。

ゆっくりと抱き合ったまま俺のベッドにさよこをエスコートした。
そして俺たちは、またキスをした。

「さよこ・・・本当にいいんだね?」

「お兄ちゃんだからいいんだよ、嬉しい」

そのままさよこの服を脱がせ、俺も脱いでいく。
そしてさよこの、まだあまり大きくない胸を凝視した。

「そんなに見ないでよ。恥ずかしいよ」

「ごめん。でも、とってもきれいだよ」

「本当?」

「本当だよ」

俺はさよこの身体中を愛撫した。
へそも、脇も、太ももも。
もちろんすぐに胸に行きたかったが、わざと焦らしていた。
なぜだろう?
2人の気持ちがそうさせたのだろうか?
そして胸に行った。

「あぁ、すっごく気持ちいいよ、お兄ちゃん」

「静かに、母さんに聞こえるよ」

「あっそうか、ごめんね」

「いいよ。それだけさよこが感じてるってことだから俺は嬉しいよ」

声を殺し、2人で愛撫を続ける。

「じゃあパンツ脱がすよ」

「はずか・・・しい」

「大丈夫だよ、俺も脱ぐから」

「うん」

俺はさよこのパンツを取った。
綺麗なピンク色だった。

「お兄ちゃんのあそこ、ビクビクしてるよ?」

「男は興奮したらこうなるんだ」

「へー、なんか面白いね」

「じゃあ、さよこのアソコ舐めるよ」

俺の愛撫はついにさよこのマンコに及んだ。

「いいよぉ。お兄ちゃん、すご・・・すぎるよぉ!」

「声は立てるなって」

「だって・・・」

指で掻き回した後、アソコを吸い上げた。

「うぁあ!いいよぉ」

「かなり濡れてきたな、俺、もう」

「待って、あたし初めてだから・・・優しくしてね」

「わかってるよ」

最後に軽くキスをして、いよいよさよこの中に入れていった。

「いくよ」

「いいよ。入れて」

途中までは意外とスムーズに入ったが途中で・・・。

「い、痛い」

「ゆっくり動かすから」

「ん、ん」

「どう?」

入れて5分後くらい・・・。

「うん。大丈夫になってきたかも」

「じゃあ動かすよ?」

「うっうっ・・・気持ちいい、気持ちいいよぉ、お兄ちゃん!!」

「うおおぉ!」

「お兄ちゃん、あたし・・・」

「ごめん!出る!」

妹がイキそうになる直前に俺は出してしまった。
かなりキツかったのだ。

「さよこ・・・」

「おにーちゃん」

そして俺たちは今に至る。
俺たち兄妹にはこれから何が待ち受けているのだろう?
でも、もう進むしかない。
行きつく先がどこであっても・・・。