最近のことです。
大学のサークルで親しく付き合っているA子。
A子は大学生1年生で、俺は同じ大学の2年生。
経験は高校の時からで3人目だった。

その日は部活に出たけれど、急に中止となったのでA子と原宿に行くことにした。
原宿をぶらついた後、近いからいう理由で新宿へ移動し、新宿を散歩してお茶をした。

「夜は家で食べるの?」

「どこかで食べようか」

「でも遅くなるよ?」

「うん、今日は大丈夫だよ」

そう言うので夕飯も一緒に食べた。
アルコールも飲み、酔い醒ましだと言って歩いていると、ネオンの中にラブホの看板が見えた。
A子を見るが知らん顔でいる。
ダメ元で誘ってみたら、下向いて頷いたように見えたので、すぐ角のラブホヘチェックインした。

ベッドに座っているので隣に座って抱き寄せてみた。
A子は黙って抱かれている。
顔を見ると目を閉じているのでキスしてみた。
抵抗がないので改めて抱き締めてキス。
そのまま身体をベッドに寝かしてキスを続けた。
息が荒くなっているA子のTシャツの上から乳房を触ってみると鼓動が激しい。

(感じているのか?)

シャツの裾から手を入れてバストを触ると、乳首がコリッとしていた。

シャツを脱がせて裸にすると、想像していた以上にバストはふっくらしていた。
乳首に吸い付くとすぐに身体が反応する。
スカートを捲って股間に手を入れると少し拒んできたが、やや強引にアソコに触れるとまた拒否する。
さらにスカートを脱がせて、パンティだけになったA子にもう一度触った。
拒む声が変化しているのがわかった。
パンティの中に手を入れておまんこを擦った。
この頃には抵抗もほとんどなくなっていた。
パンティを剥ぎ取り、全裸にしたところで僕も脱いだ。

A子を風呂に誘い、軽く汗を流して再びベッドに寝かせた。
乳房を揉みながら乳首を吸い、おまんこを擦って指を奥へ滑り込ませる。
なかなか入らない。

そうか、たぶんA子はまだ経験がないんだ。
それなら時間をかけないといけないな。

しばらく割れ目、クリ、乳首を刺激し続けた。
クリが尖っている。
徐々にA子の息が荒くなり、割れ目もじっとりと濡れてきた。

(そろそろ大丈夫か・・・)

A子の足を開いて身体を入れる。
足を閉じようとするので挟まれる。
身体を入れ、足を抱えて宛てがう。
亀頭がA子の股間を探って突き立った。
何度か繰り返して挿入していく。
固いが、なんとか先が入る。
さらに突いて入れる。
グイっと腰を進め、嵌め込んでいった。
A子は入れるたびに呻き声を出して仰け反っている。
しかし、しっかり嵌ると大人しくなった。

ゆっくり動いてA子の感触を味わった。
感じてもいるし興奮はしているようだが、さすがにイクまではいかないみたいだ。
まあ初めてだから仕方ない。
しばらく動いてフィニッシュへもっていく。
その頃になってやっと喘ぐような声が出てきた。
A子の喘ぎ声を聞きながらフィニッシュした。
シーツには処女の証が残っていた。

終わった後、浴室で身体を洗ってやってホテルを出た。
A子は黙って僕について来るだけだった。
そんなA子を愛おしく思った。