これは俺が6年生の時の体験談です。
それは放課後のことだった。

俺「なあA子、今日遊ぼうよw」

A子「エー、友達と遊ぶ約束あるしぃ~」

俺「いいじゃん、久しぶりに遊ぼうよ!」

A子「んじゃあ3時頃Rの家に行くよー」

俺「おっけーぃ!」

正直、この頃俺はA子のこと気になってたww
A子はモテモテで俺なんか相手にしてくれないと思っていた。
でも「遊ぼう」と言ったらすぐにOKをしてくれたw
んで、家でA子を待ってた。

俺「あー、おせえええええええええ!」

ピンポーン!

俺「やっほおおおおおおおおおぃ」

A子「お~い」

急いで外に出た。
そしたら後ろから、「ワッ!」と脅かされた。
俺は本気でビビって、「ひぇええええ」と言ってしまったw
そしてA子を家の中に入れたんだが、A子は学校にいたときと服が全然服が違った!

俺「も!」

思わず変な声が出てしまった。
そのとき母親は家にいなかった。

A子「なんかしよーよー」

俺「んじゃDVDでも見る?」

A子「いいねーw」

俺「じゃあクイールでも見っか?」

A子「えー、感動しちゃうよ~」

この「しちゃうよ~」のところで俺は萌え死んだ。
そんで映画を見てる最中、いきなりA子に抱きついた。

A子「ちょ・・・何するの・・・?」

俺「俺・・・お前のことが・・・」

A子「え?」

俺「好きなんだアアアアアアア!!!」

A子「・・・ホント?」

俺は何も言わずに唇と唇を合わせた。

A子「だめだょ・・・まだ6年生だよ・・・」

俺「好きなんだ、お前のことが」

そう言って抱きついた。
そして一個ずつボタンを外していった。

A子「ハァ・・・ハァ・・・ダ・・・メ・・・」

もうA子の声は俺の耳に聞こえなかった。
俺はA子の胸に吸いついた。

チュパチュパ・・・クチュクチュ・・・。

A子「ハ・・・ァァアァン・・・ン・・・ァン・・・だめだよォ・・・」

と言いながらA子が抱きついてきた。
たまらずA子のパンツを脱がして、舌でなぞるようにしてクリトリスを舐めた。

A子「ハァァァン!アアアン!ンァァァァ・・・」

我慢できず、ズボンのチャックを下ろしてペニスを出した。

A子「これだけだよ・・・」

そう言ってA子はチンポを舐めてきた。
俺は思わず、「ングゥ」と声を出してしまった。
そして30秒ほどで射精。
出た後もチンポはビンビンのままだった。
またA子にクンニをした。

A子「アアアアアアアアアン!!!だめぇぇえええ!!!」

そこでチンポを挿入。
最初は、ズチュウ・・・グチュウ・・・みたいな変な音が鳴った。

A子「ァ・・・ン・・・」

だんだん激しくなっていく腰の動き・・・。

A子「アン・・・ンアアアア」

俺はA子の声を聞きながら中で出した。
まだビンビンのままだった。
その後、クンニやフェラをやって、気づいたら夕方5時だった。

A子「また遊ぼうねw」

A子は恥ずかしそうに帰っていった。
たぶん一生思い出に残る俺の初体験w